エッチ体験談 12,000話 突破!!

キッチンで姉ちゃんと

忍さんから投稿頂いた「キッチンで姉ちゃんと」。

今日の昼は姉ちゃんがご飯当番だった。
二度寝から起きた俺は顔を洗ってキッチンに行く。
既に姉ちゃんが中にいて飯の支度をしていた。
父さんと母さんもカウンターの向かいのテーブルについて話をしている。

俺は隠れながら姉ちゃんに近付いた。
「おはよ」
小声で姉ちゃんに挨拶をして、振り向いた姉ちゃんに静かにと合図を送る。
「何してんの?」
姉ちゃんも合図を理解して小声で返してくれた。
「朝立ち?昼立ち?が治らないから抜いて欲しくて」
「目の前にお父さんもお母さんもいるのよ?」
「だからコッソリとセックスしようよ」
無理だと言う姉ちゃんのスカートを無理矢理脱がせて下着も脱がす。

両親からはキッチンの中が見えないから、上さえ着てればバレない。
姉ちゃんはモジモジしてる。
俺は姉ちゃんの股の間に顔を突っ込んでクンニする。
姉ちゃんは緊張からかいつもより濡れやすくなってて、すぐにイッてくれた。
それでも俺はクンニを続け、姉ちゃんを完全に発情させる。
立て続けに5回程イかせたら準備はバッチリだ。
雌の匂いをさせて潤んだ瞳の姉ちゃんを死角の壁際に誘導してチンコをしゃぶらせる。

姉ちゃんは欲しくて堪らないって顔をして上目使いで見てくる。
たまに両親の様子を確認して姉ちゃんをカウンターの位置に立たせて誤魔化す。
俺はそっと姉ちゃんの真後ろに立ち、両親の様子を伺いながら姉ちゃんのマンコに挿入した。シャツの下から手を入れてEカップ巨乳を揉むのも忘れない。
いやー、両親目の前にいるけど、話に夢中だと気付かれないもんだね。
偶にテレビの方向くけど、こっちには目もくれない。
だから姉ちゃんを引き倒して二人して裸になって床に寝て普通にセックスした。

正常位、バック、騎乗位、どれも気付かれずに出来た。
また死角に移動して立ち上がり、立ちバック、片足上げさせて横から挿入する横臥位?、あと駅弁もやった。
たっぷりと膣内射精をさせてもらってスッキリしたので、シャツだけ着せてキッチンに立たせる。
そこに今来た風に俺も姉ちゃんの横に立つ。
「あんたずいぶん寝てたのね、もうすぐお昼よ?」
「昨日遅かったからね」
母親に呆れられた。

「まったく、だらしない生活をしてるな」
父親にも嫌味を言われる。
「姉ちゃん手伝うよ、何すれば良い?」
「あとは盛り付けと片付けだから」
両親が呆れたまま俺を見てるが、手伝うフリして姉ちゃんのマンコを触る。
盛り付けが乱れたけど気にせずカウンター越しに両親に手渡す。
「あとは洗い物かな?」
「フライパンとか鍋洗って終わりね」
「先に食べてるね」
両親は待たずに食べ始めた。

洗い物をする姉ちゃんを後ろから犯す。
また膣内射精したら姉ちゃんと交代して、俺が洗い物してる間にチンコをしゃぶらせる。
洗い終わって片付けると同時に口内射精。
姉ちゃんは精子を味わってから飲み込んだ。
死角で下も身なりを整えて俺達も飯を食う。
食べ終えたら今度は母親が洗い物をしてくれる。
父親はリビングで寛ぎモードだ。
姉ちゃんはテーブルの下に潜り込んでまたチンコをしゃぶりはじめた。
ビンビンになったらテーブルの下から出て来て俺の上に座ってくる。

しっかりとマンコにチンコを飲み込んだ。
スカートで隠れてるから何処から見られてもバレない。
洗い物が終わった母親と寛ぎモードの父親がテーブルに戻ってきた。
父親は湯呑みを手にしてまたリビングへ。
母親はテーブルで俺達の向かいに座って寛いでる。
激しく動けないもどかしさを感じながらも、母親の目の前で姉ちゃんに膣内射精してやった。
チンコを抜いて素早くしまい、姉ちゃんに手を引かれて部屋に向かう。

両親のいるリビングダイニングキッチンから出た瞬間、姉ちゃんが抱き付いてキスしてきた。
一旦発情させるとしばらくエロいんだよ。
仕方ないから廊下で脱がせてセックスしながら部屋まで歩かせた。
部屋に着いたら姉ちゃんが上になってとことん絞り取られたよ。

1 COMMENT

サイトウ

いいなーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥、お姉ちゃんとラブラブセックスをしているなんてね本当にすごくうらやましいしすごく良かったよね❤️❗️。両親に隠れて、キッチンでラブラブセックスをたくさん楽しんでいるなんてね本当にすごくうらやましいですね❤️❗️。でも、いつからお姉ちゃんとラブラブセックスをするようになったのかな❗️❓️。まあ、これからもお姉ちゃんといつまでも仲良くラブラブセックスをたくさん楽しんで姉弟仲良く幸せになってほしいですね❤️❗️。

返信する

コメントを残す