エッチ体験談 13,000話 突破!!

7歳年上の妻はアナルサド

年下夫さんから投稿頂いた「7歳年上の妻はアナルサド」。

私が20歳の時、久保純子さんに似た27歳のとても可愛い女性と初体験をしました。
そして、彼女にすっかり下半身を支配され、ペニスを苛められ、アナルを開発され、エネマグラでトコロテンをしてしまうほどに調教されて、私23歳、彼女30歳d結婚しました。

現在、結婚14年ですが、もう、私はアナルでイク変態になっています。

平日はノーマルなセックスで、可愛いい年上妻を喘がせますが、土曜の夜は、私は身体を拘束されて、ペニスを紐で縛られた惨めな開脚でアナルを責められます。
縛られた哀れなペニスの亀頭を化粧筆で撫で撫でされるとゾワゾワする快感に襲われ、ツンツンされるとチクチクする快感に震えます。
大学時代にアナルを開発された当初は痛かったのですが、いるしか快感になり、子供が生まれる時にセックス禁止になって、毎日アナルを責められているうち、アナルでイケるようになりました。
妻は、男が悶える様子がたまらなく好きなようです。

先週の土曜の夜も、妻にペニスとアナルを責められました。
40代とは思えない可愛い顔をした妻が、不敵な笑いを浮かべて、ローションを用意してやる気マンマンでした。
アナルにエネマグラをゆっくりと出し入れされると、前立腺が刺激されるのとアナルの入り口が拡げられるのとで、気が遠くなるような快感を得られます。
身体を拘束されているので、もう、されるがままで、やがて縛られているペニスがビクついて、ドロドロとトコロテン状態で射精してしまいます。
あまりにも気持ち良すぎて、もう止めて欲しいと言っても妻は続けるので、その後、射精しなくても空砲でイクことを繰り返し、気を失ってしまいます。
これは、妻が長年かけて根気よくエネマグラでアナルを調教していった賜物です。
私が目を覚ますまで、妻は休んでいますが、私が目を覚ますと再びエネマグラで前立腺を刺激して、今度はそのエネマグラを電マで振動させるので、ガクガク痙攣しながらイカされつづけ、やがてペニスから精液とはまた異なる液体がピュルルと噴き出して、再び気を失うのです。
7歳年上の妻は、そんな私を可愛い可愛いと言っています。
妻曰く、年下の男を虐める快感がたまらないそうで、女側が快楽をコントロールして男を悶絶させるのが気持ちいいそうです。
妻は、全く身体を弄られていないのに、興奮して気持ちいいそうです。

1 COMMENT

匿名

エネマグラはドライもイケる小道具です。
奥様にしてもらえるなんて羨ましい限りです。

返信する

コメントを残す