最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

再会・・

サラさんから投稿頂いた「再会・・」。

私が駅の近くを歩いてる所に、あのデカチンの友人さんに再会しました。
友人さん『どうも』私『こんにちわ』と会話しているとベンチに座って話始め、友人さんの手が私の足に友人さんは、笑いながら肩にかけて私を抱き寄せてスカートの中に、私は嫌がりもせずに、少し足を開きました。

友人さん『アナ開きの下着なんだ』
私『うん、そうだよ。』友人さん『スケベだね、近くに人がいるのにこんなに濡れて』私『欲しいの』友人さん『ここで、挿れて欲しいの?変態だね。』私『指が動くから、欲しくなるよ。』友人さん『跨いで』私は嫌がり友人さんのファスナーを開きデカチンを握り人を居ないか見て、私のマンコに挿れました

前よりすっごく太く感じました。私『前より太くなってない、マンコに入んないよ。』友人さん『イヤイヤ、太くなってないよ、溜まってるだけ、ほら入った。』私『太すぎる、奥まで当たる。』友人さん『やっぱりこのマンコって中で動くし締め付ける、気持ちいい。』私『腰が勝手に動くよ。』友人さん『人が来たから、動かないで。』私『ダメ、動いちゃうよ。この太すぎるのがいい。』

友人さん『これ以上ガマン出来ない。』私『出して奥に子宮に出して。』友人さん『いいの?』私『大丈夫の日だから。』友人さん『わかった。イクッ』私『私もイッちゃう・・アァ・・熱いよ。エッなんでまだ出てるの。』友人さん『ヤバイ止まらない、溜めてたから。』私『でも出すぎ。』長い発射は終わり、チンコを抜くと凄い量が垂れてきました。その後2人でホテルに行きました。

歩いてる途中にも精子が垂れて、大変でした。部屋に入るなり、私を裸にしていきなりチンコを挿れて、立ちバックで逝きそれからチンコを挿れながら、ベットに騎乗位、バックで逝きました。すベて中に。ちょっと休憩してたら友人さんはマンコから垂れた精子を拭き、ボディーソープをマンコに塗ったと思ったら、毛を剃り始め私は慌てて止めようとしたのですが、友人さんは危ないから動かないと言って、パイパンにしたのです。

私『恥ずかしいよ。』友人さん『綺麗だよ。俺にだけにしてよ。このマンコは。』私『チンコは私のだよ。』キスをしてパイパンのマンコを舐められ最後に正常位で逝きました。後日に会ってはクリに何回も吸引機を使って大きくされました。その為クリはデカくなって普段から皮が剥けた状態に私も、クリで逝きます。

友人さんは私を色んな所で逝かさせます私も太いチンコが欲しくて、言う事を聞いちゃいました。ヤバイ日以外は中で、あとは口です。友人さんは私のアナルにも出してます。あのチンコのサイズにマンコが拡がりそうで、アナルも今では、簡単に入ってきますユルユルになってしまいそう。

コメントを残す