体育館更衣室で女子同級生と人生初の体験(後編)

PR

kazuさんから投稿頂いた「体育館更衣室で女子同級生と人生初の体験(後編)」。

中学2年の6月、隣のクラスの絵美と昼休み時間に体育館の女子更衣室で人生初の手コキ、手マン、女性の目の前でオナニーしたが(詳細は前編参照)、絵美とセックスをしたい気持ちはどんどん高まっていったし、絵美が私に対して「ヤラない?」と言ってきたので、絵美の事を簡単にエロい事が出来るスケベな女という感じで見始めていた。

それから1週間後、前回同様、廊下で隣のクラスの恵美が教室から出てくるのを待ち伏せていた。

私)また、する?
絵美)ぅ、うん
私)じゃあ、給食食べ終わったら体育館の中で
絵美)うん、分かった

給食を食べ終え、体育館の中に入ったら、前回同様、絵美が女子更衣室の扉から顔だけ覗かせていた。

私は女子更衣室に入るなり、絵美の身体にギュッと強く抱き付いた。
いきなりの私の行動に絵美は驚きの表情を浮かべていたが、抱き付かれた腕を自らの両手で振り払う訳でもなく、私に身を委ねていた。

絵美の身体に抱き付いた瞬間から私のチンポは勃起しまっていた。
私は立ったままの体勢で膝を曲げ、学生ズボン越しから盛り上がっているチンポを絵美のトレーニングパンツ(以下、トレパン)越しにある股間を押し当て腰をガンガン前に突き出した。

恵美も私のズボン越しにあるチンポを自身のトレパン越しにある股間に何度も当て続けられて困惑している様子であった。
私は学生ズボンとトランクスを下ろし、真上に向かってギンギンに勃起しているチンポを絵美の股間の前に差し出した。

恵美はイヤがる素振りも見せず、自らの両手で私のチンポの感触を味わうようにゆっくりとした手付きで上下にシゴキ始めた。

「この前より大胆なスケベ女になっている」心の中でそう思った私は恵美の唇を奪った。

人生初のキスであった。
恵美の唇の感触を確かめるように唇と唇を重ね合わせ、舌を絵美の口の中へと挿入させてると、絵美の方から私の舌をめがけて舌を絡めてきた。
お互い舌と舌が音を立てながら絡み合って、チンポを握らせている時とは違うイヤらしさを感じてしまった。

恵美は舌を絡めながらも私のチンポを一切離そうともしない。
私は絵美のトレパンの両腰のゴム紐部分を両手で掴み、威勢よく膝の辺りまで下げ、パンツ丸出しの状態にした。

そして、パンティの上から絵美の貧尻を両手で鷲掴みにし、お尻の肉厚を確かめるよう円を描くような感じで激かしく揉み続けた。
お尻を揉んでいる右手だけを絵美のパンティ越しのお尻から手を離して、その右手を絵美のパンティ越しにあるマンコの割れ目へと移動させた。

まだマンコを刺激していないにも関わらず、パンティ越しからでもハッキリ濡れているのが分かる程に、絵美のパンティ越しのマンコは湿り気を帯びてしまっていた。

パンティ越しにある絵美の割れ目に沿って、私は人差し指で何度も上下に刺激し続けた。

一旦、パンティ越しからマンコの割れ目を刺激している右手とお尻を触っている左手を離してパンティも膝まで下ろし、ついに絵美のマンコとお尻を丸出しの状態にさせた。

キスをし続けているため、絵美は声も出せない。
すかさず、私は絵美のマンコへ中指の第一間接まで挿入し、中で掻き回した。

私からマンコの中に中指を入れられた絵美は堪えきれなかったのかは分からないが、
自らの腰を徐々に引き気味にし、私のチンポを触っている手を離して、私の背中をギュッと掴んできた。

私がマンコへの刺激を強めると恵美の背中を掴んでいる強さも増してくるのが分かった。

グチュ、グチュ、グチュ・・・

絵美のマンコから奏でられるイヤらしいマン汁の音。
更に中指でグリグリ激しく掻き回した。

もう私の指は中指だけではなく、人差し指と薬指にまで絵美の白濁色のベットリとしたマン汁が付着していて、その絵美のマン汁は前回以上に濡れてしまっていた。

下半身丸出し状態の絵美を壁際にM字開脚の格好でもたれかけさせ、
右手で絵美の黒々と生い茂った陰毛を逆立たせるような感じで触りながら、
左手で濡れまくっているマンコを開いてじっくりと見回した。

M字開脚のイヤらしい私からマジマジとマンコを見られてしまっている恵美は恥ずかしそうに両手で顔を覆った。

私)オナニーする時はどこを触ってるの?
恵美)オナニーなんてしてないよ
私)オナニーしているって噂あるけど、してないんだ?
恵美)私はしてない・・・
私)ホントかな?(マンコの中指を入れながら)ここを弄ってるの?(クリトリスをツンツンしながら)ここを弄ってるの?
恵美)ちょっとダメッ
クリトリスを人差し指でツンツンした瞬間、絵美は股を閉じようとし、私がクリトリスを弄った手首を握りしめ身体をクネらせた。

私)(クリトリスをツンツンしながら)ここが気持ちいいんだ?ここを弄ってオナニーしてるんでしょ?
絵美)ちょっ、何よ、してないってば
私)嘘つくなよ、ホントの事言って?言わないとずっと弄るよ
絵美)・・・そ、ここ(クリトリス)を触りながらしてる
絵美がオナニーをしている事を白状させて私は優越感に浸ってしまった。

私)そうなんだ、ここを弄りながらしてるんだ
私は絵美のクリトリスの皮を剥いて、露にしたクリトリスを人差し指で左右に刺激した。
絵美)ちょっ、凄く刺激が強いよ、ダメだって
絵美は何度も腰を左右にクネさせる。

私)じゃあ、自分でやってみてよ、この前俺の(オナニー)見たでしょ
絵美)恥ずかしいからダメだって
頑なに拒む絵美の右手を掴んで、そのまま指がクリトリスにいくように持っていった。

私)してごらん
私は絵美がクリトリスを触っている指を上から触って、そのままオナニーをさせた。
私からオナニーを見られ顔を赤らめながらも絵美の指の動きは徐々に早まり、腰も前後に動き始めてきた。
私も絵美のオナニーしている姿を観賞しながら、自然にチンポを握ってオナニーを始めてしまっていた。
股を閉じて私のオナニー姿を見ながらオナニーしている絵美の股を私は両手で目一杯の力で開き、立ち膝状態で再びオナニーを始めた。

発射の時間が迫ってくる。
私のチンポの先端は絵美がクリトリスを触っている指先を向いている。

んんっ、うっ、う、ううぅ・・・

勢い良く発射された精液は絵美の指先へベットリと命中し、指先から垂れ落ちた精液の一部はクリトリスやマンコのビラ部に付着してしまった。

事前通告無しに指先やクリトリス、マンコに精液を大量に着弾された絵美は慌てふためいていたものの、
私の精液を自分のYシャツの裾の部分で全て拭き取った後、嬉しそうなエロい顔付きをしながら微笑んでいた。

セックスするまで至らなかったが、人生初の相互オナニー観賞をした体験は私の中ではセックスよりもインパクトが大きく、今でも私の脳裏に鮮明に焼き付いている。

(後編終わり)

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. 匿名 より:

    本当にこういう体験はできるのでしょうか…。そうであれば是非やってみたいんですが、どうやったらこういうシチュエーションに巡り合えますかね…。

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1557記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。