温泉旅館でのマッサージ

PR

嶋田50さんから投稿頂いた「温泉旅館でのマッサージ」。

私は50才でバツイチ独身です。独身になって4年になります。
普段は仕事が忙しく、なかなか休みがとれないんですが、たまたま色々な事が重なり平日ですが三連休をとる事ができた時の話しです。

今まで一人で温泉なんて行った事がなかったのですが、余りにも疲れが溜まっていたのとストレスも溜まっていたので「のんびりと一人で温泉でも」と思い、とある温泉地の旅館を予約しました。

当日の昼過ぎに温泉地に着き、温泉街を散策して回ると…旅館はいくつもありましたが、他には飲み屋や焼肉屋が数件あるだけで『廃れた感』がありました。
私も男なので風俗店も探してみたのですが…全く見当たらず…
「平日ってのもあったやろうけど、これじゃあすんなり予約できたはずやなぁ」と思いました。
風俗の方は「バイアグラも持って来たけど…まぁ、仕方ないな…」と諦め、純粋に疲れを癒す事にしました。

旅館では
風呂は露天風呂もあり、それなり。料理も美味しかったのでそれなりに充実し楽しめました。後は風俗だけだったのに…と少し残念な部分はありましたが。

22時ぐらいになり、それまで酒をちびちび飲みながらテレビを観てるとテレビ台の所に旅館の紹介冊子があり、目を通すと『マッサージ』とありました。
時間は23時までとあったのでフロントに電話して頼む事にしました。
まぁ、ちょっとエロい期待をしながらですが。

「マッサージ師は男かなぁ、女かなぁ」と思いながら待つ事30分。「失礼しまーす」と女性の声に「お♪」と一瞬テンションが上がりましたが「どうぞ」と返事して入ってきた女性を見てすぐにテンションは下がりました。
マッサージ師で思い浮かぶ通りの白い服でズボン、デブとまではいかないですがぽっちゃりで、まぁ胸はぽっちゃりなだけあって大きめ、顔は…普通(何を基準に普通かは…)強いて言うと唇がプクッとしていて、その部分だけは可愛い…かな…
歳はマッサージ中に聞いたら41才で名前はみすずさんとの事した。

完全にエロい期待をするのは諦めてマッサージしてもらいました。
うつ伏せで世間話しをしながらマッサージを受けると、これがすごく気持ち良く、ウトウトしてました。
首→肩→背中→腰とマッサージを進めた後、「ちょっと失礼しますね」と浴衣の裾を尻辺りまで捲り、尻を左右から指圧され、これがまた気持ち良かったです。
その内、太ももを揉み始め、本当に気持ち良くウトウトしていると「ん?」と気づきました。
内ももを揉みながらやたらと袋をチョンチョンと触るような揉み方を感じたんです。
私は気づかないふりをして寝たふりをしていると、チョンチョンがスーッと縫い目をなぞるような動きも加わりました。
変な気分になってきましたが「この人とは無理やろ」と冷静にみすずさんを思い出し気持ちを落ち着けようとしましたが…勃起してしまいました。
と、その時「はい、じゃあ仰向けになってください」と言われドキッとしました。
「あ、いや、ちょーっと待って…」と言うと「あ、勃っちゃいましたか?大丈夫ですよ~男性の方は大体そうなっちゃいますから」と明るい声で言われ「お客さんみたいに疲れが溜まってる男性は特になるんですよ」とも言われ「じゃあ…すみません…」とギンギンに勃起したまま仰向けになりました。
すると「あ、すごい…パンパンですね」と言われ私はみすずさんの顔を見る事ができませんでした。

仰向けになると頭からマッサージが始まりました。鼻と口を開けた状態でタオルを頭メインで巻かれ指圧。普通に気持ち良く、それからタオルを巻いたまま首や肩や胸元を指圧してくれ本当に気持ち良く、いつの間にか勃起も収まりました。
勃起が収まりホッとしてまたウトウト。するとまた「ん?」と気づくと…やたらと乳首ら辺を指で刺激してきました。
私は乳首が敏感で…例えばエッチで射精が終わったすぐでも乳首を弄られるとすぐに勃起するぐらい乳首が敏感なんです。

「絶対にわざとやってる」と思い、ちょっと仕掛けてみました。
わざと「はぁ…はぁ…」と少し息を荒くしてみると、乳首を刺激する頻度が増えました。
そして「みすずさん…そんな事されたら興奮しちゃうよ…」と言いながら勃起した肉棒をわざとビクンビクンさせました。
すると「本当に疲れが溜まってるんですね」と言われた瞬間、我慢できなくなり私は起き上がるとみすずさんにキスしました。

みすずさんは「ダメです!」と私を突き離しましたが、私は立ち上がり浴衣を脱ぐと勃起してブリーフがパンパンにテント張ってるのをみすずさんの顔の前に持っていき「みすずさんがエッチな事するからこんなになったんやろ…お願いやから…手でいいから抜いてくれない?」と頼み込みました。
すると「手だけですよ…」そう言うとみすずさんはブリーフの上から肉棒を擦りました。

我慢に我慢してたからか擦られる度に肉棒はビクンと反応し「すごい…ビクンビクンしてる…」とみすずさんは今度は肉棒を握りました。
私は肉棒を握られているのも構わずブリーフを脱ぎ、そして再び腰を突き出し「はぁ…直に扱いて…」すぐにみすずさんは肉棒を握るとゆっくり扱き始めました。
見ると肉棒の先からはガマン汁が溢れていていました。

「みすずさん…乳首舐めながら扱いて…」そう言うと拒否されるかと思いましたが「はい…」と立ち上がり乳首をチロチロと舐めながらゆっくりゆっくり肉棒を扱いてくれました。
みすずさんを見ると襟元から巨乳の谷間が見え、思わず服の上から触ると「ダメです!」と拒否されました。
「みすずさんには何もしないからフェラしてくれない?」そう言うと「さんな事できません」と言うので「乳首舐めながらチンポ扱くのも十分そんな事やと思うけど」と訳の解らない説明をしました。

しばらく考えたみすずさんは「解りました…絶対にお客さんからは何もしないと約束ですよ」そう言うと仁王立ちしている私の前にしゃがむとフェラしてくれました。
プクッとした肉厚の唇が肉棒を加えてる顔はとてもエロく、いつの間にかみすずさんの動きに合わせ腰を振ってました。
そして「マジ?」と思ったのは…みすずさんはフェラをしながら自分の股間をズボンの上から弄ってたんです。
その状況に私の興奮は一気に高まり「ダメや!みすずさん!逝きそうや!出すよ!逝くよ!」とみすずさんの口の中に大量のザーメンを吐き出しました。

すごい射精感で肉棒の中を勢い良くザーメンが流れるのを感じたぐらいでした。
みすずさんは肉棒から口を離そうとしましたが、射精が終わるまでみすずさんの頭を押さえてました。
射精が終わり口から肉棒を抜くと、みすずさんは口を手で押さえながらトイレに駆け込みました。
トイレを流す音が聞こえ、口を濯ぐ音が聞こえるとみすずさんは戻ってきました。

私は気持ちいい射精感と脱力感で「はぁ…はぁ…」しながら布団の上で大の字になってました。
私は「みすずさん…ありがとう…すっごく気持ち良かった…」と顔だけみすずさんの方を向き言うと「お客さん、すごい量でびっくりしました…」と。
「みすずさんさぁ、フェラしながらオマンコ弄ってたでしょ?」そう言うとみすずさんは顔を真っ赤にして何も言いませんでした。
すぐに「みすずさん本当はエッチしたかったんやろ?」と畳みかけるとコクンと頷き「でも、そんな事は自分から言えないし、言われても簡単にOKできないし…」と言うので「じゃあしつこく頼んだらやらせてくれてたんや」と聞くと「さぁ…どうでしょう…」と曖昧な返事。

「じゃあ…みすずさん、エッチしようよ」黙るみすずさんに「だってみすずさんのオマンコはもうヌレヌレやろ?」「ね?エッチしよ!」
と押しまくると「ここまで来たら…やっちゃいますか」と今までとガラッと違った感じの返事でした。ラッキーです♪

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1357記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。