エッチ体験談が11,000話を突破しました。

職場 オフィス

1/27ページ
男性が体験した職場やオフィスであったエッチ体験談カテゴリ。 職場の同僚とのセックス、誰もいないオフィスでエッチ、社員旅行でエッチ体験、エッチなおいしい職場での経験などのエッチ体験談カテゴリです。

PR

12歳年上のパート社員

42歳の離婚暦ある者です。2年ほど前から勤めている職場にいる12歳年上のパート社員(Aさん)との事です。Aさんは旦那の度重なる浮気に悩まされ、それでも一人息子のために我慢してきたけれど、その息子が大学を卒業したのを機に離婚したということで、同じバツ1同士、結構気が合いました。

人妻の初恋

妙子さんから投稿頂いた「人妻の初恋」。 1 出会い  あれは今から三年ほど前のこと、わたくしが四十になったばかりの頃の話でございます。  そのころわたくしは町の役場の出先事務所で地域のいろいろな団体のお世話をする仕事をしておりました。もちろん九時から四時までのパートでございますが・・・。

あゝ初恋の君よ・・・

鬱勃起さんから投稿頂いた「あゝ初恋の君よ・・・」。 37歳の会社員です。 結婚して10年になる34歳の妻と小学生と幼稚園の子供がいます。 今年度、支店から異動してきた同僚を見てビックリしました。

会社の仲間にはナイショで都合のいい肉体関係

こないだ、飲み会の帰りに流れで、会社の先輩(奈美子33歳)のアパートに寄った時の出来事です。奈美子さんは30過ぎても独り者で、けっこう焦っているという情報を仕入れ、飲み会の時に隣に座り、どんどん飲ませていい感じの雰囲気を作っていたら「S君(俺)って彼女居るの?」と聞いてきた。

副店長と女子従業員

さとしさんから投稿頂いた「副店長と女子従業員」。 俺はスーパーで売場主任兼任で副店長をしている。 5店舗位しかない地方の小さなスーパーなので、高卒26歳でも副店長をやっていた。  店長が休みの日にJK1の16のバイトの子、結衣がレジ操作を誤りクレームとなり、クレーム処理。さらに閉店後にレジを締めるとお金が合わない。

気が付いたら課長とラブホで抱き合って寝..

24歳OLです。先々週の話です。すごくお世話になった先輩が妊娠して辞めることになって、その送別会で悲 しくて普段あまり飲まないお酒を飲んでしまいました。 それが失敗の始まりです。 2次会で課長の隣になって注がれるがままに飲んでいて、気が付いたらラブホで課長に抱きつきながら全裸で寝ていました。

激絶頂

りぼんさんから投稿いただいた「激絶頂」 私はりぼん(仮名)。会社のOLをしています。 皆には言えない秘密があります。 それは、同じ部署の部長と不倫をしているからです。部長は格好良くて、長身で優しくて、女性社員からモテモテでした。

笑う目〈3.本題〉

ko-さんから投稿頂いた「笑う目〈3.本題〉」。 朝の10時。 僕はかつてバイトしていたネットカフェを6年ぶりに訪れ、お客さんとして潜入?していた。 当時、そのあまりの厳しさに恐れられていた本部の女性社員、Oさんにまた会える可能性があるためだった。それは僕の願いでもあった。 結婚願望が強くなり、かつてちょっとだけ良い間柄になれた女性と、今度こそ恋愛関係になるチャンスが欲しかったのだ。

笑う目〈2.今後の展開への段落となる部分の物語〉

ko-さんから投稿頂いた「笑う目〈2.今後の展開への段落となる部分の物語〉」。 ネットカフェで遅番として深夜バイトをしていた僕には、その本部の会社にOさんという気になる女性社員がいた。あまりの厳しさに誰もから恐れられている存在だ。 そんなOさんと2、3回一緒にランチをしたが、数ヶ月という長い期間の中でもそれ以上の発展が見られないままだった。

笑う目〈1.基準となる情報を提示する説明的な物語〉

ko-さんから投稿頂いた「笑う目〈1.基準となる情報を提示する説明的な物語〉」。 「笑う目」 10代ももうすぐ終わる頃、僕はネットカフェでバイトを始めた。 そこは年中無休24時間営業の普通のネットカフェで、今にして思えば色々とブラックだったが、当時大学にも入らずフラフラしていた僕は、食う金・住む金を稼ぐため気にせずにひたすら働いていた。

みなさん職場Hは気をつけましょ

某派遣会社で派遣先の割り振りをする仕事をしています。 オフィースワークを中心に派遣しているので女性が多いです。 当然のように派遣先でトラブルを起こす人もいて困っていますが そんなときがチャンスです。 ある女性が派遣先でトラブルと連絡があり、 仕事が終わったら派遣会社の事務所に相談に来ると言うので 待っていましたが、派遣先が少し遠いので夜8時を過ぎてしまいました。 事務所には私一人でネットでエロサイ […]

バイト先の後輩と…1

ろざーなさんから投稿頂いた「バイト先の後輩と…1」。 大学時代、バイト先に同じ大学の一年後輩の女の子が入ってきた。同じ大学だが学部が違うため話したことは無かったが、すぐに仲良くなり2人で飲みに行くことになった。 バイト終わりにバイト先から近いところの居酒屋で飲みはじめた。見た目は地味な感じな子だが話すと明るくて話しやすい子だったため話が盛り上がり、2軒目を出たころには終電はとっくになく […]

ザーメンを美味しそうに飲み干す女

始業間もない午前9時半、私のデスクの電話に内線の電話が鳴った。《はい、管理課、白井です。》《おはよう、白井君…今からお願いしたいんだけど、いいかなぁ…》それは同じ会社の上司、総務課の新井課長からだった。 《は、はい…いいですけどやりかけの仕事の後でよろしいでしょうか…あと30分ぐらいで終わるんです。》《ああ、いいよそれじゃあ、いつものところで30分後、頼んだよ…》私は書きかけの伝票を急いで仕上げ、 […]

おっぱいに負けた夢のような週末

この週末のできごと。 ちょっとスレの趣旨とは違うかもしれないので、興味なければ読み飛ばしてくれてOK。 ウチは部品の輸送用の資材なんか加工する会社で、俺は営業。 仕事柄、材料を作ってるメーカーなんかもよく売り込みに来る。 特に他社と似たような製品を扱っているようなメーカーは必死。 俺が専門というか、よく扱う資材があるのだけど、やはりほとんど同じような物を2社が売りに来る。 仮にA社とB社とするけど […]

1 27

PR