エッチ体験談 13,000話 突破!!

晩御飯は無かったがオカズになった妹

正さんから投稿頂いた「晩御飯は無かったがオカズになった妹」。

俺は21歳で大学生
この前帰宅したら姪っ子の茜ちゃんが来ていた
茜ちゃんはQ歳でツインテの可愛い子。妹の清香(19)に懐いていて、来る度に二人は一緒に遊んでいる

この時も二人はじゃれあっていた
「茜ちゃん来てたのか、オバさんは?」
「母さんとどこかに行ったよ」
ふーん?じゃしばらく帰ってこないな
オバさんと母さんは二人で出掛けたらそのままお泊まりで遊びにいくのもざらにある
俺は今日の晩御飯をどうするかに興味が移っていた
それから2時間くらいで自分の部屋から出て1階に降りていくと清香と茜ちゃんが身を寄せあったまま並んで寝ていた
茜ちゃんのスカートが少しめくれて下半分が見えていた
俺はちゃんとスカートをめくって丸出しにして眺めた
うん、やっぱり俺はロリコンじゃないな、なんとも思わない
ひとりでウンウンうなずきながら今度は清香のスカートをめくった
薄いピンクのパンツが丸見えになる
ブラもお揃いにしてるのかな?と思い、上のシャツをめくり上げたらノーブラだった
俺好みの大きさで形のいい美乳が見えた
俺はすぐにスマホで撮影した
オッパイ丸出しになってるのにグースカ眠っている清香
俺は清香のパンツをおろしてアソコも露出させた
陰毛をかけ分け、指でまんこを開くとピンク色の綺麗な中が見える
もちろんそれも撮影
俺はチンコを出してたっぷり鑑賞しながらオナニー
精子を清香の太ももにぶっかけて部屋に戻った
しばらくして怒り狂った清香が俺の部屋のドアをガンガン蹴りながら怒鳴ってくる
「うるせーなーなんだよ何の用?」
俺が部屋のドアを開けたら清香が掴みかかってきた
「よくも私にあんなこと!殺してやる!」
「あー、いいオカズできたわ、なに?今度は本番行く?」
俺がバッチリ動画で撮影したのを見せると、清香は怒りをぐっとこらえて、「するか!死ね!くたばれ!」
と凄い足音を立てて戻っていった
もちろんその日から清香は口もきかない
完全無視を決め込むので、時々まんこくぱぁ画像をLINEで送ってやると部屋の壁がドン!と大きな音を立てるので面白い

2 COMMENTS

坂本金髪

仲のよろしいご兄妹で羨ましい限りですね!
次のステップは素直になれない妹さんの為にも、お兄様がモロ肌脱いであげなくてはいけませんよ!
吉報お待ちしております!

返信する

コメントを残す