エッチ体験談が10000話を突破しました。

SM 調教された

1/11ページ
男性が体験したSM調教された体験談カテゴリ。 M(マゾ)男性がS(サド)女性に虐められた、年下女性に虐められた、エロエロ女性に責められまくった、SMに目覚めてしまったなど調教されたエッチ体験談カテゴリです。

チンポをイジメられていた思い出

マサオさんから投稿頂いた「チンポをイジメられていた思い出」。 私は、中学時代に女の子からイジメに遭っていました。 それは、中2の初めころに告白してきた女子生徒を冷たくフッたことが始まりでした。 その年の夏休み、学校に呼び出されて体育館の用具室で数名の女の子に下半身を露出させられて、手コキで射精させられる惨めな姿をポラロイドカメラで撮影されてしまいました。

遠い昔の話しです 続き

mikeさんから投稿頂いた「遠い昔の話しです続き」。 前回書きました話しの続きになります。30年以上前の事で、記憶が乏しく多少話しに色を加えてます。 地下室らしき部屋を発見して夜中まで覗き、非現実じゃない光景にショックを受け、SMの世界に興味を持ってしまいました。

プロポーズしながらのトコロテン射精を彼女に撮影された私

文哉さんから投稿頂いた「プロポーズしながらのトコロテン射精を彼女に撮影された私」。 27歳のサラリーマンです。 付き合ってもうすぐ2年になる23歳の彼女は、川栄李奈ちゃんに似た可愛い子なんですが、とってもヘンタイな小悪魔なんです。 普段のセックスは騎乗位好きの快楽追求型で、生理が来るとサドになります。

賭けに負けた僕(6)-瞳ちゃんの過去-海水浴

純さんから投稿頂いた「賭けに負けた僕(6)-瞳ちゃんの過去-海水浴」。 瞳ちゃんのDVDの続きです。 「ポチ、これは夏休みに海でビチ子を躾けた時の記録よ。とても楽しかったわ。」 映し出された瞳ちゃんは白のビキニで乳首の形も陰毛も見て取れるものでした。 「瞳先輩、恥ずかしくないの、そんな水着着て。瞳先輩は露出狂だから喜んでいるのかしら。」里香様が笑いました。

賭けに負けた僕(6)-瞳ちゃんの過去-その1

純さんから投稿頂いた「賭けに負けた僕(6)-瞳ちゃんの過去-その1」。 僕の調教は里香様に委ねられました。 「ポチ、お前の調教を始める前にビチ子の過去を見せてやるよ。お前も興味あるだろ。」 僕は唾を飲込みました。 「ポチ、返事はどうしたの。」里香さんが僕の頬を張りました。 「ごめんなさい。以後気をつけます。」僕は謝罪しました。

賭けに負けた僕(5)-貞操帯装着

純さんから投稿頂いた「賭けに負けた僕(5)-貞操帯装着」。 額に淫語を彫られた次の日です。 また彫り師の先生が現れました。 「もう二回目なの。」僕は昨日の痛みを思い出して恐怖しました。 「今日はちんこに彫るからよ、覚悟しろよ。短文だから直ぐだぜ。」 僕はご主人様の言葉に更に恐怖しました。

妻に生理が来たときは鬼頭責めでピュピュピュピュピュ~~~

M夫さんから投稿頂いた「妻に生理が来たときは鬼頭責めでピュピュピュピュピュ~~~」。 結婚して16年の妻は3歳年上の43歳、中山 忍 さんに似た清楚系のムッチリ美人です。 普段はとてもお淑やかな妻で、しかも若々しいので年上には見られません。 そんな妻に生理が来ると、いくつになっても性欲が旺盛な私の性欲処理を亀頭責めで叶えてくれます。

賭けに負けた僕(4)-刻印

純さんから投稿頂いた「賭けに負けた僕(4)-刻印」。 御主人様のマンションでの初日でした。 「ポチ、調教の前に身だしなみだな。家畜のくせに人間のなりだと俺の躾がなってないと想われるぜ。直ぐに身だしなみを直すから覚悟してな。」 僕は御主人様が言ってる意味が理解できませんでした。既に僕は全裸なのですから。

賭けに負けた僕(3)-奴隷契約締結

純さんから投稿頂いた「賭けに負けた僕(3)-奴隷契約締結」。 僕は雅彦君が提案してくれた僕に有利な賭けに負けました。 瞳ちゃんに対する僕の愛情が足りなかったのか僕の性器に問題があったのか僕には判りませんでした。 「俺は先輩の瞳に対する愛に感動して先輩が勝てるような賭けを持ちかけたんだぜ。

トコロテンして妻に叱られる私

M夫さんから投稿頂いた「トコロテンして妻に叱られる私」。 結婚7年、8歳年上の妻は中山エミリに似た美形の40歳です、 9年前、童貞のまま大学を卒業して社会に出た俺は、美形の先輩女子社員に一目惚れしました。 ほどなく憧れていることを見破られ、その言動から童貞もばれ、ラブホに連れ込まれて、 「お姉さんが教えてあげる・・・あらヤダ、あなたデカチンね~~」 とすっかり気に入られて、そこから童貞を奪われてマ […]

賭けに負けた僕(2)-瞳ちゃんとの性交

純さんから投稿頂いた「賭けに負けた僕(2)-瞳ちゃんとの性交」。 約束の次の日には僕は雅彦君のマンションにうかがいました。 ドアホンを押すと「入りな」と返事がありました。 ドアが開き「衣服脱いで全裸になってから入りな。これがお前のルールだぜ。」 僕は恥ずかしかったのですが全裸になって衣服を渡しました。

いつの間にか年下の女の子に調教されていた僕…

たった一時限しか講義のない土曜日。少し前までは、面倒くさくて大学をサボりがちだったこの日だけど、今では毎週土曜が待ち遠しくて仕方がない。大学からの帰り道、この公園でアミカちゃんに会えるからだった。 僕は自転車を止めて鍵をかけ、周囲を気にしながら公衆トイレに向かう。滑り台のある砂場で何人かの子供が遊んでいたけど、こっちには大して注目していない。僕はさりげない様子で女子トイレの方に足を向けた。

賭けに負けた僕(1)-瞳ちゃんに会いたくて

純さんから投稿頂いた「賭けに負けた僕(1)-瞳ちゃんに会いたくて」。 僕は雅彦君の「次はもっと愉しませてやるよ」との言葉に別れ際に携帯電話の番号を教えてしまいました。 次の日、直ぐに雅彦君からショートメールが入りました。 「駅前のカラオケ○○に12時に集合。11号室。瞳に会いたかったらな。」 短い文章でしたが僕に断る理由はありませんでした。瞳ちゃんへの愛が復活してしまっていたのですから。

女に擬態した僕は女たちを餌にした

玲奈さんから投稿頂いた「女に擬態した僕は女たちを餌にした」。 僕は某アダルトSNSに登録していた。 目的は勿論、知り合った女とエッチをする為だ。 登録したサイトは女性会員が4万人弱いて、相手にメッセージを送信し会話をするシステムになっていた。 しかし、いくら女にメッセージを送っても無視されるだけで一向に会話が成立しない。

1 11