エッチ体験談が10000話を突破しました。

念願の仕事に就職できて二人でお祝いしたのに…セクハラに堕ちた妻

果帆が27歳になった時勤めていた商社から転職してインポート物を扱うアパレル会社に転職しました。果帆はおしゃれで服が好きということもあり、念願の業界だねってしかも2人の結婚も控えていたので色々お祝いしました。

しかしいざ勤め始めると、果帆の事業部は色々大変そうでした。大変な要素は幾つか有って、まず会社的に業績不振という事で仕事が無駄に手広く忙しくもう一つはセクハラ系の悩み事、果帆は店舗勤務では無く、本社採用だったのですが派手で軽い業界というか、その会社独特の空気に、のんびりしているようでしっかり者の果帆がじわじわと毒牙に掛かってしまった時のお話をさせていただきます。ちなみに長編です、ご容赦下さい。

主な登場人物として果帆、当時27歳、同棲中で両御両親にも挨拶済みで結婚間近。営業の高橋29歳男、独身、小太りおしゃれ、黒縁眼鏡、性格ガサつ、声がでかい、セクハラ常習。部長の森31歳男、既婚子持ち、日焼け、営業部の核、店舗勤務の女性を何人も食っている。

広報の山ちゃん29歳女、派手な容姿、果帆と仲良くなる。働き始めて一ヶ月、毎日22時〜24時の帰宅になって果帆は毎日仕事に慣れるのに大変そうでした。中途採用で早く戦力になろうと努力していたようです。

帰ってきてもシャワーを浴びて急いで寝なきゃ身体が対応出来ない毎日。俺は、要領を得て徐々に自分のペースを見つけるだろうと、労りつつ見守っていました。そんな果帆にまず歓迎会という名目の飲み会の洗礼が待っていました。

歓迎会に集まった社員は15〜16名、歓迎される側は中途入社の果帆ただ1人。インポート、国内の営業部、広報部から来れるメンツで集まった模様。果帆の挨拶後初対面の人達も居たので、大瓶を持って挨拶がてら1人1人時間を掛けて回っていたら、結構なペースで酔ったので、山ちゃんの席の隣でペースを落として休んでいた。

向かいの席では高橋が勝手に隣の女性の髪の匂いを嗅いで「俺って匂いフェチなんだよね〜」と誰も聞いていないことを大きい声で喋っている。出た〜高橋のセクハラ〜とみんなも騒いでいる。するとノリで隣の山ちゃんが「たかはし〜ここにいい匂いのコいるよ〜」

と果帆を指差したすると高橋が「おー○○(果帆の旧姓)なら金払ってでも嗅ぎたい」「ダメです!まず私に許可取って下さい、それに高いよ」果帆も「そうなんです高いんですw」と言って交わしたつもりが高橋はズケズケと近寄ってきて「○○なら・・・5万払う、その代わり、、、」と言って財布から5万円出してきた。

で山ちゃんが「足りないんだよ!高橋!」と言って笑いでその場は収まったようだが、俺はこの話を聞いてなんてデリカシーの無い奴が居るんだと引いた。その翌月頃だったか、週末の夜果帆の帰りを待っていたら23時頃果帆から着信、しかし電話に出ると、違う女の人の声。「あ、果帆さんの彼氏さんですか?私同じ職場の山本といいます」

「今果帆さんとタクシーで向かっていて、多分近くまで来ているのですが、、、」果帆は酔いつぶれてしまい、泥酔状態で運ばれてくるらしい。俺は直ぐ着替え、近くまで迎えに行った。

そして山ちゃんと一緒に部屋まで肩を貸して運びました。うなじまでピンク色になって潰れていた果帆を寝かすと山ちゃんにも家に上がって頂いてコーヒーを飲んで行って貰った。俺はご迷惑をおかけしたことを詫びると山「いえいえ、果帆、まだ仕事大変そうだからね、ストレスも溜まってるみたい」

山「それに悩み溜めちゃうタイプじゃない?、彼氏さんも話聞いてあげてくださいね」と少し含みの有る言い方をされた。確かに、こんなに潰れるまで飲むコじゃなかったので心配だし、翌日話を聞いてみることにした。

今まで俺には何でも愚痴ってきたのに、俺に言えないこと心配掛けるのが嫌で言えなかったこと案の定果帆の悩みの種は主に高橋からのセクハラだった。残業は多岐に渡り、取扱い商品の知識を増やす為の書類作成、処理など山積みなのにも関わらず実際の商品をモデルとして試着して写真撮影もお願いされていた。最初はデスクでPCワークしている時に外回りから帰った担当営業などに肩を叩かれたり、肩を揉まれたり女性社員ならほとんど皆がされている事だし、過剰に反応しても良くないと、いつしか慣れたが段々エスカレートしている髪の匂いを嗅いだり、すれ違いざま胸に触れたり給湯室で腰に手を回されたり、試着中の着替えを覗くようになった時は強く怒っても受け流されたし協力してるのに、最低だよ、と、あとどうしてそこまで性的指向の目線で見られるのか怒りを通り越して、落ち込んでいた。

もうすぐ結婚するんだし辞めてもイイよと伝えても辞めて他に行くにしてももう少し見極めるとのこと。それを聞いてから、少し気にしてたのもあり仕事で果帆の職場周辺に行った時、ちょっと外から覗いて見ることにした。会社の社名ビルを見つけ、その真向かいのビルが区民センターだったのはラッキー。

しかも踊り場にあるソファーから、果帆の会社が一望出来るのです。この時点で後ろめたさと鼓動が止まりません。その日、社内大半は展示会用ディスプレイになっているようで事務作業するスペースはパーテーションで区切った窓際の狭いブースに移動しているようでした。

ちょうどこちらから1番よく見える位置でした。すぐ果帆を確認する事が出来ました。黒のノースリーブに、白のパンツ。

眼鏡をして、髪を後ろで纏めてる横顔・横乳を確認し仕事中の姿を見るのは初めてだったからか非常にムラムラしました。その時点で近くに来てるからランチのお誘いメールしようと思いましたが、思い留まりました。果帆のフロアへ繋がる非常階段を登ってピンク色のポロシャツで眼鏡を掛けたガタイの良い男が向かっていることに気付いたからです。

こういう時の勘は当たります。彼が高橋でした。高橋は果帆のフロアに着くと、すぐ果帆のノートPCを覗き込み当たり前のように果帆の露出した肩に手を置きました。

果帆は嫌がるそぶりも見せず、2人の顔の距離はとても近く20cmくらいでしょうか。一緒に画面を見て、なにやら話しているようです。その後、しばらくして果帆が笑顔で高橋の肩を叩いて、高橋はそそくさと退散していました。

俺は腹が立ちました。仲の良い2人にしか見えなかったし、セクハラに悩んでる女にも見えなかったからです。俺はかなり不機嫌なまま、果帆をランチに誘いました食事の途中で言ってしまいました。

セクハラで悩んでるなら、ノースリーブはやめたら?とでも果帆は自社取扱い商品着なきゃだし、窓際で暑いから仕方ないし、と確かに他の女子社員に比べたら、普通だし、正論なんですが、なんか納得いかなくて、結局喧嘩の雰囲気のまま別れてしまいました。果帆も俺の理解が足りないと不満だったのか、その日は飲んで帰って来て多くを語らず先に寝てしまいました。それから、お互いに必要な事以外は喋らず、不穏な空気で日々は過ぎ、そのうち果帆が大阪に出張になりました。

取引先のお偉いさんの接待も有り、一泊二日の出張。営業部部長の森と2人っきりで間違いはここで起こりました。大阪から果帆メール「ご飯ちゃんと食べてる?今日は食べ過ぎたよ〜>_<明日午前中に帰るね、品川着いたら連絡する」

翌日果帆メール「ごめーん、急遽会社に戻って作業しなきゃならないの、夕方くらいになっちゃうかな」その後帰宅した果帆はいつも通り明るく夕食を作ってくれてました。女は嘘を隠すのは上手なので、こういう時は自分の直感を信じます。

何か胸騒ぎはしてましたし、期待もあったのでwその日の夜果帆がお風呂中覚悟を決めて携帯を見ました。・・・受信フォルダを見て驚き、心臓が飛び出るかと思いました。

腰から力が抜けその場でへたり込んでしまいました。が、今過剰に反応するのはまずい、取り急ぎ相手アドレスのドメイン前だけを急いでメモ。でも見た事を果帆には悟られないようにしました。

どう考えても果帆は森にやられてしまっていることは確かでした。今度の週末の土曜日にも出勤を命令されています。短い文章の最後に写真も添付されていました。

裸の果帆。目は閉じて居ますが、上半身裸で横たわっている果帆に間違い有りませんでした。頬のほくろ、綺麗なピンク色の乳首。

風呂上がりの果帆と何気無い会話をしながら現実を受け止めつつ、無い頭をフル回転して一つの答えを見つけました。…果帆の判断を見てみようとw俺「なぁ、今度の土日どうする?」果帆「あ、土日ね、わたし、、仕事になる可能性あるから、予定入れちゃっていいよ」

俺「そう、忙しいんだね」(森の命令に従っちゃうんだ、、、)果帆「ごめんねぇ、なるべく夜ご飯は作れるようにするから」そして土曜日10時頃、果帆は家を出て行きました。ベージュのスカートスーツの上下で中はタンクトップでした。

首には俺があげたティファニー付けて行きました。香水も気持ち多めに付けていた気がします。あの身体が他の男に抱かれる為だけに外へ行ってしまったともう果帆が笑顔で家出た瞬間に勃起してしまい、「果帆ー」と呼びかけながら掻き出しました。

結局、夕食作ると言っていたのに帰宅は22時頃でした。俺はふて寝をして先にソファで寝たふりしていると果帆は急いでまずシャワーを浴びているようでした。果帆のバッグから携帯取り出してを見たのですが今度は暗証番号が設定されていたので解除は断念しました。

その後シャワーから出てきた果帆は濡れた髪のまま俺が寝たふりをしてるソファーのタオルケットの中に入ってきましたが俺は「おかえり」とだけ言い、果帆は「ただいま」とだけ言いそのまま俺は寝たふりを続け、森の連絡先へ打診する決意を固めました。森様突然のメールで失礼致します。いつも◯◯果帆が御世話になっております。

◯◯果帆の婚約者の△△と申します。貴方が果帆に送った数々の脅迫とも受け取れるメール全て拝見しました。尚、既に興信所経由で貴方の身元証明済みで御座います。

ただ貴方が果帆を撮影した、静止画、動画全て私に納めていただき貴方がしたことを全て私にお話して頂けるならば、今後勤め先やご家庭に資料をお送りすることは御座いません。お子様もいらっしゃるようですし、正しい判断をして頂けると信じております。つきましては、来週◯曜日に◯◯プリンスのラウンジにて21時お待ちしております。

以上打診メールです。半分以上はったりでしたが。ちなみに◯◯プリンスというのは、森が出勤という名目で果帆を呼び出していたホテルです。

翌朝、返信が来ました。△△様、誠に申し訳ございませんでした。◯◯日、◯曜日、21時、必ずお伺い致します。

当日現れた森は膝を付いて土下座をしてきた。そしてミニDVテープを3本と携帯電話を渡された。携帯内にある果帆の写真を全て削除させ、3本のテープを受け取った。

そして、どうしてこういう事をしたのか、今までどういう事をしてきたか全て話して下さい、と入社の面接から立ち会った森は果帆の容姿を見て入社の方向で推し勧めた。広報への配属か、営業部かで揉めたがここでも森が営業部へ猛プッシュした。果帆が入社して、しばらくして果帆のデスクが散らかっており「いつも、綺麗にしているのに、どうしたんだ?」

と声を掛け悩み事なら、相談に乗ると言い、一対一の飲みに誘った。あわよくば結婚前に口説きたいとも思っていたらしい。果帆の仕事量に関する悩みは解決できそうだった。

果帆の衣装モデルの残業は、モデルを使う経費を説明して納得して協力して貰った。森はてっきりセクハラの相談になると思っていた高橋のセクハラは他の子でも問題になっていたからでも果帆からその件は相談されず仕事に対して、前向きで真摯な姿勢に信頼出来る部下だと再認識し大阪での接待同行をお願いした。そして大阪出張接待での2軒目、そこで果帆が潰れ、潰れた部下を介抱するしかないと、接待を終了させ、ホテルへあとは、「大阪展示会」と書いたテープを見てください。

その後は東京に着いてから「品川」というテープです。その翌週が「品川2」です。俺は早くこのテープが見たかったこともあり、何か不備が有ったら連絡します。

会社でも必要な事以外で果帆と接触するなと警告して念のためこの会話は録音させて貰いました。とレコーダーを見せ、会計もせずその場を去った。翌日俺は会社を休んだ。

果帆が出勤した後、ビデオを見て抜く為だけに。大阪展示会1本目のテープだ開始〜15分あたりまでは、明るい昼間の会場内を案内して貰っている。ディスプレイなど参考用なのか色々な小物まで撮っている。

時折、担当者に明るく質問したり話を聞く果帆も映っていた。グレーのスーツで下はスカートだ、スカートは膝上丈だがタイト目に見えるし、足首のラインにかけてエロい。森の狙いか?後姿を結構撮影されていて、時折笑顔で振り返る。

場面は急に変わり、間接照明だけの暗いビジネスホテルの一室になる。カメラは恐らくテレビ台の上だろうか、ゴソゴソとカメラ位置が調整され、カメラ手前から人が離れて行く。森だ、森はベッドに横たえ仰向けになっている果帆を眺めながら、カメラ位置を調整している。

果帆はビクともしない、森は果帆の隣に座り、服の上から胸を揉み出した。やがて、森はスーツを脱ぎ出しトランクス一つになった。果帆のジャケットを脱がし、上着のボタンを外し始めた。

果帆は相変わらずビクともしない。おかしい、ここまで酔っ払う果帆は見たことが無いからだ。シャツを脱がされて上半身ブラだけになった。

水色のブラだ、そこで今度はスカートを脱がしにかかる。腰の後ろに手を回し、ファスナーを下ろし、スカートが脱がされストッキングも脱がされた。下着だけにされた果帆は相変わらず微動だにしないがそれを眺めながら、森はタバコを吸い始め、携帯で写真を撮りだし大きめなシャッター音が鳴るが全く反応なし、これは、、、果帆はアルコールだけの眠りでは無いと確信した。

タバコを消した森は果帆と平行に横たわり果帆の胸を揉みながら、キスをし始めた。かなり長い時間その姿勢でキスしていた。少しだけくちゅくちゅという音が聞こえてくる。

ここまでで30分くらい経過して裸にされた果帆。また写真を撮り始めた。今度は色々な体勢にされている。

仰向け、横向き、うつ伏せ、開脚。メールに添付してきた写真はこの時の一枚だやがて、森は自分のモノをトランクスから取り出し果帆の腰からお腹にかけて擦り付けている。その後、やはり顔に持って行き果帆の顔を横に向け、口を開けさせ、口の中に69の体勢でピストンさせ始め「おーーおーーー」っと呻きながらしばらく口内を楽しんでいた。

時折果帆が咳き込むようになるが、相変わらず目は覚まさない。そのまま、果帆の両脚を広げ「ずびゅずびび、、」凄い音を出してクンニしていた。そのまま、正常位で挿入を果たし「あーーー◯◯ーー◯◯ーーー!」と歓喜の声を挙げていた。

果帆がまるでダッチワイフの様に意思を失っている為か、俺は全く興奮すること無く拳で床を叩いていた。「いいよぉーーいいよぉーー」と只管腰を打ち付けるだけでその度に、森に殺意を感じ壁や床を叩いてしまった。果帆のお腹の上に放出し隣でしばらく大の字で息を整えていたりしていたがティッシュで腹のザーメンを拭き取るとまた横になって長い時間放心していたところで一本目の大阪展示会テープは終了。

これは単なる卑劣なレイプだと、怒りは治まらなかったしかも明らかに薬物、おそらくハル◯オンの類を飲ませたことを森は隠していた。2本目のテープは急展開だった。品川今度は明るい部屋だ、恐らくは昼間のシティホテル窓も広く、高層階だと分かる。

カメラアングルはキャビネット上の荷物に紛れて撮っているのか若干斜めに傾いている。果帆に分からないようにしているのだろう。ダブルベッドと窓際に椅子とテーブルが置かれているアングルだ。

椅子には森が座ってタバコを吸っている。果帆は映っていない。2分目くらいか、森が痺れを切らし怒気を含んだ声で「果帆!早く来い」

と呼び捨てにしている。すると、髪をアップにし、胸にバスタオルを巻いた果帆が画面に入ってきた。「そこに座れ」ともう一つの椅子に座らせると森はタバコを消した後、果帆の椅子の側に立ち果帆の顔を斜め後ろ上に向け、ベロを出してキスし始めた。

果帆も大きく口を開け受け入れている。!?なんで?、、前日の夜からこの昼まで映像が無いのがもどかしい。しっかり舌同士を絡ませているのが確認出来た。

森はそのまま右手で果帆の髪留めを取り髪をくしゃくしゃとかき乱し始めた。俺がやると怒る行為なのに、今の果帆は完全に受け入れている。森の左手はそのまま、バスタオル上から胸を掬い上げるように揉み続け果帆は「んーーんーーー」と喘ぎ始めた。

スルリとバスタオルが落ち俺はここで一回目の射精をしてしまうが拭かずにそのまま画面を見入る。明らかに森はカメラアングルを意識して果帆の奥から攻め続けた。耳に舌を入れながら、果帆の胸とクリトリスを同時に攻めああ、これは果帆の苦手なやつだ、イカされてしまうと思った。

案の定「あーーーーーだめーーーー」と2〜3分で逝かされてしまった。果帆が息を整えていると、森は裸になり同じ位置関係のまま、ペニスを口元に差し出した。果帆の口元が「おっきぃ」と言ってる様に見えた、左手で棒を持ち舌を出して一気に頬張った。

頭は動かさないがくちゅくちゅ音を立ててしゃぶっていると「昨日は下手くそだったのに、今日はうまいじゃないか」というと果帆は「え昨日もしたんですか?さっきのじゃなくて?」森「昨日は歯を立てられた」

果帆「えーごめんなさーい」と言って笑顔を見せた。俺は!?何?さっき?というか何でこんな楽しそうなの?って混乱勃起でここで二回目の暴発発射してしまった。5分程、「じゅぼっじゅぼっ・・・」と果帆は激しく頭を振ってフェラチオし続けた。

両手を森の太もも裏に回していた事に、何故か嫉妬した。森が「そろそろ入れるぞ」と言うまで続けたそのまま、椅子の上で開脚させられ、森は半腰になり一気に挿入した。果帆は森を見つめながら「中には出さないでね、、、あああ」

森は無言「やばい、、、森さん、、あん」とまた生のチンポを受け入れてしまった。「ん、ん、ん」突かれながら喘ぐ果帆突きながらカメラに向かって森の黒い尻が向き果帆が見えなくなったところで森はチンポを抜き出し、体勢と体位を変えるようだカメラの位置を気にしてカメラ目線になるが、果帆はそれに気づく様子は無い。

今度は果帆を立たせ、森が椅子に腰掛けた。果帆の身体をカメラ側に向かせ、背面座位で挿れるようだ。両胸を握りつぶしながら、腰を落とさせる果帆も目を閉じて表情を歪める、入ったようだ。

ここから果帆に動かせて、森が言葉攻めに入る。森「ずっと、お前とやりたかったんだよ」果帆「ん、ん・・そうなの?」

森「飲み会になると、お前とやりたいって奴ばっかりだよ、裸の写真、みんなに見せびらかすからな」果帆「ダメ、、やめて」森「じゃあ、俺がやりたくなったら、また、、な?」

果帆「や、、、イヤ、これで最後」ぎゅっと胸の掴みを強め、指がおっぱいに沈む、そして立ち上がり自分でピストンし始めた。森「あ!?」

「お前まだわかってねぇな、自分から誘ってきたヤリマンの癖に」果帆「違う、、ん、、、ん、、ん」森「気持ちいいか?気持ちいいって言えよ」

果帆「ん、あ、、あん」森「いいか?またやらせろよ!」果帆「だめ、、、結婚、、するし」

森「うまくいってねぇんだろ!?この浮気女!」そっか〜果帆俺たちの事うまく行ってないって言ってたんだぁ確かに隙は有ったけどそこで森は果帆をベッドに投げ飛ばし果帆は「きゃっ」と横たわった。そのまま、果帆の両手首を掴み両足の間に腰を入れまた正常位で攻め出した。

すると言葉の攻めはなくなり、2人は見つめ合いながらsexを愉しんでいるようだ、果帆も森の首に両手を回し出した。果帆「森さんも、、、ん、、結婚してるしぃ」森は無視して「果帆、果帆、、果帆、イク、、、ああ、好きだ、、好きだ、、好きだ」

果帆「あん、あん、あぁ、、、私も、好き、好きぃ」森は限界の様でピストンを速め、舌を出して果帆の口の中に入れた。お互いにぐちゃぐちゃ、もごもごと言いながら森は「あーーーー」っと叫び声とともに膣から抜くと右手で扱き果帆の腹から胸に精子を飛ばし果てた。

俺もほぼ同時に果てた。その後、カメラ手前に森が仰向けに森の向こう側ににいる果帆が起き上がりなんと衝撃的な事をし始めた。いたずらっぽい笑顔で白い歯を見せながら右手で森の萎えかけたチンポを持ちそのまま、顔を近づけ俺は「やめろ、やめろ・・果帆」と呟いていたが果帆はそのままお掃除フェラを始めたのだ俺はまた勃起していた。

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!