彼女を弟に寝取らせる。その弐

PR

彼岸の夏目さんから投稿頂いた「彼女を弟に寝取らせる。その弐」

みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です!
エッチ体験を投稿する

5分間ぐらい経っただろうか

熱いキスをしていた二人は一度離れた。

歩「どうだった?」

弟「気持ちよかったです。」

と恍惚な顔をして言った。

弟「またしても・・・?」

歩「いいよ♪」

と歩は笑顔で両手を弟に伸ばしてそう言った。

弟は無言で歩の伸ばした手をとり、恋人かのようにキスをした。

弟のキスは初めてのはずなのに凄い上手いような気がする。

弟の舌は歩の出した

舌に上手くねっとりと絡み付いている。
二人は水音をぴちゃぴちゃと立てながらキスをしている。

歩「ぷはぁ・・・。お兄ちゃんより上手なんじゃない?」

弟「うれしいっす」

弟は歩とのコミュニケーションに慣れてきたのか笑顔で返す。

弟に負けたショックで俺は胸がいっぱいだった。

この時も弟と歩は手を握り合っていた。

弟「胸に顔をうずめてもいいですか?」

弟はテレた顔で質問した。

歩「フフッ、いいよ♪おいで。」

と顔を赤らめて返す。弟の顔が歩の豊満な胸に近づいていく。

フサっと顔とカーディガンが擦りあった音がした。

弟は動物のように、歩の胸に顔をこすり付けている。

フサ、フサと擦りあった音がしている。

多分、温かくて、柔らかく、いい匂いのした胸だろう。

歩「どう?」

弟「ふかふか・・・・。」

歩「可愛いな・・・・♪」

歩は弟の頭を撫でる。

弟はカーディガン越しの胸を頭を振ったり、押し込んだりして堪能している。

まるでラブラブの恋人である。

いきなり弟は立ち上がった。すぐにズボンを脱ぎ、

パンツを脱ぎ、歩の顔の前に竿を突き出す。

歩「わッ!・・・」

歩は反射で顔を隠した。

弟のそれは俺の竿より五センチぐらい大きく、

中学生のものとは思えないものだった。

歩「おっきいね・・・。」

歩は弟の竿一部分を手で包み込んだ。

弟「・・・・・・・・。」

歩「してあげる・・。」

と歩は弟の竿を扱く。

それに反応して弟はビクンビクンと体を反らす。

5分ぐらいっただろうか弟がうわ言のようにいいだす。

弟「いきそ・・・・・。」

歩「うん。うん。逝って・・・。」

ビュルビュルビュル!と勢いよく精子を出す。

歩は反射で鈴口を覆う。

歩「いっぱいでたね。」

弟「兄貴のより大きかったですか?」

歩「うん。凄く。」

・・・・・・・・・

その後は歩と弟はアドレスを交換し、玄関前でハグして別れた。

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1362記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。