エッチ体験談 12,000話 突破!!

義母

コージさんから投稿頂いた「義母」。

小さい頃に父が再婚して新しい母と暮らす事になった。
初めの頃はギクシャクしてたけど、徐々に打ち解けて仲良くなった。

すると義母は途端にスキンシップをしてくる様になった。
抱きしめるのは当たり前、キスもしょっちゅうしてくるし、お風呂ではチンコ洗われたり擦られたりした。
僕から何かする事は無かったけど、義母の要求に応えるようにオッパイ吸ったり揉んだり、マンコ舐めたりした。

それは父が家に居ても居なくても変わらず、父の目が届かない所で続けられた。
そしてある日、父が用事で出掛けて義母と留守番してる時に決定的な事が起きた。
リビングのソファーで義母が父と電話してら最中に、僕を手招きする。
そして義母に近付くと脚を開き、ノーパンのマンコを晒す。

義母は舌舐めずりしながら僕の服を引っ張り、マンコに僕の顔を押し付けた。
仕方なく舐めると、義母は時々気持ち良さそうな声を漏らしながら父と会話を続ける。
しばらく舐めてマンコがビッショリになると、義母が手招きしてきた。
舐めるのを止めて顔の方に近付くと、ズボンの上からチンコを触ってくる。
硬くなってるのが判ると、チャックを下ろされチンコを引っ張り出される。

そのまま義母に咥えられた。
僕は気持ち良さに耐えられずに義母の口の中に射精してしまった。
一滴残らず義母は精子を飲み込み、まだチンコが硬いままの僕をソファーに座らせ、義母が向き合う形で僕の膝に乗ってきた。
腰を下ろす時にチンコを握られ、そのままマンコの中に飲み込んでいく。
あまりにも気持ち良くて全部入った瞬間に射精してしまった。

義母はお構い無しに僕の上で腰をクネクネさせたり、跳ねるように動いてチンコを出し入れする。
立て続けに僕は射精する。
まだまだ満足しない義母は電話してる間、ずっと僕を犯し続けた。
結局7回くらい搾り取られて、電話が終了すると同時に解放された。

コメントを残す