エッチ体験談 13,000話 突破!!

生贄人妻麻美 24歳

麻美、24歳
結婚3年目、理恵子の友人、158.5cm(申告)
B89.4cmW56.7cmH87.6cm(実測)
吉岡美穂似、子供無し。

2001年X,masイブ強制種付けを理恵子の御蔭で免れた麻美を、2002年最初の生贄にする。

2002年1月18日(金)PM10時00分、俺は麻美の家から少し離れた所に車を停めた。玄関の呼び鈴を鳴らすと、厚着をした麻美が顔を出した。時間ど通りねと言いながら、俺にスキーの板を渡す。

…実は梨恵子の結婚式の2次会で意気投合し、すっかりお友達(笑)なのだ。メールや携帯で、旦那の愚痴を聞いたり色々な相談を聞いたりしていた。俺の目的は当然麻美の肉体、いい友人を演じておいてチャンスを窺っていた。

そう、イブに邪魔が入らねば彼女を慰めついでに犯ちゃうつもりだった。(顔なじみの人妻に種付けするには徹底的に嬲り犯す必要がある。俺とのセックスが全ての様に調教してしまう事が必要だから、日数がいるのだ)だが結果はご存知の通り、如何したものかと思案をしていたら、麻美がスキーに連れて行ってとメールしてきたのだ。というのは、旦那に言ったら疲れるからヤダと言われたとか…。

おっさんは若い奥さんを貰わない事だ,,,それで切れちゃった麻美はじゃぁ勝手に行くからねと友人とスキーに行く事を了承させたようだ。が、親友梨恵子は俺の子供を妊娠中にて×、大体平日休めるかって(笑)アレだけ大見得切ったからには直ぐ行かねばかっこ悪いと思ったのか、休み待たずに俺に連絡って事になったようだ。…旦那も当日から出張ってのも追い討ちかね。

チャンス到来!神は居たね(笑)すかさず計算したね、麻美の危険日。ちと早いが、泊まりOKのスキーだ、週明けまで引っ張る事にすればバッチリ。で、迎えのシーンに戻る。

愛車のキャリアーに彼女の板を載せスキーバックをトランクに、助手席に乗せ発進〜!麻美の人妻として最も危険な旅行が始まった。…さて、ホテルや旅館じゃ強制種付けしにくいとは思いませんかね。で、大雪の中の山間部にある別荘に連れて行く…個人所有(自慢(笑))着いた先が旅館じゃ無いので、彼女の表情が強張る(近所は数キロ先の民家なくらい山奥だし)お構いなしで彼女の手を引き中に入る。

警戒している麻美の緊張を撮る意味でワザと素っ気無く振る舞う。お茶を勧めて明日は何時から滑ろうか〜等と惚けた会話をする。やがてトロ〜んと瞼が落ちてくる麻美…ピンポーン何時ものお薬をお茶に盛っときました。

直ぐにソファーに崩れ落ちる。…さあ行動開始だ!暖房前に半円状に置いたソファーをベットに変え、回りに何時もの様にビデオと嬲る道具を用意する。勿論直ぐにビデオはREC開始!寝ている麻美から衣類を剥ぎ取り全裸にし、俺も全裸になる。

衣類をまとめ、持ち込んだカバンと共にクローゼットに入れ鍵を掛ける。これで全裸で居るしかないのだ(笑)全裸で横たわる麻美の手足に皮手錠をし、四隅の床に埋め込まれたフックに鎖をかけ大字に拘束する。…準備は整った、何時もの媚薬入りローションを彼女のワギナ・膣と俺の生のペニスに塗り、両足を大きく広げ、生のペニスが麻美の中心に埋もれていく様子をしっかり撮影させながら突き立る。

俺のペニスに麻美の膣の内壁のヒダが絡み付く、コイツも名器だ!睡眠薬で肉体が弛緩しているのにこの感触、最高!俺は何時も以上に深く埋め込んでゆっくりと腰を擦り付けて人妻の生膣の感触を楽んだ。媚薬が効いてきたのか、麻美の潤滑油が俺のペニスをじわ〜っと包み込み始める。それと同時に、麻美の口から甘いため息が漏れ始める…俺は少しづつ腰の動きを強くしていった。

「はぅ〜あああああぁん」大きく仰け反り目を覚ました。「あぁぁああ、どっどういう事,,,あんああああん」

起き上がろうとして自分が拘束され、一緒に来た男が自分を犯している事に混乱していた。俺はお構いなしで腰を益々激しく振り、「人妻が、男と2人きりで旅行などするから喰われちまうんだぜ」「いやぁ〜、ひっ酷い〜はぅ〜あぁあああお願い…動かないでぇ〜はぁはぁ」

激しく頭を振り快楽に耐えている。しかし人妻の肉体は完全に麻美を裏切り、絶頂に向って激しく悶える拒絶の言葉が続かない。「奥さんスキーなんかさせないよ〜、今日からスキーの変わりにずーっとセックスするよ〜」

「いやぁ〜なんで〜許してぇ,,,はぅあああああいやぁお願い動いちゃいやぁ〜はあああ」「それだけじゃないよ〜生の、生のおちんちんで麻美のオマンコの中に一杯赤ちゃんの素をいっぱい〜注いで!妊娠させてあげるからね」「!」

「今麻美を貫いているのは生の、何も避妊具が装着されていないおちんちんだよ〜」「いやぁーいやぁ〜はぅうううああああやめてぇーやめてぇー抜いて〜!」「だめだ!産め!絶対に産ませてやる!」

「許して…許して…ぁぁぁぁ」「いいね麻美、妊娠させちゃうからね、理恵子と同い年の子供を産んじゃおうね」「いやぁーーーーやめてぇ〜お願いぃいいあああああ」

俺は最後に向って腰のピッチを上げた。誰も助けに来ない、もう麻美は種付けされる以外に道はないのだ!やがて麻美は最後に向って強制的に押し上げられ、言葉が快楽の言葉になって止まらなくなる。「あぁぁぁぁアナタぁ〜あなたぁ〜!いいっ!はぅはぅ!」

子宮を荒々しく突き上げた瞬間、大きく仰け反り絶頂を迎えてしまう!しかしお構いなし、激しく突き上げる。仰け反ったまま、ものの一分もしないうちに度何度目かの昇天。両足のつま先は内側に折れ、脚はぴーんと突っ張る限界だ…俺は麻美を抱きしめ、最後に向って腰を振る。

互いに最高の最後の瞬間を向えそうになったので、麻美に向ってを宣告する。再び激しく頭を横に振る麻美!しかし腰の動きも淫ら、生膣も俺の最後を知ってかずっと奥に吸い込むかのように妖しく蠢く。セックスの味を知ってしまった人妻身体が、全てを受け入れようとしているのだ。

そして最後の瞬間が迫る!「俺の子供を産め〜!」「いやぁーお願いいやぁ〜やめてぇーやめてぇー」ももう遅い!俺が止まる訳が無い!「絶対に産ませてやる!」

「許して…許して…」「うぉ〜〜〜〜!」その瞬間、俺は溜めた子種を生膣の最奥部にぶちまけた。

「いやぁーーー!」その瞬間、麻美も絶頂に達する!…膣が激しく収縮する。大きく仰け反り爪先をキュッと内側に折曲激しく痙攣する。

麻美の膣は言葉とは裏腹に最後の一滴まで子宮に吸い込むかのように、収縮を繰り返しペニスに絡みついてくる。たっぷり子宮に吸収させペニスを引き抜くと、それでも溢れた子種がドロ〜っと膣から垂れてくる。その様子を麻美にも見せてやると、泣く。

その姿に再び欲情!、有無言わさず再び生のセックスを人妻に教え込む。何度も何度もイかせて2度目の射精を麻美の最奥部にする。その後明け方までバイブや筆で麻美を嬲る。寸止め愛撫で何度も何度もイク直前で止め嬲る。

麻美も頭が真っ白になっていた、そして物凄く積極的に快楽に没頭し始めた。俺が乳首を甘噛みすると、肉体を大きく弾ませ、「あぁぁぁぁアナタぁ〜あなたぁ〜!下さい!…お願いです、おちんちんを下さい!麻美とオマンコしてください!」「…」

「生の…生のおちんちんで麻美のオマンコの中に一杯赤ちゃんの素を注いで!妊娠させて!」「いいんだね麻美、妊娠させていいんだね」「お願い…殺してぇ…もうおかしくなる!」

俺は責めを止め、麻美の脚を大きく開きその中心部で淫らに開ききったワギナの中心ににペニスを沈めてた。再びビデオに何も避妊具が装着されていない事を見せ付けながら!子宮を突き上げた瞬間、大きく仰け反り絶頂を迎えてしまう!仰け反ったまま、ものの一分もしないうちに二度目の昇天。麻美の中は益々イヤらしく淫らにペニスに吸い付き俺に中出しをさせようとする。

俺は麻美抱きしめ、最後に向ってピッチを上げる。そして麻美の耳元で『中出し!』を宣告する。「理恵子と同い年の子供を産め〜不義の子供を産め〜!」

「もうどうなってもいい…」もう快楽の叫びが止まらない・・・麻美の最後が近いのだ!「あぁ〜もうもうっ!」息も絶え絶えに最後の絶頂がせまる麻美!両足をピーンと突っ張り背中をそらせ、ついに絶頂の言葉を叫ぶ!「はうっーイクっぅう!!」

膣が収縮する。大きく仰け反り爪先をキュッと内側に折曲激しく痙攣するかのように絶頂を極めた。同時に俺も麻美の生膣に3発目とは思えない位の大量の子種をぶちまける。

背中を電気が走る、ドクドクドクっと何時までも吹き出し続ける。…窓から太陽の光が差し込む。「まだ1日目だぜ」

麻美はそう脅す俺に何も応えずただ「信じてたのに…」とかってな事を繰り返し泣くだけだった。衣類は全部隠したのでずーっと全裸で過ごした。

もう寄ると触ると麻美を押し倒し中出ししまくった。圧巻だったのは、庭先の雪面にマットをしいて銀世界の下で麻美に種付けした事かね。真っ白い雪原上でイヤらしい痴態が繰り広げられたのさ(笑)外はいいね〜、異常に興奮して寒さを感じなかったよ。

外でセックスするなんて麻美にはじめての体験なので、狂ったように抵抗したけど最後は気が狂ったかと思うほど腰を振ってたよ。そんなお陰で結局1月26日(土)の早朝帰宅した。…5月29日現在、約5ヶ月ずれた理恵子の子供の友人を麻美は産むのは確実となった。

2人とも出産したら、互いの種付けビデの鑑賞会を開こう。互いに相手の子供の父親が同一人物と知ったらどうするかね?

1 COMMENT

コメントを残す