エッチ体験談が10000話を突破しました。

嫁が嫁の親友女に迫られて逝かされているのを見てしまった寝取られエッチな体験談

嫁が嫁の親友女に迫られて逝かされているのを見てしまった寝取られエッチな体験談。

今の自分の嫁の事なんですけど、式の2ヶ月くらい前のことっす。
嫁は当時はこんな感じです。
24、顔は國分佐智子をもう少し清楚にした感じ。
身長は160切るくらいで、体重は48くらい。
スリーサイズはわからないけど胸はDでした。
嫁の誕生日で、2人で仕事を終らせて早めに誕生日の祝いをしようと
言われてたから早く帰ってきて欲しいと念を押されてました。
その頃に、嫁の元気があまりないのが気にはなってたんです。
だけど疲れてたせいもあって「少し相談があるんだけどいいかな?」と
言われた時にスルーしちゃってて、話をすっかり聞きそびれていたんですよ。


だけど今日は誕生日だし、二人で祝えばそんな気持ちも吹っ飛ぶはず。
おまけにその日は嫁を驚かせるような仕掛けを考えてたんです。
嫁は昼間はアルバイトに出かけているので、その隙に合鍵で
嫁の家に行き驚かせるために仕掛けを施そうと思ってました。
そのために上司にお願いをして有給休暇も取ってました。
自宅に帰り、嫁が出かけたのを見計らってそのまま家に入ると
色々と買い込んできたグッズなんかの取り付けに入ったんです。
そしたら出て20分もしないうちに玄関の方で音がするんです。
慌てて荷物置き場となってたロフトに荷物を持って隠れました。
驚かせようとしてるのにバレたら元も子もないから。
「彼と合流するまでお祝いをしてあげるよ」
玄関の方から聞こえてきたのは嫁の親友のS(♀)の声でした。
結婚前の最後の誕生日だし、親友と祝うみたいで。
それなのにロフトに隠れてる自分がなんとも間抜けなんですけど。
んで、2人がソファに座ると、Sが持ってきたワインを飲み始めました。
「ねぇ、そろそろいい返事を聞かせてくれないかな?」
少し俯きがちになりながら、Sが嫁になんか言ってる。
「もうお願いだから、その話は・・・」
どうやら深刻な話みたいで、嫁の声が少し暗いんですよ。
しかもどうやらこの話は今日が始めてではないみたい。
ロフトからはちょうど2人が丸見えで、向こうからは
上は見えにくいからよく見えてたんですけどね。
「何度も言うけど、私は嫁が好きなの。欲しいの」
本気で耳を疑ったよ。だってSが嫁を口説いてるし。
Sが男ならまだわかるけど、Sは姉御系の綺麗な女の子。
普通に彼氏もいたし、そんな風には見えなかった。
「親友じゃダメなの?今まで仲良くしてきたじゃない」
嫁はまるで駄々をこねる子供のようにいやいやと首を振ってました。
緊張のせいで喉が渇くのか先ほどからしきりにワインを口にしちゃってる。
嫁はあまり酒が強い方ではないので、すでに頬が赤く染まってました。
「もう親友じゃムリ。抱きたいの。ね?」
オイオイ。結婚間近の嫁に何を言ってるんだよ。
でも、正直少しだけどうなるのかで興奮してたけど。
そう言うとSは隣に座る嫁を抱きしめてキスしやがりました。
キスをするSを付き離そうと嫁の手がSの肩を押してるんだけど
Sは身長が170近くあってはびくともしませんでした。
今思えば、この時に飛び出すべきだったんですけどね・・・。
「ね・・お願い・・だめ・・あむっ」
力づくで嫁は一回、二回、三回と何度もキスをされちゃってた。
まるでアダルトビデオでも見るような激しいキスだった。
Sの舌が見えてたから、アレはディープキスしてたんだと思う。
見てるだけでわかるんだけど、嫁の抵抗が弱くなっていくんすよ。
一応は口で「やめて・・・」とか「お願い」とか言ってるんだけど
相手が親友なせいか強くも拒めないのと、気持ちよさで力が入らなかったんだと思う。
「あ・・・」
キスをしながらも漏れてくる声。
ロフトの上から眺めながら勃起してくる自分の股間がたまらなかった。
嫁が他の人間に抱かれそうになっているのに何も出来ませんでした。
「ん・・んふ・・・」
嫁は明らかにキスで感じている。
それに気をよくしたのか、Sは胸に手を入れて触り始めやがって
嫁が胸を触られるたびにびくんびくんしちゃってる。
「ん、んんっ・・・・」
「気持ちいいでしょ?もう嫁は私のだから」
「ダメ。お願いだからもうダメ」
「何がダメなの?感じてるじゃん」
「・・・・・・」
「確かめてみよっか」
たぶん何をされるのか察したんだと思う。
「お願い。やめて!」と言ったけど無言でSが
嫁のスカートに手を入れると、嬉しそうに笑顔になって言いました。
「やっぱり・・・すごい濡れてる」
Sがスカートの中で手を動かしてるのがよくわかる。
「んんんっ!!お、おねがいだから、もう・・・」
Sが手を動かすたびに嫁が声をあげて、気持ちよさそうなんですよ。
「なに?何がお願いなの?」
「彼に・・・・怒ら・・・・れるから」
息も絶え絶えな感じで嫁は言ってるんだけど
「言わなければバレないよ。もっとして欲しいんでしょ?」
「・・・・・。」
あそこで「うん」とか言われてたら泣いてました。
嫁が答えなかったのが気にいらなかったのか
手の動きを早めながら嫁に再びキスをしました。
「あっ、あっ。あっ!!も、もう・・・・」
そう言うとびくんびくんと身体が跳ねて嫁がイッたみたいでした。
しばらくは嫁は放心状態でしたけど、ふと冷静になったみたいで
「どうしよう」と泣き出しちゃったんです。
それをSが宥めてて、嫁が落ち着いてきたと思ったら、また嫁に襲い掛かってました。
それからまた2時間くらいは嫁とセックスしてましたよ。
俺は当然ロフトで見てるだけで、出て行けませんでした。
ここを見てると出れない人が多いみたいだけど
なんとなくその心理がわかるような気がします。
イザという時はタイミングを逃すと出れないんですよね^^;
嫁はこの後も何度かSと関係を持ってました。
ハマったというよりは断わりきれずにという感じでしたが。
最終的に式の一週間前に、俺が実はSと嫁が関係を持った事を
知っていた事を告白して3人で話し合うという形になりました。
俺は嫁とは式前に別れたくはなかったし、このまま終りにしてくれれば
嫁を許すと伝えると、嫁は泣きながら「ごめんなさい」と謝ってくれて
そのまま元の鞘に収まりそうだったんですが、Sが納得しませんでした。
Sからしてみたら10年以上も思いつづけてきて
強引とはいえ、関係を持てたのに諦めきれないという話でした。
嫁も俺を裏切ったとはいえ、親友を切る事が嫌だったみたい。
まぁ、このまま友達同士に戻れるならいいんですけど
嫁はともかくとしてSは友達じゃもう無理と駄々をこねまして。
駄々をこねられても、こっちからしたらふざけんなですから
二度と会わないで欲しいと伝えると、嫁も負い目が勝ったのか
俺の意見に泣きながら同意してくれました。
するとSが「だったら、関係を持った事を親族中にも勤め先にも暴露する」と言い出したんですよ。
そんな事をされたら、それこそマズイんだけど
ここで引いたら、ずるずるといかれる可能性があったので
「だったら好きにしろ」と言ったんだけど、それに慌てたのが嫁。
嫁の家は古風な家なんで、式前の他の人間と関係を持った事がバレたら
ただじゃすまないし、ましてや同性愛なんて許せる家じゃなかった。
だから親友が相手だし、穏便に済ませたかったのか
俺が何かを言う前に「だったらどうすればいいの?」とか言っちゃった。
それを聞いてSは「彼と結婚後も私と関係を続けて欲しい」というんですよ。
さすがに別れろとは言うつもりはなかったようですけど。
俺はもう呆れて何も言えなかったんですが、嫁がそれに対して
「それは絶対に無理」と言ったので安心したんです。
Sも諦められないのか食い下がってきて、諦めろ諦めないで
2時間くらいも3人で押し問答してました。
んで、もう疲れたのかSが「最後に一度だけ抱かせて欲しい」と言いました。
それでもう忘れるからと言うと、嫁が「じゃそれで納得する?」と返事した。
俺を目の前にして、そういいますかとキレそうになったんだけど
嫁が「これ以上は0今後はないと納得させるから」というんです。
今度はそれで嫁が俺を説得する側に回っちゃって
頭が麻痺していたのか俺も仕方なくOkしました。
んで、それから二日後くらいですかね。
「じゃ行ってくる」と俺に伝えてSに逢いに行きました。
そこからの事は嫁には聞いてないのでわかりません。
でも、話し合いのとおり、抱かれてきたんだと思います。
ご丁寧にキスマークが左胸についてましたから(苦笑)
その後はSもきっぱりと諦めたみたいでどっか引っ越しちゃいました。
俺たちもしばらくはギクシャクしてましたけど今は仲良くやってます。
一応はこれで終わりです。

3+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!