エッチ体験談が10000話を突破しました。

深夜に通りすがりの女の子に露出射精した変態

深夜に通りすがりの女の子に露出射精した変態エッチ体験談。

AM2:00頃、某大学の近く。
獲物を探して車を転がしていた。さすがにこの時間は獲物は少ない。

諦めようとした時、携帯で話しながら歩く獲物を見つけた。

車を止めて、さりげなく後を追う。
ファスナーをおろし、Pを取り出す。

緊張からかなかなかBしない。
2,3分つけたら、獲物はわき道に入っていった。

付近の地理にあまり詳しくないので、取り敢えずそのまま直進する。

すばやく戻り、辺りを見渡し、誰もいないのを確認する。
見失ったかと思ったが、幸い獲物はまだ歩いていた。

わき道に入りそっと後をつける。
獲物は電話に夢中で、まだこちらの存在には気づいていないようだ。

肩に触れるくらいのストレートヘア。色は程よいブラウン。
ベージュのショートジャケット、
すらりと伸びたジーンズのラインが欲情をそそる。

だが、焦りからか、なかなかBしない。
このままチャンスを逃すのかと思っていると
獲物は、外灯の下の所で立ち止まった。

すばやく物陰に身を潜め、様子を窺う。

獲物はその場にしゃがみこんで、話し込んでいる。
距離にして10M。

呼吸を落ち着け、Pをしごく。
欲望とともに少しづつPが大きくなってゆく。

心臓が激しく鼓動する。
のどの渇きを感じながら、意を決して獲物に近づく。

緊張と興奮でPは爆発寸前。
すぐにSしそうになったが、我慢する。

距離にして8M。
獲物はまだこちらに気づかない。

このままSしてしまおうと思ったとき、獲物がちらりとこちらを見た。

Pには気づかずに目線をそらす。
そのまましごきながらさらに近づく。

距離6M。
もうそろそろ限界だ。さらに近づく。

距離3M。
獲物も気配を感じてこちらを見ると、Pに気づいたようだ。

大きく見開いた目、困惑した表情。そのすぐ前にいきり立ったP。

距離50cm。
外灯の下でしゃがんでいるため、顔のすぐ前にPがある。

あっけに取られる獲物を目の前に激しくしごく。
横を向いてPをみせつけながら頂点に達した。

ほとばしるS。今までにない興奮で、膝が震える。
目の前の光景に言葉を失っている獲物。

頭の中が真っ白になってゆく。
恍惚の中で最後の一滴まで搾り出して、足早に去る。

心臓が激しく暴れている。まるで別の生き物のように・・・

3+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!