エッチ体験談 13,000話 突破!!

私は処女から変態マゾに仕込まれた性奴妻です

M妻さんから投稿頂いた「私は処女から変態マゾに仕込まれた性奴妻です」。

東京で大学一年の時、バイト先で知り合ったイケメンの彼に処女をあげました。
執拗なクンニリングスで、クリトリスでイクことを教えられました。

その後、丁寧に開発してくれた彼は、大学二年生の終わりころには、中でイク事が出来るようになりました。
私のアソコのザラザラした所に、彼のペニスの段差が引っかかる感じになって、やがて体が宙に浮くんです。
私の身体をオンナにしてくれたのは、彼です。

大学三年の時、初めて縛られました。
Mっ気がある私の性質に気づき、心と体のバランスを上手に責められました。
ベッドに大の字に縛られ、クリトリスを吸い出され、アソコの中とクリトリスを同時に刺激するアタッチメントが付いた電マで、何度も何度もイカされて気絶させられました。

ご奉仕も仕込まれ、ずっとフェラチオしていたいなんて思うようになりました。
やがてアナルも丁寧に開発され、大きいアナルボールを出し入れされて、アナルでもイクようになりました。
でも、アナルはアナルボールが抜かれるときにだけ、イクことができます。

そして、彼の前でオナニーショーをさせられました。
羞恥に耐えきれず潮を噴く始末で、大学四年生の時には、二穴オナニーまでしました。
「あああ~~どっちの穴で感じてるかわかんないよ~~」
なんて、嫁入り前の若い娘が言ってました。
マゾの悦びを教えてくれた彼でした。

でも、私は大学を卒業したら実家に戻る約束でしたので、彼と別れました。
暫くはマゾの魔法が解けなくて、私の体を彼がずっと支配していました。
夫に会うまでは・・・
夫も私のマゾ性に気づき、色々仕掛けてきました。

小さなアナルボールを痛がらずに呑み込み、感じるさまを見て、
「お前・・・可愛い純情顔して、調教されてただろ?」
と見抜かれました。
夫の縛りは、ベッドに大の字ではなく、赤いロープでM時開脚です。

今年結婚して10年、私は36歳、音は39歳です。
私は、夫婦の部屋の奥部屋がSM部屋に改造してある夫の実家に新婚時代から入りました。
平日はノーマルな営みですが、土曜の夜は、両乳首とクリトリスにぶら下がるピアスを責められ、悶絶しながら潮を噴いています。
意識がもうろうとするほど恥辱の責めを受け、気絶するまで終わらないのです。
恥ずかしくみっともない姿を夫にさらし、惨めな喘ぎを披露しています。

1 COMMENT

コメントを残す