エッチ体験談 12,000話 突破!!

るみこさんの秘密と涙の謝罪

ハロルミ~(^_-)さんから投稿頂いた「るみこさんの秘密と涙の謝罪」。

今から15、6年前の話です。
バツ1に成り、3年程期間が経った。

当時、同じ会社事務員の奈央(22)の同級生
(るみこ)と知り合った。

出先から会社に戻る途中に、動転する奈央から開鍵依頼… 1歳少しの結ちゃんが…( ̄0 ̄)

数秒程で、大騒ぎから拍手と歓声に…
とはいえ、皆 ママさん達で…
その中でもるみこは、ショートカットでとても可愛らしいお母さん!って感じだった記憶が有った。

2、3日後休日前、るみこからお礼がしたい!
との知らない番号から電話が…るみこだった。

電話口のるみこの口調は、少し…女王様みたいに少し命令口調に感じて、少し堪に触る!
るみこは、待ち合わせ場所 時間だけ、言って早々に電話を、切った!

仕方なし俺は、待ち合わせ場所に9時前に…
到着した!
電話口の口調とは打って変わって、お嬢様口調で、俺に丁寧なお礼と挨拶を交わしている。

結ちゃんのお迎えに行く5時そして帰るまで…
るみこは、身も体も凄く癒やしてくれた!

その日の夜… るみこからの携帯が鳴った!
始めるみこは、久しぶりのエッチ…
とても…気持ち良かった~とかるみちゃん…
もっと、したいの…とか可愛い口調だった!

しかし…もっと次は、激しくしないとね!
るみちゃんにも、もっと舐めさせないとね!

最後には、るみこは今度の休み、結ちゃんを動物園に連れて行ってくれるでしょう! 
今日の所で9時! じゃ~また!ツーツー
お おい! るみこさん…切れてる…

次の日 昼休み るみこからのメール…
お仕事お疲れさまで~す (^O^)
いつもお昼は、配達弁当ですね~
今度るみちゃんが、お作りしたいです~(*^^*)
お昼からも、頑張って下さい! るみこ?
追伸 
結ちゃんも大喜びで…明日m(_ _)mします♪

えっ‥‥電話と同一人物?と思いながらも…
奈央には、聞く事が出来なかった。

夜には、携帯が鳴った! 
○○さん? 私 るみこ! そうです…
不機嫌そうな低い声…
明日 大丈夫ですよね?
前の所に、9時です! じゃ~ツー ツー…
えっ? もう切ってる…るみこさん(゜o゜;

仕方なし…俺は、待ち合わせ時間より、少し早いめに、到着した! プップ~

○○さ~ん アイア~イるみこも結ちゃんも、
張りのある可愛い声で、二人して俺を外で迎えに来た!

電話の事は、るみこと2人っきりの時に…
そう自分に言い聞かせて動物園まで、運転!
るみこは結ちゃんを抱きかかえ、時折俺を見つめては、ニコッと微笑んでいる。

そんなこんなで、るみこと結ちゃん3人動物園で…お昼には、るみこの手作り弁当を…
かなり美味しく、結ちゃんも大喜びした!

夕方 結ちゃんもはしゃぎ過ぎたか…
るみこに抱っこを、ねだる…
俺は、おんぶのそぐり…結ちゃんは、るみこのの顔を覗いて、俺の背中に飛び乗った。

数分 俺には、解らない赤ちゃん言葉に、相槌を打っていた。 がピタリと止まっている。
うふふ~ 寝ちゃった~

優しい言葉と優しい笑顔で結ちゃんのほっぺに…チュッ‥‥

そして、車の中にるみこは荷物を車の中…
○○さ~ん はい!どうぞ!冷たいお飲み物!
助手席に、そっと結ちゃんを抱きかかえ座った

俺は、るみこと話しながらも…電話口のるみこは? こんなにも優しい笑顔 言葉なのに…?
もう一つの疑問も…あるが?

中々るみこに、聞けない…でいた!
○○さん… 夕食 食べて行ってね~
うん‥‥でも、旦那さんが帰ってるんじゃ…

るみこは、暫く黙り込み涙を流していた!
暫くし…実は、別居中なの…この子が、生まれる少し前…旦那の帰りが遅くって…
そう…浮気していたの…何回も帰るようにお願いしました… けど…帰って来なかった…

電話すると、途中で浮気相手の女が出て…
わたしに…  旦那の相手は、19だって…
年下の浮気相手に、何回も何回も…酷く耐えられない位…罵られました…

○○さん ごめんなさい!本当にごめんなさい
途中で…また…女の人が…出て…きそうで…
そう言うと、結ちゃんを抱き締める…

結ちゃんごと、運転席に抱きかかえた。
るみこさん 俺を信用出来ないですか?
ううん‥‥ ごめんなさい。ふ~くん(_ _ )/ハンセイ
えっ? ふ~くん呼んじゃ‥‥ダメですか(#^_^#)
まぁ…良いけど~俺は、照れながら…

ふ~くん るみちゃんを怒って下さいね~
電話口で…るみちゃん変だったら…

るみこも少し疲れているのか、俺に寄りかかりうっとり…している。
信号待ち るみこと結ちゃんの寝顔を覗いた。
アハハ~ キャハハ~何故か?二人の笑い声?

るみこさん るみこさん 着きましたよ~
えっ?あっ! ふ~くん…ごめんなさい…
良いから~結ちゃん直ぐ寝かせてあげれる?
少し俺が、抱っこしてようか? 
はい‥‥お願いします~ 直ぐ用意して来ます~

俺は結ちゃんを抱きかかえ駐車場から、暑い日差しを避けガレージの軒先に…
数分後 るみこが迎えにきた。

結ちゃんは、俺が…
ごめんなさい! 結菜 お願いします~
るみこは、荷物を持って こちらです。

結ちゃんを、ひとまずリビングに寝かせた。
ふ~くん ありがとうございます!
るみこが寄り添ってきた。 

汗凄いね~アハハ~ 結ちゃんの汗やら涎も~
良かったら シャワー浴びて~ うふふ~
確かに夏の暑さで、汗だく… うん!頂く!

そして…るみこはバスルームに、案内…
ふ~くん 脱いだら洗濯機回しておきますから~そのまま~脱ぎっぱなしで良いですよ~

あっ!ああ~ 丁度脱ぎ終わりバスルームに…
るみこが、入ってきて着ていた物を洗濯機に…
そのまま、るみこは短パン姿でバスルームに…
ふ~くん るみちゃんに…背中流させて下さい…

えっ? るみこさん…座って下さい…
少しだけ… 待って下さい… ウフフ~
そして、るみこも服をきちんと脱いだ。

ふ~くん 髪から洗わせて~ 余り見ないで…
も~ ふ~くんたら~ チュッ~ 
るみこと俺は、抱きつき激しく濃厚なキス。

小さめだが、張りのある乳房を優しく揉みあげると、るみこは潤んだ瞳で艶っぽく喘ぎ声を挙げた。 

スイッチの入ったるみこは、一目散に俺の物を咥え込んでいる。
クチュッ クチュッ チュッ ヂュパ~
アァ~ るみこの右手は、オマ@コを淫らに触りながら…ヂュル~ ヂュパ~ ヂュル~

る るみこさん… も~で デル…
るみこのフェらは、激しさを増した。
俺の白い液体は…るみこの唇に、吸い取られるように、るみこの喉奥に…消えて行った!

るみこは、俺の白い液体を飲み干すと…
俺を見つめ、紅潮した顔のるみこ…
ふ~くん 座って下さい… 黙って俺の髪を洗い流し、次に背中を…そして…抱きついたまま…

あぁ~ ふ~くんの背中って~広くって、凄く好き! るみこは、腕を絡め抱きついた…

実はね~結菜にやきもち妬いてたの~
アハハ~ るみこさんをずっとおんぶは…
ウフッ!結菜よりスタイルは自信ありますよ~

結ちゃんが~勝負対象って~
背中にはるみこの張りのある柔らかい乳房が…
かなり気持ち良い、それに数時間前よりも遥かにるみこの笑顔と口調が、可愛らしい!

流れるシャワーを浴びながら、るみこを抱きしめ自然にキス…そして…るみこは、俺の体を丁寧に吹き上げた!

るみこは、バスタオルをすっと巻いて…
俺の手を握りしめ、寝室へと導いた。

寝室に入るなり、るみこは抱きつきキス…
俺は、自然にるみこの乳房を揉み上げるとるみこの吐息は、途端に激しさを増してくるのが解った! ハァ~ アァ~ ハァ~

お お願いします~ る るみちゃんに~
入れて…ハァハァ~ 吐息が益々激しくなる!

相当 我慢してたのだろうか?
るみこさん…いくよ! はい‥‥
るみこのあそこに挿入した途端…洪水のように吹き出してきた!

ンッ プシュッ るみこさん… ア~
アッ ア~ン ふ~くん るみこは、俺を呼び
るみこは、腰をピクピク震わせた。

その度に、るみこのあそこから熱い蜜が俺の股間の物を暖かく潤わせキツく締めつけた。

うぅ~るみこさん… 俺 行きそ~
るみちゃんも~ イィ~ ア~ン でも…
そう言うとるみこは、俺を抱きしめキス…
しばらく…このままです… 

るみこは、俺の顔を見つめ俺にかぶさり、俺の腰の動きを封じ。 熱いキス… 自然にるみこを抱きかかえ熱いキスを交わし続けた!
るみこは、舌を絡め俺もそれに応じた…

その間もるみこのあそこは、熱い蜜かま流れだし、締めつけてくる…

どれくらい熱いキスを交わしただろうか
グチュ… アンア~アンア~ン
るみこの喘ぎ声と同時に、るみこの腰が優しく妖艶な腰付きで…ゆっくりと動き出した。

アッ アアン ア~ン アッア~ イィ~
イッ イクッ イク~ アン ふ~く~ん

るみこの妖艶なまでの腰付きが、信じられない程激しさを増した。

るみこさん… 俺も…行きそう 
はい るみちゃんも~ アン ア~アッ アン
中に… 中に~るみこの締まりと腰付きが、最高に、激しい喘ぎ声! ア~ンアンアンア~
それと同時に、俺の熱い液体がるみこに、流れ込んでいった!

そのままるみこは、腰をピクピクと震わせながら、俺に抱きついてきた!

俺の顔面は、るみこの涎で…下半身とベッドのシーツはるみこの愛液で…信じられない程濡れていた。

俺とるみこは、俺の物はるみこのあそこに収まったまま…二人気を失うように重なっていた。

どれくらい経ったのだろうか?
お腹を空かせた、結ちゃんが…寝室を探しに…

ママ~ ママ~ あ~ちゃん!
えっ…?あっ… 結ちゃん…ママ…寝ちゃった…

あ~ちゃん! あ~ちゃん! 俺の手を握り俺をどこかに、連れて行きたいみたい…?

るみこさん! るみこさん! 結ちゃんが!
えっ‥‥ 結菜 ママ~ あ~ちゃん!
えっ! あ~ちゃん… あっ…結菜ったら…

るみこさん あ~ちゃんって、俺の事なの?
…はい‥‥ふ~くんの事です…
ママ~ あいやいあ~ あ~ちゃん!

そう 結菜 ふ~くん… あいやい~
るみこさん… なんか違うって…結ちゃんが!

ごめんなさい… 実は結菜に、父ちゃんみたい…
って… あい… 結菜 わかった! から~

結菜に、ふ~くんは、るみちゃんの父ちゃんなの~だからるみちゃんに、優しいんだ~
って、結菜にずっと言ってたの~ (>o<) ゆ~ママ~ あ~ちゃん わかったから~ るみこさん…なんて? 結菜とるみちゃんの父ちゃんみたいな… こんな事も有って、二年間ある事があるまでるみこ親子と、付き合う事と成った。 その話は、後々に…

コメントを残す