お義父さんから始まった毎日毎日セックス習慣。

PR

亜美さんから投稿頂いた「お義父さんから始まった毎日毎日セックス習慣。」。

28歳、Dカップ、160センチ、既婚です。亜美といいます。
私は26で結婚して、結婚生活2年目です。夫はセックレスとまではいきませんが全然構ってくれない人で、付き合っていた時と比べると相当エッチの回数は減りました。

私自身も専業主婦でおばさん化していき笑、性に関してどうでも良くなっていました。でも、たまにムラムラしてしまう時があり、そういう時は一人でオナニーをして気分を安らげていました。

ある日、私の夫のお義父さんが遠くの方に住んでいたのですが、お義母さんが3年ほど前に他界してしまい独りで寂しいとのことでうちにやってくることになりました。3人暮らしになりました。お義母さんはまだ年寄りという歳でもないくらいで亡くなってしまいました。お義父さんもまだ56と若いです。おおらかで優しく、面白く気さくな方でとても話しやすい人です。お義父さんが来て2週間くらい経った頃のことです。

ある日夫が仕事に行き、家の中はいつも通り、私とお義父さんだけになりました。少し気まづい状態です。すると「最近、○○とはどんな感じでやってる?あいつ、迷惑かけてないか?」とお義父さんが言いました。「はい、優しいし楽しい生活してます。でも、仕事に一生懸命で少し寂しいですね笑。」「あいつは真面目だからねえ。寂しいのかあ、こんなに綺麗な奥さん構ってあげないなんて馬鹿だなあいつは!」「いえいえ、そんなことは笑」「聞いて悪いが、夜の方はどーなんだ?孫は見れるかな?笑笑」とお義父さん。「うーん、それが夜の方も全然で笑笑。まだ結婚して2年なのに、もう冷めきってます笑。」「それは良くないなあ。あみさんも溜まっとるだろうに。まあ、無理はしないようにね」と言ってくれました。

ある日、お義父さんが買い物に出かけている時にお義父さんの部屋を掃除しました。すると、エッチなビデオが出てきました。人妻とのエッチなものでした。何となく、私みたいな女の人がのっていて、どんなことするんだろう?という興味やオナニーのおかずにでもと思い、見て見ました。幸い、お義父さんが居なかったのでバレなければいいなと見て居ました。かなり激しくとても興奮しました。もしかしてお義父さんは私とこんなことしたいとでも思っているんだろうか?馬鹿な私はへんてこな考えを持ってしまいました。お義父さんのAVは10枚以上はあり、お義父さんが出かけるたびに見てしまいました。今思うとこれがお義父さんとの関係をつくってしまったきっかけだと思います。

ある日、お義父さんが高校の同級生と久しぶりに会うとのことでお昼前から出かけました。夫はいつも通り8時には家を出ました。チャンスだと思い、お義父さんの部屋に入り、下着姿でDVDを見ながら、かなりの声で気持ちよくなっていました。1時間くらい経った時、ガチャリとドアを開ける音が聞こえました。お義父さんが部屋に入って来たのです。私は乱れた下着姿で、すごく戸惑っていました。こんな淫らな姿を見られたのは恥ずかしくてたまりませんでした。「あ、いや、あの、ね、そのー友達が風邪引いちゃったみたいで今日は中止になったんだ笑笑あー、えっとあみさん、ビデオ見つけんたんだね?見てるなんて思わなくて、こ、今度片付けとくよ、そのほんとごめんね笑笑」お義父さんはおどおどしてたけど、ズボンのチャックの辺りが大きくなってて、私の胸に視線がいっていたのも分かったようでした。無性にエッチしたくなってしまって何故だがわからないけど、「お義父さんっ、あのお義父さん、わたし溜まっていて、すごくセックスしたいんです。あの、私としたくないですか?」明らかに誘っている言い方になってしまいました…。

お義父さんは「でも、妻はなくなったし、じいさんなんだぞ。それでもわしでいいのか?」と頬を赤らめて言いました。「お義父さんはかっこいいです。お義父さんがいいんですっ、は、早くしたいんです、お義父さんと!」そう急かすように私が言うとお義父さんは私を押さえつけてキスしてきました。気持ちよくて、いつのまにか長く長く舌を絡め合ってしまいました。私はおじさん年代の方とエッチはしたことなかったのですが、なんだかおじさんの歳の方とするほうがムラムラしていました。すごくすごくお義父さんを愛したいと思うようになりました。お義父さんは私のパンツを何度も何度もスーハースーハー言わせながら匂いを嗅いでいました。まるで犬みたいで愛おしく思いました。そんなに私の匂いに興奮してくれるんだと、余計に私も嬉しくて、お義父さんに恋愛感情を持ってしまいました。

お義父さんは私のおっぱいが気に入ったようでした。薄ピンクの乳首で真っ白な大きな胸が大好きだそうで、私の胸がそんな感じなので、いつも舐められたり、甘噛みされたりしています。ひどい時は夜に部屋に呼ばれ、舐めまわされることも多くありました。声を出さないように必死でした。お義父さんのおちんちんは大きくて夫をはるかに超す大きさでした。毎日、毎日、帰りの遅い夫が会社に行ってから、帰って来るまで、そして夫が寝た後、お義父さんとの肉体関係を楽しみました。セックス三昧の日々が始まりました。

お義父さんとの関係が二カ月くらい経った頃、夫が珍しく私とセックスをしてくれました。スピードは遅いし、ちんちんは小さいし、満足のいくセックスではありませんでした。しばらくして私は妊娠していると言うことがわかりました。夫は少ないセックスのなかで受精したんだと思っているようですが、お義父さんとの子供でした。私はこの頃からお義父さんをあなたというようになりました。「ねぇ、あなたああ、あんわたしねえっあなたのあかちゃあんが!できたぁあ」ハメハメし合っていた時に言いました。「ほんまか、あみ!もう何人か作るか」と妊婦の状態でもセックスは止まりません。母乳も出るようになりました。すごくポタポタ垂れてきて服を着てもすぐ分かるようになってしまいました。

ここでもう一つ、お義父さんとは関係ないんですが、母乳に関してびっくりするようなことがあったのです。私はとても無防備だったのかもしれません。もう生まれる3ヶ月前くらいに一人でショッピングモールに行こうと電車に乗りました。お腹が膨れていて苦しいためブラジャーをしていませんでした。しかもグレーの服を着ていました…。おっぱいはたゆんたゆん揺れるし座っていてもどんどん胸の二箇所がシミになってきました。手で、抑えましたが無駄でした…。そんな時におじさん二人に声をかけられました。「あの、その、あ、えっと失礼ですが母乳垂れてるみたいで?」気まづそうに、でも頬が緩みながら、一人がそう聞きました。「は、はい…。あのほんと私馬鹿ですいません、気をつけて行けばよかった、恥ずかしいんですね笑、すいません、ご迷惑おかけして笑」と私。

「手伝いましょうか、母乳は全部出し切っちゃったほうが重くならないし垂れてくる心配もないですよ、うちの家内たちが手伝うんでついてきてくれません?服も綺麗にしますよ、じじい二人で怪しいとは思いますがね笑」私は優しそうな二人の雰囲気とベテランの奥さんということに負けついて行きました。馬鹿ですよね。
私は4階建ての事務所のような所に連れてこられました。女の人はもちろん、人のいる様子がしません。靴を脱ぎ、中に入りました。ガチャリ。鍵を閉める音がしました。「あ、あの奥様たちはどこにいらっしゃるんですか?」「す、すいませーん笑笑今出かけてたんでしたあ笑笑忘れてて笑、あっでも僕らが手伝うのでお構いなくぅ笑」「え、でも、あの、男の方に見てもらうのはその、恥ずかしいしおかしいかと…」「大丈夫ですよ笑笑、今男の人が母乳について手伝うことよくあるらしいですよ、さっ恥ずかしがらず服脱いでください、シミ増えますよ!」ワンピースを脱がされ、タンクトップとパンツだけになりました。

タンクトップはずぶ濡れで乳首の色が丸見え。タンクトップも脱がされ私の胸はおじさんたちに釘付けです。母乳が出てから少し色が濃くなってしまったわたしの乳首。何故か勃っていて、今にも触ってくれと言わんばかりでした。おじさんがわたしの腕を後ろに回して抑えてきました。もちろん、身動きは取れません。椅子に座らされ、ただ突然に胸を吸い付いてきました。お義父さんとの行為もあってか、おじさん特有の加齢臭がわたしを興奮させました。犯されそうになっているのに、声が止まらないのです。何十分も舐められているともう体は言うことを聞かず、だらんと力が抜けてしまいました。パンツは剥ぎ取られ、クンニされました、ぶるぶると鼻を擦り付けて匂いを嗅ぐ姿はお義父さんに似ていて、何故だか快感でした。

わたしは彼らのおちんちんをフェラして奉仕しました。違う男の人のザーメン臭は濃くて濃くて、強烈で何度も何度も飲みました。そして、立たされ壁に体を委ね、バックで突かれる。あんあんあん!とはっはああはというおじさんの声が誰もいない事務所で響いて、なんだか恥ずかしかったのを覚えています。騎乗位に体勢をかえて、わたしが上に乗り、大きなお腹と胸をゆさゆさとさせながら動きました。誰かもわからないおじさんのちんぽはお義父さん程ではないですが、大きくてずぷんずぷんとわたしの愛液と精液が混ざり合う音が高速で聞こえて、すごくセックスがうまかったです。おじさんたちは可愛い可愛い、こんな妖艶なママさんと会えるなんて最高だと褒めてくださいました。私は2時間半くらいで帰され、ふらふらとあせだくのまま帰りました。

その後、そのおじさんたちとまたやることはなく、現在はお義父さんとだけ関係を続けています。夫は気づかないし、不倫でもしてるんでしょうか。わたしも不倫、してるけど。

娘も無事産まれて、現在成長中です。娘が寝ている側で一日中裸で3人目を作ろうと子作り頑張っています笑。実はあの後、2人目の子供を授かりました。もちろん、お義父さんのです。今は妊娠5ヶ月です。でも、若いおちんちんにも手を出してみたくなり、最近、お隣の20の大学生の男の子と仲良くなり、そろそろ誘ってみようかと思っています。私はもう淫乱になってしまったのかもしれないです。お義父さんが私の目を覚ましてメスに変えてしまったこと、本当に感謝しています。

18+

他に読まれているエッチ体験談

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. 匿名 より:

    どんどんエッチして孕んでください!

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 2462記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。