エッチ体験談が11,000話を突破しました。

路上の巨乳に声かけて「フリーおっぱい」頼んでみた

PR

アントニーさんから投稿頂いた「路上の巨乳に声かけて「フリーおっぱい」頼んでみた」。

一昨日の会社帰り、「タダでおっぱい揉みたいなー」と思い立ち、街中で触らせてくれる子を探しに行きました。ターゲットは巨乳です。ここ半年セックスした女は貧乳ばかりだったので。

時刻は22時。新宿駅周辺をぶらついていると、壁に寄りかかりながらスマホをいじくる女子を見つけました。松岡茉優を巨乳にした感じです。ノースリーブの胸部分がパンパンに膨れていました。それに吸い込まれるように近寄り、今日初めての声かけを行ないます。

俺「おつかれ!雨大丈夫でした?」
松岡「…え?」
俺「いや、天気アプリ気にしてるのかなーって笑」
松岡「え、別に気にしてないです笑」
俺「そうですか?じゃあ今何してたんです?笑」
松岡「友達からの返事待ち」
俺「へー、同じ大学に通う友達?」
松岡「同じ専門学校の友達です」
俺「学生ってジャンルは当たりましたね!というか学生だったんですね!」
松岡「笑」

俺「可愛いから学校で絶対モテますよね?」
松岡「いや全然ですー」
俺「松岡茉優に似てるって言われない?」
松岡「まぁたまに笑」
俺「ちなみにあの人めっちゃ感度いいらしいですよ!」
松岡「笑」
俺「松岡さんも敏感な方ですか?笑」
松岡「そんなことないです笑」
俺「だってすごい巨乳じゃないですか」
松岡「それも言われます笑」
俺「だと思った!今は何歳で何カップなんですか?」
松岡「えー?笑」

俺「いや変な意味じゃないから!」
松岡「……20で、FかGくらい」
俺「ノースリーブじゃ全然隠せてませんよ?笑」
松岡「だって暑いし笑」
俺「実は今フリーおっぱい企画やってるんです」
松岡「ん?笑」
俺「街にいる美人で触らせてくれる子いないかなーって」
松岡「いないいない笑」

俺「是非、松岡さんにも協力してほしくて」
松岡「笑」
俺「ちょっとなんで安全ですよ!」
松岡「ちょっと?笑」
俺「ちょっと壁の方向いてもらえます?」
松岡「んー?(壁に向く)」
俺「ちょっと失礼しますねー」
松岡「え?ほんとに?笑」
俺「この位置なら周りから見えないし!」
松岡「いやそうじゃなくて笑」
俺「友達が来るまででいいから!」
松岡「必死ですねー笑」
俺「とりあえず力抜いてみましょう!」
松岡「笑笑 ほんとちょっとですよ」

まさかの一人目でOKが出ました。早速後ろから松岡さんの胸を手で包み込みます。いや、大きすぎて手のひらに収まりませんでした。薄いノースリーブからダイレクトに熱を伝わってテンションが上がりつつ、そのままさわさわと胸全体を撫でてフォルムの確認をします。服の素材がしっとりして心地良い。巨乳なのにハリが素晴らしく、軽く力を入れて揉むとすぐに押し戻されてしまいました。

次は弾力を試そうとおっぱいを鷲掴んで振り動かします。流石はGカップ、重量感が半端ないです。下乳から支えると数kgの水袋を持ち上げてるみたい。溜まったコリを取るイメージで、そのまま上下左右に揉みしだいてあげました。もうA~Cカップには戻れなくなりそう。気づいたら体も大分密着していました。

ここまでくると乳首チェックもしたくなります。胸の山頂に指をかけて擦ると、今までのパイ揉みでは笑っていた松岡さんが色っぽい声を出しました。そのまま数秒くりくり刺激してブラ越しの乳首を堪能しました。すっかり乳首も俺のチンコも固くなったところで、ノースリーブの脇から手を入れて生乳を味わおうとすると、

松岡「もうダメです!笑」
俺「えー?笑」
松岡「外でそれはマズいから笑」
俺「まぁ路上だしね笑」
松岡「だからお仕舞い!笑」
俺「松岡さんはもういいの?笑」
松岡「もういいです、友達来ちゃうし笑」
俺「路上ダメなら個室行こうか?」
松岡「友達来るんでもう笑」
俺「どうしても?」
松岡「はい、終わり笑」
俺「そっかー、ありがとう!」
松岡「こちらこそ笑」
俺「最後に一回だけ!揉み揉み」
松岡「…あっ笑」
俺「じゃあね!ありがと!」

20秒弱はお触りできました。もちろん一円も出していません。これを読んでいる皆さんも是非試してみてください。案外あっさりいけますよ。

11+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR