エッチ体験談 13,000話 突破!!

ふわふわして気持ち良いこと

綿菓子さんから投稿頂いた「ふわふわして気持ち良いこと」。

パパが病気で死んじゃったのは僕がS学生の時。
それから僕とママの二人きりの生活が始まったんだ。
何日かしてママが泣いてるところをたまたま見ちゃった僕は、「僕がパパの代わりになるから泣かないで」ってママに言ったんだ。

それからママが変わった。
普段はいつも通りなんだけど、夜になるとママの布団に僕を引っ張り込むんだ。
その時は必ずパジャマを脱がされてママと二人裸で布団に入る。
布団に入ったらチンチンをアイスみたいに舐めたりしゃぶったりされるんだ。
初めてされた時は頭の中がふわふわしちゃうくらい気持ち良くてチンチンがビクビクー!ってした。
そしたらママがハァハァと息を荒くして僕の上に乗ってきて、アソコにチンチンを入れちゃった。
痛くないのかな?と心配したけど、ママはチンチン入れると気持ち良いと言って、何度もアソコにチンチンを抜き差しし始めたんだ。
ヌルヌルのアソコでチンチンが擦れてまたビクビクー!ってなったんだけど、今度は何かがチンチンから出た感じがした。
ママの中でオシッコ出ちゃったのかと思ってママに謝ったら、「オシッコじゃないから大丈夫」って言われた。
僕はチンチンから何が出たのかわからなかったけど、ものすごく気持ち良かったからまたソレを出したいと思ったんだ。
そうママに言ったら今度は僕が動くように言われて、一回アソコからチンチンを抜かれちゃった。
あお向けになったママのアソコに自分でチンチンを入れて腰を振るように言われたけど、どこに入れれば良いのかわからない。
そしたらママがチンチンを持って、入れる場所を教えてくれた。
そのままチンチンを支えてくれてたから、ズブってアソコに入れたんだ。
ビリビリ!って電気が走ったみたいにチンチンから気持ち良さが伝わってくる。
早くアノ気持ち良いのを出したくて腰が動いちゃう。
パンパンとママもビックリするくらい早く腰が動いてた。
ゾクゾクっと何かが出る前の感じがした時にママのアソコがギュッとチンチンを締め付けてきて、気持ち良さが何倍にもなった瞬間にチンチンからさっきのが出た。
ビュッ!ビュッ!と出るたびに頭がふわふわする。
いつもならもう寝てる時間なのに、もっと出したいって思いが強くて眠くならない。
その後も何回もママの中に気持ち良いのを出して、気付いたら朝になってたから寝ないでずっと続けてたみたい。
学校では眠くて仕方なかったけど、帰ってきてママの顔を見たらアソコにチンチン入れたくなってスカートに潜り込んでパンツ脱がせた。
ママはいきなりパンツ脱がされてビックリしてたけど、やめなさいとは言わなかったからチンチンを入れた。
いっぱい腰を振って何回も中に気持ち良いのを出した。
布団の中でも何回かママの中に出したけど、寝てなかったのと疲れてたので早めに寝ちゃったみたい。
朝起きたら学校に行く前にまたママのアソコにチンチン入れて腰を振った。
インターホンが鳴って友達が呼んでるけど、すぐに行くからって言って待っててもらった。
ママの中に一回気持ち良いの出して学校に行く。
友達に遅いって言われたけど気持ち良いの出さないで終わりにするなんて無理。
ママも中に出されるの好きみたいだからね。
こんな感じで夜は布団で、朝や学校から帰ったらその時にママが居た場所でアソコにチンチン入れて気持ち良いのを何回も出す生活になった。

コメントを残す