エッチ体験談 12,000話 突破!!

卑劣きわまりない手引き部員とOBと名乗る男達

ナコさんから投稿頂いた「卑劣きわまりない手引き部員とOBと名乗る男達」。

今から過去にあったクソ野郎達の話をします
私がまだk校生の時です
結構前の話で、まだスマホとかもないです
私はとあるスポーツ系の部活してて、その頃も部活に勤しんでいました

ある日、先輩の栢山(男)と蘭原木(女)の二人が、「あ、この人OBの佐々木さんね」と20代くらいの男の人を体育館に招き入れていました
ふーん?初めて見る人だなぁ
近くでニコニコしながら私達を見てましたが、特に気にすることもなく部活に励み、その日は終わりました

その日は特に何も無かったとその時は思ってました。そのOBと同じ部活仲間の明菜ちゃんがいつの間にか居なくなってたことを除いて
明菜ちゃんは次の日、学校に来ませんでした

明菜ちゃんは同じクラスでもあり、他のクラスメートがあの子休んでるねーと聞かされ、あれ?そういえば昨日終わりの時間に居なかったような?とその時初めて気付きました
で、更に4日経った頃、また部活に違うOBがやって来ました

また二人の先輩に紹介され、その人は真島と名乗りました
真島とやらは体育館の端でパイプ椅子にふんぞり返って私達を眺めてましたが、気にせず部活してました
ちなみに前日から明菜ちゃんは学校にきてますが、昨日も今日も部活には顔を出していません

その日の部活終わりに、いつの間にか真島というOBはいなくなってて、私の後輩のミナミちゃんが体育館の端でへたりこんでいました
「片付けの時間だよ」
私がミナミちゃんに声をかけるとミナミちゃんの顔色が悪くて、「すみません、すごく具合悪くて、このまま帰ってもいいですか?」
と顔を伏せたまま呟くように言った

ミナミちゃんは真面目でサボったりするような子じゃなく、いつも率先して片付けとかやるような子なので、よっぽど具合悪いんだと思って、「わかった、いいよ、後は私達でやっておくから」
とそのまま帰らせてあげました

翌日の部活で明菜ちゃんもミナミちゃんも部活にあらわれませんでした
ミナミちゃんは部活以外に接点がなく、学校に来てるのかどうかもわかりません
そして週が変わり、月曜の放課後にまた別のOBと名乗る人がやって来ました

私は一目見ておかしいと思いました
そのOBは川上と名乗りましたが、どう見ても40代、下手すると50代の人なのです
ウチの高校はまだ歴史も浅く、まだ創立17年(当時)くらいなのです
この人、本当にOBなの?
体育館に入れたのは例の先輩二人なのですが、前のOB二人も何か怪しく思えてきました

とりあえず部活してる時に、蘭原木先輩が準備室に道具取ってきてーと言ってきたので、私は準備室に入っていきました
と、同時にドアが閉められ、閉める寸前に入ってきた川上がいきなり襲ってきました
私は押し倒され、とっさに持ってたボールで川上の頭を殴りましたが、川上が思いっきり私の左頬を殴ってきました

一瞬呆然となる私、そしてお腹も殴られ、呼吸ができなくなり、うずくまる私
川上に押さえつけられ服をめくられブラも露に
引きちぎるようにブラも剥ぎ取られ大して豊満じゃない胸が露出

川上が両手で私の胸を揉んできて、「やめて!」
と叫ぼうとしたらまた頬を殴られました
「騒いだら目玉えぐるぞ」
と、脅されました
怖くなってきて私が震えていると、下も脱がされ、汚いチンコで私を犯してきました

その時、私はまだ誰とも付き合ったりしたことがなく、処女でした
「痛い、やめて、助けて」
泣きながら呟くように声を出しました
声を出した瞬間また頬を殴られ、私の思考は停止しました
何分か私は気を失っていたようです

目が覚めると上に乗ってた川上が居なくて、準備室の入り口のそばで川上が栢山先輩に何か渡しているのが見えました
私は力を振り絞り、二人の間から体育館に飛び込みました
「助けて!」
叫ぶと同時に横向けに倒れる私
私の異様な姿に他の部員はフリーズ
私は半裸で下半身は丸出し。アソコから血と精液が垂れていて、何があったか一目瞭然
準備室にいた川上は逃げ場がなく、我に返った部員達に取り押さえられました

OBと名乗り、やって来た三人の男達はやはりOBなのではなく偽物でレイプ目的でやって来てました
お察しの通り、明菜ちゃんもミナミちゃんも男達にレイプされてて、男達はその後三人とも捕まりました
栢山と蘭原木の両先輩は実は付き合っていて、二人は結託して男達を引き入れ、男達から報酬を貰っていました

当然二人は捕まり、もちろん後に退学です
私と明菜ちゃんは妊娠したりしませんでしたが、ミナミちゃんは妊娠して、子供を惰ろしました

コメントを残す