エッチ体験談 13,000話 突破!!

クンニ好きすぎて母さんと姉ちゃんの舐めさせてもらってる

舐め男さんから投稿頂いた「クンニ好きすぎて母さんと姉ちゃんの舐めさせてもらってる」。

エロ動画でクンニする場面を初めて見た時は衝撃的だった。
あんな所を美味しそうに舐めてるんだもん。
どんな味と香りなのか気になって、母さんと話をしたんだ。
「ねえ、クンニって知ってる?」

「は?何よいきなり変なこと言って」
「って事は知ってるんだね?アソコってどんな味と香りなの?気になるんだけど」
「そんなの知らないわよ」
「でもクンニ自体は知ってるんでしょ?」
「知っててもした事ないからわからないわよ」
「じゃあさ、僕に舐めさせてくれない?」
「馬鹿なの?そんなの普通親に頼まないわよ」
「でも彼女いないし親子だから良いかな?って」
「親子だから普通はしないのよ」
「ねえお願い!クンニだけだから!それ以上の事はしないから!」
「そんな大きな声出さないの!」
「ねえ良いでしょ?母さんのアソコ舐めさせてよ」
もうね、母さんがドン引きしてたけど拝み倒してなんとか舐めさせてもらった。
「はあ…息子に舐めさせる日が来るなんて思いもしなかったわ」
椅子に座ったまま下着を脱いで足を開いてくれた。
「まだお風呂入ってないから汚いかもしれないわよ?良いの?」
「そんなの気にしないから平気」
モザイクかかってるのしか見た事なかったから、生のアソコはまるで映画のエイリアンの幼生体みたいに見えた。
「こんな形してるんだね」
「見てないでとっととしなさいよ」
見られてるのが恥ずかしいのか、母さんが早くしろと急かしてくる。
まずは鼻を近づけて香りの確認。
オシッコ臭いとか全然無くて母さんの体臭が濃くなった感じの香りがする。
味はどうかな?
チョンと舌を触れさせてみる。
見た目で思ったよりも柔らかくてビックリした。
無味?
味が無いのに何で動画だと美味しそうに舐めるんだろう?
スルメと同じで時間をかけて舐めたら味が出てくるのかな?
最初の一舐めが一番勇気が必要だったけど、それさえクリアすればペロペロ舐められる。
「んあ…はあん…んふ…」
母さんが悩ましげな声を出し始めた。
それとほぼ同時くらいにアソコからヌルッとして塩気のある汁が出始めた。
あ、この汁美味しいかも。
どんどん出てくるからいつまでも舐めていられる。
母さんの濃い香りとこの味は何故かホッとする。
「どう?あふん…もう良いでしょ?終わりにしましょう?ああん…」
「もうちょっとだけ」
やっぱり見られたり舐められるの恥ずかしいのかな?
でも母さん気持ち良さそうだし続けても怒られないよね?
足を閉じかけたり腰をクネせたりして舐めにくいから太ももを抱え込んで口をアソコに押し付けていっぱい舐めた。
「ああ!そんなにしたらもう…んん〜!」
急に母さんが僕の頭をアソコに強く押し付けるようにしてガクガク震えた。
これは怒ってないよね?
やめろって事かな?
でも舐めるのやめらんない。
「あふう…はあん!待って!もうイッたから!イッたってば〜」
イク時って潮吹くんじゃないの?
動画だと大抵そうだったから潮吹かない母さんは特別?
それとも嘘ついてやめさせようとしてる?
訳分からなくてクンニを続けた。
何度も激しくガクガクと震える母さん。
「もうダメぇ…イキすぎて訳分かんない…」
痙攣?が止まらなくなった母さんが心配になってクンニをやめた。
「大丈夫?」
「待ってって言ったのに…こんなに続けてイッたの初めてよ」
「動画だとイク時潮吹くから」
「そんなの人それぞれよ…全員が潮吹く訳じゃ無いんだから」
「じゃあ本当に母さんイッてたの?」
「そう言ったでしょ?まったく…」
「ごめんね、吹かない人もいるって知らなかったから」
「それでどうだったの?」
「凄く美味しかったし、なんか安心する味って言うか…」
「そう…満足した?」
「うん、出来たらまた舐めさせて欲しいな」
「それは…う〜ん…」
「良いでしょ?母さんも気持ち良かったんだよね?」
「そうだけど…内緒に出来る?」
「出来るから良いでしょ?」
「それなら…」
「ありがと〜」
こうして初めてのクンニは成功?した。
母さんの味と香りはわかったけど、こうなると人によって違いがあるのか気になる。
僕には姉ちゃんもいるから話をしてみた。
「姉ちゃん今平気?」
「どうしたの?」
「ん〜、動画でクンニしてるの見たんだけど、アソコってどんな味と香りがするのか気になってさ」
「姉ちゃんにしたいって事?」
「そう、お願い出来る?」
「舐めるだけなら良いよ、でもそれ以上の事は無理だからね?」
「うん、クンニしたいだけだからそれで良いよ」
母さんほど交渉は難航しなかった。
姉ちゃんは見られたり舐められるの恥ずかしくないのかな?
立ち上がるとあっさりとスカートも下着も脱いで足を広げてくれた。
「脱いだけどどうする?寝る?」
「このままでも良いよ」
僕は姉ちゃんの股の下に入って顔を上に向ける。
母さんとは色も形も少し違う。
香りは…やっぱり姉ちゃんの体重が濃くなった感じ。
でも少しアンモニア臭がするかな?
「もしかしてオシッコした?」
「やだ!嗅がないでよね!」
「別に気にしないけど」
「汚いとか思わないの?」
「そんな事言ったらクンニ出来ないじゃん」
もしかしたらオシッコの味がするかも?とドキドキする。
勇気を出して一舐め。
あれ?最初からヌルッとして塩気を感じる。
舐める前から少し汁が出てるみたい。
オシッコの味は分からなかったけど、香りは少しするから面白い。
ペロペロとアソコを舐め続けたらオシッコの香りは無くなった。
母さんよりも汁の量が多い感じ。
味自体に母さんとの違いは無いけど、香りが違うから姉ちゃんのアソコも美味しい。
母さんよりも早い段階で姉ちゃんが僕の頭を押さえて腰が落ちた?
顔にかかる圧力が増して首が少し痛い。
ガクガク震えたからイッたのかな?
姉ちゃんも潮吹かないからわからない。
「はあん!あんた上手いじゃない」
「気持ち良いの?」
「こんなに早くイクなんて思わなかったわ」
「イッたんだ?続けても良い?」
「良いよ」
それから何度も痙攣させたら立ってるのが辛くなったみたい。
「待って!もう足が…」
「横になる?」
「まだ続けるつもり!?」
「だって美味しいから、良いでしょ?」
「はあ…まるで犬ね」
溜め息一つ吐いて姉ちゃんが寝転がった。
「ほら、もっと舐めたいんでしょ?」
良いみたいだからアソコに吸い付いてクンニを続ける。
ガクガクってよりもビックンビックンて感じの痙攣に変わった。
何回くらいイッてるのかな?
姉ちゃんのは安心するって感じよりも純粋に美味しいご馳走って感じ。
香りの違いでこんなに変わるんだな。
気分によって母さんと姉ちゃんを舐め分けても良いかもしれない。
「も、もう勘弁して…流石にこれ以上は無理〜」
「あ、ごめんね?ありがとう」
「はあ…こんなにイッたの初めてよ」
「大丈夫?」
「ちょっとしばらく立てないかも」
「舐めすぎた?」
「良いのよ、気持ち良かったし」
「また舐めさせてくれる?」
「ん〜、もう少し手加減してくれるなら」
「姉ちゃんダメって言ったらやめるって感じでどう?」
「それなら良いかな?」
「ありがとう」
こうして姉ちゃんとも次のクンニの約束をした。
セックス無しの話でつまらなかったかな?
だけど僕は毎日とは言わないけど週に何回かは母さんと姉ちゃんのアソコを舐めさせてもらってるんだ。
舐められるの好きな人がいたら僕に舐めさせてくれないかな?

コメントを残す