エッチ体験談が11,000話を突破しました。

寝とった体験談(彼氏旦那のいる女)

1/42ページ
男性が体験した寝取った体験談カテゴリ。 彼氏や旦那(夫)がいる女性とセックスした、エッチした、フェラチオしてもらった、嫌いな知人の彼女を寝取って興奮した、知人の妻や彼女とセックスしてしまった、彼氏や旦那など恋人がいる女性とのセックスに興奮してしまう、エッチで女の子を彼氏から奪ったなどのエッチ体験談カテゴリです。

PR

社長の嫁を頂いた…前編

拳四郎さんから投稿頂いた「社長の嫁を頂いた…前編」。 社長の嫁を頂いた…前編 若かれし頃の思い出を思い出しながら書く事にする。 バイトと言うか現場応援でマンションの工事現場に数ヶ月間入り、下請けの小さな電気会社に少しの間席を置いていたころの事ですが、週に数回会社に顔を見せ、気さくな事務員さんと楽しく話をしていました。

前夫にデブと罵られたポッチャリおばちゃんは極上ボディ

デブ専男さんから投稿頂いた「前夫にデブと罵られたポッチャリおばちゃんは極上ボディ」。 40歳の時に、元妻に好きな人ができてしまい、元妻の幸せのために離婚してあげました。 元妻は夫婦の財産放棄、相手の男からは慰謝料と当時小6だった娘の養育費として1,000万円を貰いました。 それ以降、私は、旦那も相手しなくなったパートのおばちゃんを摘まみ食いして性欲を満たしてきました。

元カノがセフレに落ちる瞬間

アザゼルさんから投稿頂いた「元カノがセフレに落ちる瞬間」。 自分には別れてからも連絡をする元カノがいます 元カノとはたびたびLINEで今彼の相談を受けたりと淡々の日々を過ごしていました そんなある日、冗談で「ラブホのカラオケ行かない?」と誘ったらまさかの即返事でOKがでた

未練が残り続ける元カノ

元カレさんから投稿頂いた「未練が残り続ける元カノ」。 23歳の頃から2年間付き合った3歳年下の元カノは、過去最高の元カノでした。 長い黒髪でお淑やかなお嬢さんで、私が初めての男性でした。 元カノが恥ずかしそうに裸になって、足を開いた時、まだ、男を知らないオマンコを見て震えました。

ロリで特有のエロさを持っている人妻

バイト先の飲食店で、ロリ人妻の若菜さんとセフレみたいになれた。俺は大学3年で、雰囲気イケメンと言われる感じで、ノリだけはいいと思う。 若菜さんはまだ22歳だけど、人妻で子無し。とにかくロリっぽくて、バイトの他のJK達よりも確実に若く見える。純情そうな見た目で、バイト仲間達と下ネタで盛り上がっている時に、若菜さんが『なになに?なんの話?』とか言いながら近寄ってくると、「ダメダメ、大人の話だからw若ち […]

ずっとかわいいと思っていた婚約者N子をイかせまくった話

先日、もう何年も通ってるClubに行った。店のスタッフもほとんど知ってるので平日だったが一人でブラリって感じで。スタッフやDJの人とお喋りしたり、飲んだり、踊ったり、飲んだり、飲んだりしてると、同じく店の常連のN子が一人で現れた。「M(俺)久しぶりー。何?一人なのー?」とN子。「そだよ。暇だったからさ。

友達の彼女とやってしまった話

初投稿なんで読みにくかったらすいません。友達の彼女とやってしまった話。 当時俺は23歳で2年間付き合っている彼女と住んでいた。2LDKで結構広い部屋に住んでたから、週末になるとしょっちゅう誰かが遊びに来て朝迄飲んでた。友達の中で同い年のSって奴がいて、そいつは男前でよくもてる奴だった。

団地妻

デザイナーさんから投稿頂いた「団地妻」。 笑顔が可愛いらしい、色白で、ムチムチした、手足が長く、スタイルの良い、人妻。 セフレの彼女に電話して、彼女の住まいで、待ち合わせる。人妻は、「身体が疼く、から、満足するまで、したい。」って言う。それも、「生中出しで、したい。」って言う。

甘えてみたい願望を叶えたい人妻と

いつもの掲示板に近くの人妻からメールが来た。内容は、甘えてみたい願望を叶えたいと。 ・・・・・・・・はじめまして!「R」です。33歳主婦してます。 Kさんの自己紹介を読んで共感できるものがあったので、メールしました。主人は私より一つ年下。姉さん女房として普段頑張ってます。

部屋を貸してる27才人妻と

55さんから投稿頂いた「部屋を貸してる27才人妻と」。 55才でフリーです。 財産にと購入したマンションを知人経由で人に貸しています。 家賃は平均的には月10万前後のところ知人経由という事で8万で貸しています。 住人は30才の旦那さんと27才の奥さんと4才の娘さんの三人。

13歳歳上の熟女との5年間パート2

魔羅幾三さんから投稿頂いた「13歳歳上の熟女との5年間パート2」。 前回の続きです、休みが重なる事を栄子さんに耳打ちし、配達に行った家の近くの公園駐車場で待ってる事を伝えました、栄子さんは、「えっ?」と言うとニコッとしただけで返事はしませんでしたが、当日、私は公園駐車場に車で待ちました、約束の時間が過ぎ、諦めた時に駐車場の入口に原チャリが、栄子さんでした、

1 42

PR