男性のエッチ体験談

ぴゅあらば

予備校通いの奥手な浪人生とお尻フェチなセックス

多分3年くらい前の話です。細かいところがちょっとあやふやですけど。  当時私、大学受験の為に個人塾に通ってたんですね。予備校に行こうかとも 思ったんですが、知人からの紹介でしたし、人数が少なめなのもどっちかと 言うと予備校よりもいいかと思いました。  同じ受験生クラスの人が確か全部で9人で、私の元々の友人も一人いました。 大学で言うとゼミみたいな、仲のいい雰囲気で楽しかったですね。 で、その中に、浪人生で私よりも一つ上の人がいました。

友人と熱いセックス☆

ねこさんから投稿頂いた「友人と熱いセックス☆」。 私(25)は友人と相席屋にいったのが彼との出会いでした。 彼は家で自営業をしている28歳。裕福な家庭に育った真面目な人。 そのときは恋愛感情はお互いありませんでしたが会話は楽しく弾んだため連絡先交換。 それからしばらくして彼に合コンをしようと誘われました。

幼い女の子に手こきさせてフェラもできるようにした

ゆうさんから投稿頂いた「幼い女の子にてこきさせてフェラもできるようにした」。 マンションの同じ階に母親と○才の女の子が引っ越してきた。 何度か挨拶してると親しくなりときどきうちに遊びに来るようになった。 母は看護師で仕事終わるの不定期なので帰ってくるまで俺の部屋で待つようになった。 そんなとき、母が研修で二、三日家をあけることになった。 まいを連れて行けないので預かってほしいと頼まれた。

噂の人妻とやっちゃいました。

天使の誘惑さんから投稿頂いた「噂の人妻とやっちゃいました。」 今勤めている会社に11月に中途採用があり4名の女性が入ってきました。 既婚者ばかりになんだおばさんばかりかよ!と気にもしてなかったんだけど、今年3月頃42才の既婚女性の噂が流れてきたんよ。 あの女結構ヤリマンだぞ!と女に手が早い営業部の遊び人の男から聞き、もう手を出したんだ!と探ったら同じ会社だよ。噂になったらここに居れなくなるよ。

ドSな妻に弄ばれています…俺の射精権は妻の手に。。。

私も妻も34歳です。妻は173cmのスレンダーな肉体に、きつい印象の顔立ちです。 美人なことは間違いないと思います。可愛いというのとは違うと思います。私は165cm特に取り柄のない男です。唯一の取り柄がこの妻を持っていることぐらいです。 大学の同級生で付き合い始めて卒業後に結婚しました。子供は欲しいのですが、まだいません。妻は2年前まで仕事を続けていたのですが、人間関係など面倒なことも多く、私の収入だけでもそれほど困ることもないので辞め […]

奥手でおとなしい嫁が後輩に仕込まれた…そしてネトラレに目覚めた俺は…

奥手でおとなしい嫁が急に淫乱に…後輩に仕込まれていた…続編 嫁の真奈美が、バイト先の常連客にちょくちょくデートに誘われるという話を聞いて、俺は慢心と好奇心から嫁にデートをさせてしまった。それが刺激になり、俺と嫁の仲もそれまで以上に良くなり、大成功だと思っていた。 だが、そのデートをしていた男が、実は会社の後輩の隆司だったとわかり、状況が一変した。だが、それなのに、自宅に隆司が来たときも、俺はつまらない見栄と慢心で、隆司と嫁をセックスさせ […]

初体験…近所のおばちゃんが指でマンコを開いて「ここに挿れるのよ」

私の初体験は近所に住むおばちゃんでした。年は38くらいだったと思います。 小柄でぽっちゃりしてて、人当たりもいい人でした。旦那と娘の3人暮らしの主婦でしたね。うちの毋と仲良くて、結構家にきてたりしました。 当時、中3だった私はドラマの主題歌を歌ってた小田和正の影響でオフコースとか聞いてて、彼女もオフコースファンでそこから色々話をするようになりましたね。

25歳前後の叔母の家で…性への欲求

10年以上前の話。中学二年生、自慰行為の覚え始め、女性を性への対象として、はっきり意識するようになった時期でもある。 幼い頃に母を亡くし、父と弟2人の男所帯で育った私にとって、女性とはまるで自分とは違う生き物のようだった。当時は、現代ほど性が溢れておらず、せいぜい河川敷で拾ってくる萎れたエロ本が、私が性へ触れる唯一の存在であった。

逆転といきますか…平然と不倫をする気の強い妻へ

私は、まあまあの大学を卒業し、全国区ではありませんが一様地元では名の知れた企業に無事に就職しました。俗に人の言う苦労知らずの道を歩んでいたのでしょう。自分では挫折も味わったつもりですが、友人に言わせると、そんなのは世間知らずの甘ちゃんだと冷やかされてしまいます。人の痛みは10年でも我慢出来ると言いますが、私もそんな感覚で、自分の悩みは大した物で、人の悩みは小さな物にしか感じない俗物なのだろうとは自覚しています。

もう生きて帰れないかもしれない…戦時中立ち寄った兵隊さんに妻を抱かせる

自分の彼女、というか妻の話です。私は2回結婚していまして、1番目の妻との話です。戦時中の話です。 私は三菱の炭鉱で働いていまして、そして20歳で結婚しました。現在だと20歳で結婚をするのはとても早い事ですけれど当時でも少し早い位だったかと思います。早くに結婚したのには理由があります。 入社してすぐ、仕事中に怪我をしてしまったのですね。当時の炭鉱はとても危険な職場でした。

憧れの先輩社員を家まで送ったら…マンコ全開で寝だした…

朝からなんだが、昨夜、というか、さっき先輩女子社員の全裸を見てきた。 参った、頭痛え・・。これだけ書いたらまた寝る。 昨夜、会社の飲み会で、最後、30代前半の独身女性社員と方向が一緒なんで、タクシーで帰ることにしたんだ。 そしたら、もう途中で彼女、もう意識喪失状態。ちょっとやばいんで、彼女のマンションまで送っていった。

泥酔して寝てる同級生のマンコに黙って挿入で…

○学の時の話。男3人女2人で俺の家で飲み会をする事になった。 皆飲みまくる中、俺は下戸だった事もあり、飲んでないのをばれない程度に缶ビールをすする真似をしていた。2時間ほど経つと1人2人と酔い潰れて倒れていった。始まる前から泊まる事は決まっていたので、吐かない事を祈りながら放置していたら、気付けば俺しか生き残っていなかった。

妻にとってはこの世のすべてのチンポが慈愛の対象

心と身体 〜1〜『×××××〜♪』聞き慣れた携帯電話の着信音で、私は心地よいまどろみから目を覚まされた。「んぁ・・・っと、」どうやら寝室のソファーで一人でビールを飲んでいるうちにウトウトしてしまったらしい。壁の時計は既に12時を回っている。私は、浅い眠りの中で確か妻の声を聞いていたような気がする。 『・・・あなた、愛してる。私の夫はあなただけよ。でもね・・・、』”でもね”という言葉の後、妻が何を言おうとしていたの […]

寝取られ動画に憧れて嫁を参戦させてみた話

俺は、建築会社に勤めるサラリーマンで、設計士をしている。36歳で、仕事もバリバリこなして頑張っている。 嫁の奈々は28歳で、専業主婦だ。そろそろ子供を作らなきゃと言いながら、まだ子無しだ。8歳年下の奈々は、とにかく可愛くてしかたない。それほどモテない俺に訪れた、最初で最後のチャンスだったと思う。

兄ちゃんの指示で彼女さんにフェラされた…

いきなり兄ちゃんと兄ちゃんの彼女が部屋に入ってきてちんこ見せろと言った。僕が驚いていると兄ちゃんが近付いてきていきなりズボンを脱がそうとしてきた。抵抗すると兄ちゃんに押さえつけられ、兄ちゃんの彼女も近づいてきてズボンをひっぱる。僕は意味わかんないって必死でもがいた。

ぴゅあらば