エッチ体験談 13,000話 突破!!

ターゲットは友の嫁でした

痴漢好きさんから投稿頂いた「ターゲットは友の嫁でした」。

今までに電車で痴漢する事二年半、一度も捕まった事がありません。
時には痴漢した相手が絶頂してしまい、そのままホテルに誘われたことも数回あります。
本日はそんな痴漢ライフの中でも一番衝撃的で楽しかったお話です。

いつもの電車に乗り込みターゲットを物色。斜め後ろ姿がエロい美人を発見し、そのすぐ後ろにスタンバイ。
そこそこ混みあってたので電車の揺れに合わせて何度かお尻をタッチ。
黙って俯くだけで他の反応無し。
これは当たりの相手だと確信します。
イイ感じに押されて密着出来たので大胆にお尻を触りました。
張りがあって良いお尻です。
膝丈のタイトスカートなのもポイント高いですね。
散々お尻を撫でまわしたらスカートをたくし上げて股間に手を伸ばします。
シットリと下着が濡れてました。
痴漢されて濡れるとか変態さん確定です。
マンコの割れ目に沿って指を這わせて捏ね回します。
小さな吐息が漏れるのを聞きました。
ここでアレっ?っと思います。
何処かで聞いた事あるな~なんて窓に映った顔を見たら、なんと友人の奥さんでした!
慌てて顔を反らして見られないようにして痴漢続行。
下着に中に手を入れるが抵抗はしない。
これは相当欲求不満だな?と嬉しくなり、テクニックを総動員してマンコを愛撫します。
もうグチョグチョになるまで弄りまわし、手も下着もビッショリです。
役に立たない下着は要らないだろうと太腿の中ほどまで脱がします。
ここまでやるのは初めてでしたが、奥さんは大人しくされるがままになってくれてます。
チンコを出して尻ズリした後で太腿の間に挟んでマンコに擦り付けました。
気のせいか、奥さんの方も腰を動かしてるように思います。
電車の揺れでそう感じただけかもしれませんが・・・。
ここまでやっても許してもらえると欲が出ます。
そう!動画であるような中出し痴漢SEXがしたくなります。
期待を込めて奥さんの上体を少し前に押して、お尻を突き出すような態勢にさせます。
うん、こちらの思う通りの態勢になってくれました。
逸る気持ちを押さえて慎重にチンコをマンコへと挿入します。
ついに夢が実現しました!
しかも相手は友人の嫁さん!
寝取りと痴漢SEXのダブル役満ですよ!
揺れに合わせて淡々と腰を振ります。
奥さんもグリグリと腰を押し付けたりしてきます。
どれだけ溜まってたんだか・・・。
顔は見られてないので、奥さんは見ず知らずの男のチンコを生で受け入れる事を望んだって事ですよ?
いつもは貞淑そうな顔してるのに、これほど淫乱だったなんて思いもしませんでした。
そこで一つ閃きました。
正体をバラせばセフレになれるんじゃないか?ってね。
奥さんだって痴漢されて感じて他人のチンコを受け入れたなんて旦那に知られたくないでしょうからね。
片手でアナルを触り、もう片方の手をブラウスの中に入れて胸を揉み、乳首を捏ね回します。
乳首もビンビンに勃起させてます。
ポルチオを突き上げつつ奥さんに声を掛けました。
視線を上げて窓越しに私の顔を見た奥さんは一瞬ハッとした表情になりますが、今受けている快楽に勝てなかったんでしょう。
携帯を取り出すと何かを打ち込んで見せてきました。
メモの画面で、そこには『内緒でね』と書いてあります。
奥さんの耳元で「わかりました、じゃあ中に出しても良いですよね?」と囁くと、小さく頷いてくれました。
許可が出たのでポルチオに亀頭をグリグリと押し付けて妊娠させるつもりで中出ししましたよ。
射精直後に奥さんもガクガクと膝を震わせて崩れ落ちそうだったので、しっかりと抱きかかえて支えました。
チンコを抜いて太腿の途中まで脱がした下着を履き直させて、そこにチンコを擦り付けて後始末します。
スカートも直して目的地で奥さんと電車を降ります。
関係を持ったせいか、奥さんは人目も気にせず腕を組んできました。
まだ足元がふらついてたので、イッた余韻が残って歩くのが辛いんでしょう。
「少し休みますか?」と聞いたら「はい」と返事が返ってきたので、そのまま駅前のホテルに入りました。
部屋に入ると奥さんはテクニックを褒めてくれ、旦那とのセックスよりも気持ち良くて初めてセSEXでイッたと教えてくれました。
私としては褒められるのは嬉しいですけど、たぶん奥さんが欲求不満だったのと、あのシチュエーションが奥さんの性癖にマッチしてたせいだと思います。
ああ、いちおうホテルでも奥さんとSEXさせてもらいましたよ。
痴漢からホテル直行SEXは初めてじゃないけど、友人の嫁さんを寝取ってると思うと気分が高ぶりますね!
セフレ契約も結べたし、これほど充実した痴漢は初めてでした。

コメントを残す