キャバ嬢の同級生をストーカーから強制的に守らされて脱童貞

ぴゅあらば

相手は同じ大学一年生の人なんだけど、二浪して入ってきた人でキャバで働いてます。最初は居酒屋のバイトって言ってたけど、後からキャバで働いてることをぶっちゃけてくれました。

身長は高くもなく低くもない感じでちょっとギャルっぽいです。ストーカーから助けたら●ックスって流れになりました。最近まで金髪だったんだけど黒に染めなおしたらしいです。今日はそれを見せてもらいに会いに行きました。

その子とは同じ基礎ゼミに入っていて、同じ班で作業する内に格闘技の話でもりあがりました。
女「私五味隆典めちゃくちゃ好き!マジでかっこいい!俺君は誰が好きなの?」
俺「BJペン」
女「誰それ?」
携帯を開いて画像見せたら「せんと君じゃん」って言われました

今のMMAってどうしても「パウンドフォーパウンドになるなら長いリーチを」って話になるなか、bjは本当にロマンがありますよね ライト級の選手なのに無差別志向だし、勝ち方もエグいし 格闘技の話で盛り上がる内に、俺がアマ総合格闘技の関東大会に高校の頃からちょくちょく出てることを話しました

女「俺君って強いの?」
俺「弱いよ。判定でしか勝ったことないし」
女「でも普通のやつよりは強いんでしょ」
俺「分かんない」

キレられました なんかキレ方がヒステリックだったのでちょこっと話を聞いてみたら、ストーカーに付きまとわれているとのこと。俺にどうしろと。お客さんの中にストーカーがいるらしいのですが、そういうのって店とか警察がなんとかしてくれるんじゃないの?って思ってたんで俺はちょっと・・って感じで話を聞いてました。

被害の詳細
オートロックのマンションに住んでるんだけど、郵便受けの中に精子付きのティッシュが入ってたり、朝方帰宅するときに付きまとわれたり。警察にも相談したし、監視カメラにも映像が残ってるんだけど、おっきいマスクで顔は特定できないし、警察さんもあんまり動いてくれない様子。

本人曰く、キャバ嬢だから見下されて真剣に対処してもらっていないとのこと。なんだか可哀想だったのと、やっぱり下心っぽいのもあって、それから相談にだけは乗るようにしました。警察にもっと詳しく言った方がいいよ、みたいなことしか言えなかったけど。

それからちょくちょく、朝の三時くらいに電話掛かってきて「インターフォンで変なこと言われてる。怖い。助けて」って言われるようになりました。俺だって怖いから「通勤ラッシュの時間帯になるまで家から出ない方がいいよ」って言って放っておいたけど。

その子と俺の詳細なスペック
女の子 大学一年二浪金髪ショート(今は黒髪) 結構かわいくて細いんだけど、胸は結構あります。Cカップって言われたんだけど、俺にはすごく大きく見えました。服の上からじゃ全然分からなかったけど。

俺181/70 フツメンだと思いたい。大学一年生の田舎者。こっちに来てから初めて新宿に行ったけどおしっこ漏らしそうになりました。

四限のゼミが休校になって早めに帰れる感じになって、俺は男しかいないオタ系のサークルでのんびりとバイオハザード5をやってました。先輩と一緒にウェスカーと闘ってる最中、もの凄いいきおいで電話。シェバが死にました。

先輩「死ね」
俺「すいません、ちょっと電話行ってきます」
女「遅いよマジで」
俺「はい」
女「はいじゃないから」
俺「はい」
女「まあいいわ。今日暇?っていうか用事とかある?」
俺「今先輩とゲームを」
女「は?そんなの別にいいじゃん」
俺「はい」
女「今日うちに来てよ」
俺「え?」
女「ストーカーやっつけてよ」
俺「えー」
女「なんのために格闘技やってんの?」
そんなこと言われても
俺「でも家の場所分からないし」
女「今大学でしょ?私もいるから五号館で待ち合わせ」
俺「え?そのまま行くの?」
女「そうだよ?悪い?」
俺「えー」
女「なに?なんなの?」
俺「まずはお風呂に入りたいです」
なんだか爆笑されました

なに勘違いしてんの?とか言われまくったけど、別にそういうつもりじゃないし。
俺「あの」
女「は?なに?」
俺「駅とかで待ち合わせじゃ駄目かな?一旦家に戻りたい。洗濯物干しっ放しだし」
女「逃げる気?」
俺「いや本当にそういうんじゃなくて。本当に行きますからお願いします」
女「分かった。絶対来てよ」
俺「はい」
女「それとさ」
俺「はい?」
女「待ってる間に襲われたら全部俺君のせいだから」
俺「・・・・。」

ブツッ ストーカーとか、もうそういうの全部ひっくるめて、知らねーよって
そのあと先輩に謝りながら急いで帰宅して、洗濯物を取り込んで、お風呂に入って、ファブリーズぶっ掛けた服に着替えました。一応ノースフェイスのジャンパーとジーパンっていう、極力動きやすい格好に着替えたんだけど「あー、この服装ってストーカー対策かー」って考え出したら
「俺ストーカーと戦うのかなー」
↓ 「ストーカー武器とか持ってたらどうしよう」
↓ 「ストーカーに刺されたらどうしよう」
↓ 「死んだらどうしよう」
↓ 「あーもー、俺死んだwww」 って風に考えが巡って、もう泣き出したくなりました

とりあえず、二人で並んでその子の借りてきたDVDを見ることに。ショーシャンクの空に、toy story3、アヒルと鴨のコインロッカーがあって、まずはtoy story3を観ました。俺は一度見たことがあったんだけど、その子は初めてみたいで、エンディングロールの最中にちょっと泣いてました。

俺「大丈夫?」
女「うるせーよ!泣いてねーよ!」

なんか思い出したら腹が立ってきた 相手の子=ビッチにします。
待ち合わせの時間通りに駅に着いたのに、ビッチは10分遅れ なんだかすごく言いたいことがあったんだけど言い出せないままビッチ家へ。駅からはそんなに離れてもいないし、俺の住んでるボロアパートと比べると凄く立派な場所でした。

なんか階段の壁がつやつやして輝いてたし 1DKのそこそこ広い間取りで、部屋にものは少なかった気がします。大きめのベッドとテレビ、ガラスの机と小さい本棚が一つあってそこにマンガと教科書が綺麗に並べられてました。観終わったら急にお腹が空きました

俺「お腹空かない?」
女「空かない」
俺「そう」
女「なんか食べたいの?」
俺「うん」
女「そう言えよwww」
とりあえず二人でマックに行くことに

持ち帰りでその子はテリヤキバーガーのセットを、俺はハンバーガー10個と自販機でコーラを二本
女「今日は私のおごりだ。支払いは任せろ」
なんかカッコイイなあ、と思ってしまいました デカイ袋に二人分の飯を入れて家に帰り、さっそく次のDVDをみることに。アヒルと鴨のコインロッカーという邦画で、俺は初めてでしたって言っても、俺はその映画をあんまり観れなかったんですよね。なんか序盤でブータン人が出てくるシーンでストーカーが現れまして

インターフォンの呼び出し音が鳴って、その子の肩が少しだけびくっとしました
女「ちょっと一時停止ねー」
俺「はーい」
女「はいもしもし」

女「え?」

女「俺君ちょっとこっち来て」
呼ばれるままに受話器の側へ 受話器受け取る
俺「え?俺が出ていいの?」
女「お願い」 女の子は分かりやすいくらい顔面蒼白でちょっと噴き出しそうになりました

俺「はい、代わりました」
ス「あ?テメーなんだよコラ!○○(女の子の下の名前、源氏名にそのまま使ってたらしいです)の男か?あ?」
俺「あ、いえ、あの、大学の、あの、友達で」
ス「あ?友達?ふざけんなよコラ!おい!テメー彼氏でもねーのに女の部屋に入っていいと思ってんのかよ!あ?常識ねーんじゃねーのか?」

ス「もういいよテメー降りてこいよこの野郎」
俺「あの、落ち着いてください」
ス「うっせーんだよこのボケ!降りて来いよ○すぞ!降りてこねーならここごと焼くぞ!火つけんぞこの野郎!」

もうガクブル 二人の男女が広い部屋でポツンと立ってガクブル 思い出してみたら中々シュールな光景だったかと

俺「分かりました。今すぐ行きますので火はつけないで下さいお願いします」
ス「うるせーんだよ早くしろよ!」
ブツッ

俺「あの、」
女「はい」
俺「とりあえず言ってくるので、警察お願いします」
女「はい」

女「俺君」
俺「はい」
女「119番だったっけ?」

駄目だこの女、早くなんとかしないと
階段を降りながら俺はRobbie WilliamsのLet Me Entertain Youを口ずさんでました れーっみーえんたていにゅっ れーっみーえんたていにゅーっ 外に出ると少し小さなシルエットが 暗いからよく見えなかったけど、とりあえず彼に前髪はありませんでした。前髪も頭頂部の毛もないのに何故かロン毛でした。ロン毛で禿で小太りのチビな方でした。

ス「おめーマジでざけんなよコラ」
俺「はあ、すいません」
ス「今日は○○ちゃんは俺に任せてテメーは帰れ、な?」
俺「あの、それはちょっと・・・・」
ス「ふざけんなコラ!なんでだよコラ!」
俺「だって、ストーカーですよね?」
ス「違うよ馬鹿野郎なに勘違いしてんだよ!」
俺「でも精子つきのティッシュとかポストに入れたりしてますよね?」
ス「うっ」
あれ?なんかかわいい
ス「うっせーんだよテメーに関係ねーだろ」

ストーカーさんが右手ぶん回しながら急接近してきました。何回か殴られたけど全然痛くなかったので、腰にをガッチリホールドして押し倒して、地面に押さえつけました。

ス「ざっけんなよこの野郎!これだから最近の若いのはよ!俺らの時代はこれぐらいが普通だったんだよ!勘違いしてんじゃねーぞ!」
なんでストーカーに説教されてたのかなーって考えると、やっぱり少し頭にきます しばらくして警察の方が来てストーカーさん連行。俺と女ちゃんも署で事情を話すことに。まあ事情もなにもないんでここら辺は割愛しますが、お茶菓子で俺の地元のお土産がでてきた時は少しびっくりしました。

要はストーカーは捕まったけど女ちゃんはまだ怖がっていて、大学の帰りを送り迎えしたりしてました。そんなある日の●ックスです。

俺「それじゃあ」
女「ちょっと待って」
俺「はい」
女「今日はうちに泊まりなよ」
俺「じゃあお着替え持ってきていい?」
女「そのままでいいじゃん。どうせずっと裸だよ。俺君がよかったらだけど」

多分聞き間違いなんだろうなーって、そのくらい心臓がバクバクしました。よくわからないまま女ちゃんの部屋へ。二人とも口数は少なかったような。でもあんまり覚えてません。

二人で部屋に入って、しばしの沈黙 突然、女ちゃんが抱きついてきました。息遣いがすごく荒くて、Tシャツごしに息のあったかさが伝わってきてすごくくすぐったかったです。

女「ねえ?しよ?」
俺無言、女ちゃんはハァハァ 試しに腰に手を伸ばして抱きしめてみました。すごい すごく細い。女の人すごい。

女「いいよね?いいよね?」
女ちゃんはすごく興奮してました。犬みたいにハァハァ言ってました。
俺「お風呂入りたい。お風呂入らせて」
女ちゃん爆笑 気付くと、感覚が麻痺しそうなくらい息子がいきりたってました。

女ちゃんは俺のほっぺたに軽くキスして、それから怒涛の勢いで服を脱ぎました あれ?僕がAVで観たのと違うよ?もっと焦らされるもんなんじゃないの?あれ? 戸惑ってる間に女ちゃんスッポンポン。

おっぱいは大きいし(本人曰く、Cカップなんて別に普通)、乳首は淡い色をしていたし、下の毛も薄くて、なんだか外人さんの裸みたいでした。女ちゃんは唖然として座ってる俺の顔を両腕とおっぱいで優しく抱きしめました。

女「俺君も早く脱いで」
女「すごい体だね。こういうの好き」
女ちゃんは俺の体をぎゅーって抱きしめながらそう言いました。正直格闘技やってる人間の中では相当細いんだけど、なんだか褒めてもらえて嬉しかったです。

女ちゃんは体をすりすりさせながら俺の胸とか首元とかにいっぱいキスしました。上は簡単に脱げるけど下はちょっと恥ずかしい

俺「じゃあ先にお風呂入ってくるからちょっと待ってて」
女「裸のまま待ってろっての?風邪ひくわwww一緒にはいろw結構広いんだよ」
すごく恥ずかしかったけど、頑張って脱ぎました
女ちゃん何故か爆笑

女「なにそれwwwながっwwww」
俺「・・・・・やっぱ変かな」
女「褒めたんだよwww」

どうしようすごく恥ずかしい とりあえず温水器のスイッチを入れて二人で浴室に 確かに俺のアパートのよりは広いけどやっぱり二人だと狭かったです 二人でシャワーを浴びながらお湯が溜まるのを待ちました

女ちゃんは躊躇なく俺の息子を握りました
女「かたっwwwもしかして童貞?www」
俺「・・・・はい」
女「え?」
俺「はい」

女ちゃん少し気まずそう やっぱり童貞って嫌われるのかなーって少し悲しくなりました
女「私で大丈夫?初めてもらっちゃっていいの?」
女ちゃん、息子から手を放す様子はないけど、声のトーンが少しだけ下がりました
女「ねえ大丈夫?」
スリスリ
俺「・・・・・はい」
女「よう言ったwwwww」
もうおっさんじゃんこの子

女「ね、キスしよ?でぃーーーぷなやつ」
俺「うん」
女ちゃんの身長に合わせてちょっとだけ屈んでキスしました 息が出来ないくらい苦しかったけどすごく気持ちよかったなー。多分キスが一番気持ちよかったです。女ちゃんはキスをしている間も息子をしこしこしていたので、俺も胸を触ってみました。

前からだと若干触りづらいんですが、それでも頑張ってもみました。女ちゃんは急に息子を強くしごきだしました。駄目だ我慢できね

俺「ごめん、ちょっと待って出そう」
女「お?まあまあ出しちゃいなよwwさあさあ、よいではないかよいではないかww」
女「量すっごwwオナニーしろよ大学生ww」
オナニーで出すときと違って、尿道の奥の方が少し痛かったです。女ちゃんは息子をすりすりしながら、亀頭に残った精子をシャワーで洗い流してくれました。ちょっとだけフェラ期待してたんだけどなー

俺「ねえ」
女「んー?」
俺「おっぱい揉んでいい?」
女「いいに決まってるじゃん?いちいち聞かなくていいよww」

前からでは触りづらかったので今度は後ろから手を回して触ってみました
手から若干はみ出るくらいの大きさで、俺は少し感動してました 使ってるマウスパットよりも少し柔らかいくらいで、シャワーのせいか表面がすべすべしてました 色は乳輪の色はすごく薄くて、境目がかなりぼんやりしてました

俺は乳首をつまんで引っ張ってみました。女ちゃんは小さな声であっと漏らしましたが、そのあと少しだけ笑いました
女「それどこで覚えた?w」
俺「多分、AVとかで」
女「間違ってるよそれwwちょっと痛いww」
女ちゃんは俺の手を軽くとり、それから人差し指を握りました 俺の人差し指が女ちゃんに支配されてる感じです

女「こうだよ、こう」
そう言いながら、女ちゃんは俺の人差し指で乳輪の周りを円を描くようになでさせました
女「こうするとね、濡れるんだよw触ってみる?」
俺「今はおっぱいで」
女「そっかそっかwwww」

女ちゃんは手を放し、今度は俺一人で撫でてみました すべすべきもちいー
女「今度は乳首さわってみて。指で、そう擦る感じ」 言われた通り、乳首を指の腹で擦ってみました あれ?さっきよりも結構硬い 感じてくれてるのかなーって思うとなんだかとても嬉しくて、息子はまたぎんぎんに復活してました

女「あっ・・・・・いい・・・・・」
しばらくそうしてました だって触ってるだけですごくきもちいんだもん
女「なめてみる?」
俺「・・・・え?いいの?」
女「だからいいにきまってるじゃん?wwあ、さっきと一緒だよ。指と同じ動きを舌でもね」

そうは言われたものの辛抱たまらん 思いっきり吸いついちゃいました
女「こらwwwちょっとwwwバカ!もう痛いって!」
俺「(´・ω・`)」
女「ほれ、もう一回」

今度は舌でゆっくりと乳輪の周りを舐めました
女「そうそうwいい子いい子」
女ちゃんは俺の頭を抱えて、それで時々頭を撫でてくれました ある程度舐めたので、今度は乳首を吸いながら舌先でコロコロ
女「あっ、いい・・・」
しばらくそのまま吸ってたら急に女ちゃんが俺の頭をつよく抱きしめました
女「うん、愛を感じたよw合格、褒美をとらす」
このおっさんっぽいノリだけどうにかして欲しい

女ちゃんは腰を下ろし、俺の息子を握りました。女ちゃんは俺の息子をまずは舐め始めました 亀頭の先っちょをペロペロした後に、竿をペローーって感じで、それを二回くらい繰り返したあとにパクッって感じでした 暖かいし、息も出来ないくらい気持ちよかったけど、なんか精子が出るって感じではなかったです。

女ちゃんは五分か十分くらいで「つかれた。やっぱ二発目はきつい?」みたいな感じで聞いてきました いや、そんなの童貞に聞かれても分かんないので
俺「今度は俺にも舐めさせて」
女「いいよ、ほら」
女ちゃんは股を大きく開きました 赤貝さんこんにちは グロイグロイってネットで聞いてたけど、そんなにグロくはなかったし、多分初めて見る赤貝さんだからそんなこと考える余裕なんてありませんでした

あれ?舐めづらい これ相当顔を下におかないと舐められない・・・・ 俺が手間取ってるのを見ると女ちゃんは少しだけ体勢を変えて、俺が舐めやすい位置に赤貝さんを持ってきてくれました 赤貝さんを好き勝手に舐めてただけだけど、女ちゃんは声を漏らしていたので、やっぱり嬉しかったです 感じて貰えてるって分かると嬉しいし、今までの流れで女ちゃんははっきり物を言いすぎる人だってのが分かってたので、どこか安心してました

安心して舐めてました そのまま舐めてたら、今度は女ちゃんが両手の人差し指と中指で赤貝さんの上の方を抑えながらひっぱりました
女「こっちも舐めて。もっと気持ちよくなれるから」
ク●トリスさんこんにちは 舐めてみましたが、あんまり感触は分からなかったです それでも女ちゃんはさっきより気持ち良さそうにしてました 嬉しい

ク●トリスだけを舐めてたら、急に女ちゃんがびくっんってなってびっくりしました なんか上半身ごと軽くはねて反る感じだったので
俺「お?」
女「・・・・ふう。マジかー、ちょっとイっちゃった」

女「もうそろそろいいかな?」
女ちゃんがそう言って足ガクガクのまま立ち上がりました シャワーを止めて浴槽を見ると、お湯が結構はっていました 女ちゃんは俺をまたぎゅーって抱きしめてくれました 言えなかったけど、なんだか口の中にサキイカ食べたときの残り筋みたいな感触があったのでちょっと引っ張ってとってみたら毛でした あー、って思ったけど少し面白かったです

女「あ、ちょっと待って。ゴムゴム」
女ちゃんはフラフラしながら、しかもビッショビショのままで風呂場から出て、そしてゴムをパックごと持ってきました

ゴムを浴槽の端において、二人で湯船に お湯がいっぱいこぼれました 浴槽の中で女ちゃんは向かいあう感じでまたぎゅーって抱きしめてくれました

女「スタンダップ!」
俺「はい」
立ち上がると女ちゃんは早速ゴムをつけてくれました。なんか小さい袋の部分を片手でおさえながら、リングの部分をもう一方の手でコロコロ転がす感じで
女「きつくない?」
俺「大丈夫」
女「そっか、でも次はもっと大きめの容易するね。サイズが小さいやつはあんまり気持ちよくならないんだって」

再び二人で浴槽につかり、女ちゃんは俺の竿をぎゅっっと握りました。ちょっと痛い 女ちゃんはそのままゆっくりと腰をおろしました ぬーーって感じで、段々圧迫感を感じました あ、俺今女ちゃんとつながってんだなーって考えたら、それが非現実的すぎて、お湯の中にいるのにすごく寒くて、少し、っていうか結構震えました。かっこわるかったけど、中々止まらないんですよ、震え

女「どうですか?」
俺「暖かくて嬉しいです」
女「そうですかww」
女「少しこのままね。久しぶりでちょっとヤバイから」

挿入したまま何分くらいかは二人で話してました 自分の息子が入ってる人と、こんな風に話すってちょっと現実離れしすぎていて、でも何だかそういうのにも馴れ初めてきました 話した内容ってのが、ストーカーの件だとか、五味さんって彼女いるのかなーとか、青木叩かれすぎて可哀想だよねー、とかほとんど雑談っぽい感じでした。

話が一段落すると、最初のときみたいに女ちゃんはハァハァしだして、それからゆっくり腰を動かし始めました。やっぱりゴムのせいなのかな、圧迫感はすごくあったけど、刺激はあんまりなくて、手とか口でしてもらったときの方が刺激は強かったです。で、想像してたのとちがうなー、って油断してるうちに、急に快感がざわざわってやってきて、俺は女ちゃんをぎゅって抱きしめました。出ちゃった・・・

この後、二回くらい復活して、二人で体あらいっこして、冬季ゼミの集まりサボって暖房効いた部屋のベッドで寝転がりながら素っ裸で二日くらい引きこもってたんですが、詳しく書いた方がいいですかね?

服は洗濯してました 外に干してたら一日で乾いたので、それを取り込んでもらって着て帰り支度
俺「それじゃあ」
女「はい?」
俺「そろそろカレーが腐っていると思うので」
女「もうちょっとゆっくりしていきなよー」
俺「すぐに戻ってくるので」
女「すぐだぞ!本当にすぐだぞ!」

彼氏彼女かどうかは分からないけど、引きこもってる間、
女「好き。すんごい好き」
女「俺君も好きって言って」
女「だーりん」
女「いいからちんこ出せ」 って感じなのできっと愛してもらえてるはず

  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1007記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。