エッチ体験談 13,000話 突破!!

お姉ちゃんは僕専用の肉便器

お猿さんさんから投稿頂いた「お姉ちゃんは僕専用の肉便器」。

僕が○0歳、お姉ちゃんが○3歳の時に童貞と処女を捨てた。
エロ漫画を参考にして遊んでて、最後までしてみたくなったから近親相姦したんだ。

何度か遊んでるうちにお姉ちゃんも痛みが無くなって気持ち良くなれるようになった。
そうなると歯止めなんて効かなくなって毎日毎日親の目を盗んではセックスして中出ししまくった。
当然恋人なんて作ろうと思わなくなるし、お互いにお互いを欠かせない存在になる。
「お姉ちゃん、学校行く前にやらせて」
「もう、また?歯磨きしてるから後ろから好きにして良いよ」
こんな風に僕からお姉ちゃんにお願いすることもあるし、逆もまたある。
「ねえ、ちょっとチンコ貸して」
「今寝ようとしてたんだけど」
「良いじゃん、今マンコ疼いて仕方ないのよ」
「じゃあ、僕寝るから好きに使って良いよ」
もうね、姉弟だからか身体の相性良過ぎてオナニーじゃ満足できない。
今じゃ顔を合わせたら断りもなくセックスを始める。
僕はお姉ちゃんの事、好きな時に好きなだけ中出しセックス出来る肉便器だと思ってるし、お姉ちゃんも僕の事を便利な肉棒だと思ってるんじゃないかな?
誕生日の関係で学年が一年だけ被るから、C学の時は学校でも我慢出来なくなるとやってた。
夏場のプールの授業前に中出ししたのは面白かった。
お姉ちゃんと一緒に家に帰ってる時、プールの中でマンコから精子が溢れてきて大変だったと言ってた。
バレなかったの?と聞いたら、何人かの髪に精子が付いたらしいけど、犯人は見つからずに授業が終わったって言ってた。
あとは昼前に調子が悪いと言って保健室のベッドで寝てたらお姉ちゃんご来て、そのまま保健室のベッドで残りの授業サボってセックスしたこともある。
保健の先生はあまりベッドを覗くことをしなかったけど、たまにカーテン越しに声をかけてくるからドキドキするんだよね。
せっかくのベッドだからってお姉ちゃんが裸になろうって言うから全裸でセックスしてたから。
午後の授業が全部終わる頃にはベッドをドロドロに汚しちゃった。
そらだけやっても家に帰ればまたセックスするんだから思春期の性欲って凄いよね。
お母さんがキッチンで夕飯の支度してて、僕とお姉ちゃんはキッチンに背を向けるようにソファーに座ってた。
背もたれでお母さんから見えないのを良いことに、お互いの性器を触り合う。
たまにお母さんの方を確認してキスもする。
近くにお母さんが居るとドキドキする。
「ねえ、少し腰揉んでくれる?」
唐突にお姉ちゃんが僕に言った。
「じゃあ横になって」
お姉ちゃんがソファーにうつ伏せで寝てスカートを捲って下着をズラす。
僕はチンコを出して太ももに跨り、丸出しになったお尻を掴んで広げてマンコにチンコを挿入する。
たまにお母さんが話しかけてきて、それに適当に返事を返しながら腰を振る。
見えてないだろうけど貴女の息子と娘は今セックスしてます。
ごめんねお母さんと心の中で謝るけど気持ち良いから止められない。
もうすぐ射精って時にお父さんが帰宅。
慌ててお姉ちゃんの捲れたスカートを戻して結合部を隠す。
リビングのドアが開いてお父さん登場。
「おかえりお父さん」
「ああ、ただいま。なんだ?マッサージしてやってるのか?お姉ちゃん想いだな」
「凄く気持ち良いよ、お父さんも後でやってもらったら?」
「今度お願いしようかな?」
なんて話をお父さんとお姉ちゃんがしてるけど、マッサージじゃなくてセックスです。
バレないように腰の振り方を調整する。
お父さんが僕達の対面に座って新聞を広げる。
新聞で視界が遮られたのを見てスパートをかけて射精。
ドクドクとお姉ちゃんの中に精子を注いでるとお父さんが新聞をテーブルに置いてお茶を啜る。
お父さんと目が合うけどバレてないよね?
グッと腰をお姉ちゃんに押し付けてなるべく奥に射精しつつ腰から上に向かってマッサージをしていく。
少ししてお父さんがお茶のお代わりを取りに席を立った。
その隙にチンコを抜いて仕舞う。
お姉ちゃんも下着を戻して座り直す。
今までで一番ドキドキする射精だった。

1 COMMENT

サイトウシンイチ47歳

ふーーーーーーーーーーーーーーーーーん❗️。よく似た話を見るんだけど、なんでお姉ちゃんと近親相姦セックスするのに、家族の前でセックスが出来るのかな❓️。そんなにお姉ちゃんとの近親相姦セックスを家族にバラしたいのかな❓️。それならそうと、堂々と家族の前でお姉ちゃんと近親相姦ラブラブセックスをたくさんすれば良いんでないのかな❗️❓️。それとも、家族にバレて、お姉ちゃんと完全に引き剥がされて、二度と永遠にお姉ちゃんと愛し合うことが出来無くなりたいのかな❓️。俺には、本当にものすごくわからないけどね❗️。

返信する

コメントを残す