17,000話以上掲載!!毎日更新!!

臭いマンコに慣れてたから無臭マンコが物足りない

[AD]

[AD]

アムロさんから投稿頂いた「臭いマンコに慣れてたから無臭マンコが物足りない」。

彼女のマンコは臭いが強くて最初は舐めるのに躊躇してたけど、慣れてくるとその臭いに興奮するようになった。
ただ、舐めた後は暫く口の中に臭いが残るし触れた指にも臭いが付いてしまうのが難点かな?
やった後の部屋も少し臭くなる。

だから彼女が帰った後の臭いで母親に心配された。
「あの子大丈夫なの?病気持ってるんじゃない?」
「何でそんな事言うんだよ」
「あの臭いアソコの臭いでしょ?」
「そうだけど」
「普通あんな臭いしないのよ?絶対病気持ってるから別れた方がいいと思うの」
「あれが普通じゃないの?」

「あの子しか知らないのね、じゃあお母さんのアソコ確かめてみなさい」
彼女が初めてで他の人を知らない俺はあれが普通だと思ってたから、母親の言う事に驚いた。
しかもパンツ脱いでマンコを晒して臭いを嗅げと言ってくる。
「もっと近付いて嗅ぎなさいよ、臭くないでしょ?」
強引に引き寄せられて顔をマンコに押し付けられた。
「本当だ…全然臭くないし良い匂いがする」
「でしょう?これが普通なの」

「彼女のマンコを最初舐めるのに躊躇したけどこのマンコだったら躊躇なく舐めれたかも」
「嗅ぐだけ…ああん!こら!舐めて良いなんて…ん!」
「でも味が無いから少し物足りなく感じちゃうかな?」
「これが普通なんだってばぁ!ああ!それ以上は…」
「感じやすいんだね」
「違うわよぉ!あんたが上手いのぉ!」
「お漏らししたみたいになったね、この辺でやめとくよ」
「あはぁ…えっ?やめちゃうの?」

「続けたら母さんとSEXしたくなっちゃうからね」
「えっと…こんなに感じさせておいて放置なんて酷くない?ここまで濡れちゃったのよ?」
「チンポ入れて欲しいの?」
「このままじゃ生殺しよぉ…疼くの…お願い…」
「ゴム取ってくる」
「そんなの要らないから早く入れて…」
「でも…」
「待っていられないの!早く!お母さんに入れて!」
自分でオマンコ広げてチンポ欲しいアピールしてくる。

こんな母親の姿を見る事になるなんて…。
「彼女に言わないでよ?」
「内緒にするから早くぅ!」
腰を落として椅子に座る母親のオマンコにチンポの高さを合わせる。
先端を何度か上下に擦り付けてから穴の位置に押し当てると、母親の脚が後ろから俺のケツを押してきて一気に奥まで入った。
「はあぁん!」
「一気に入っちゃったじゃん」
「キクぅ〜!ジンジンしちゃう!激しく擦って!めちゃくちゃにして!」
涎垂らしてだらしない顔した母親を激しく犯した。

「んほお!イイ!お父さんより硬くて素敵ぃ!」
「だらしない顔してるねえ…母さんもこんな顔するんだね」
「お母さんの中気持ち良い?中に出したい?」
「気持ち良いよ、出せるなら中に出したいくらいだよ」
「出して!遠慮しないで中に出して!」
「赤ちゃん出来ちゃうよ?」
「大丈夫!大丈夫だから!お母さんの中に出して!」
信じて良いのか分からないけど中に出して良いと言うなら…。
「じゃあ中に出させてもらうからね?」
「奥に出して!お母さんの子宮に欲しいの!押し付けて出してぇ!」
イメージ的に一番ヤバそうな中出しをせがまれて躊躇したけど母親が俺を抱え込んで強引に奥まで突っ込んだまま射精させられた。
「おほぉ!きてる!奥にビチャビチャ出てるぅ!」
「こんなに奥で出して本当に大丈夫なの?」
「大…丈夫ぅ…」
彼女相手なら今頃部屋中が臭くなっててもおかしくないのに全然臭くないから違和感しかない。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次