幼なじみ女の罠にハマった…

ぴゅあらば

自分が中学3年生になった時です。クラス変えで、幼なじみのY香と同じクラスになりました。

Y香とは幼稚園、小学1〜2年、5〜6年と同じクラスでお互いの親同士が仲が良く、いわば腐れ縁でした。Y香は小学生の頃はボーイッシュで男女関係無く良く一緒に遊んでいたので、それまで自分は異性として意識した事は無かったのですが・・・。新しいクラスになり、6月の中旬に修学旅行に行ってきて1週間程経った金曜日の放課後にY香が自分に話し掛けて来ました。

「ねえ、S介」とY香が言って来たので「なんだい?」と自分は答えました。「S介は3年生になってから引っ越して、今は電車通学してるよね。」「そうだけど。」

「大変だね。明日は土曜日で給食が無いでしょ。土曜は昼食どうしてるの?」「適当に済ませてるよ。」「ふぅ〜ん。もし良かったら明日はうちに来て、ご飯食べて行かない?うちの母親も久しぶりにS介の顔を見たがっているしさぁ。」

自分は少し悩みましたが、中学生になってからY香の親に会ってないしY香の家は洋食屋さんを営んでいたので美味しい昼食が食べれるならと思い「悪いね。良いのかな?」と返事をしました。そして翌日になり午前中で授業が終わった後、Y香と一緒に帰っても良かったのですが、誰かに見られると冷やかされるので自分は少し遠回りしてY香の家に行きました。営業時間中だったので家の入り口の方に回ってチャイムを押しました。

「ピンポーン」「はーい」とY香の声がして扉が開きました。「いらっしゃい。私もいま帰って来た所なんだ。まあ上がって。」

Y香に勧められて家に上がり1Fのリビングに通されました。そこは3年前とは変わらない部屋模様でした。「久しぶりに来たけど変わってないね。」と自分が言うと「そうだね。S介が家に来るの本当に久しぶりだよね。小学生の頃はしょっちゅう来てたのにね。とりあえず、そこの椅子に座って待っていてくれる。私まだ見ての通り制服だから着替えてくるね。」

とY香が言ったので自分は椅子に腰を掛けました。そして、しばらくするとY香が戻って来ました。梅雨時でジメジメと暑いせいも有り、Y香は白のTシャツに太もも丸出しの短パンと非常にラフな格好でした。Tシャツからはブラジャーが透けて見えます。3年前は洗濯板のような胸も、今では女らしく少しですが膨らんでいるのが分かります。

正直、自分は目のやり場に困りました。3年前は全然異性として意識した事が無かったのですが、いま目の前にいるY香は間違い無く一人の女性でした。なんとか動揺を隠そうとしているとY香が店のメニューを持って来ました。「何にする?」

とY香は言いながら顔を近づけて来た時に、ほんのりと良い香りがしました。何と表現したらいいのか分からないのですが、女性特有の甘い香りです。自分はメニューを広げて見ましたが、隣に座っているY香の事が気になってしまい、メニューの文字が頭に入って来ませんでした。

それで、昔よくご馳走になったハンバーグを頼みました。「ふふふっ!S介は相変わらずハンバーグが好きなんだね。まだ子供だね。」とY香は言いました。

自分は少しムッとしながらこう言いました。「だって、おばさんの作ったの美味しいんだもん。良いじゃん。」「分かったよ、そんな剥きにならないで。いま注文してくるね。」

と言いY香は店の通用口の方に消えました。しばらくするとY香は戻って来て、エプロンを付けて居たので目のやり場には困りませんでした。ほっとしたような、少し残念な感じもしました。「ごめんね。いま時間帯でお店が混んでるから少し時間掛かるよ。

冷たい麦茶入れて来たから、TVでも見て待っていてくれるかな。私も少し厨房の方を手伝ってくるからさ。」とY香は言い店の方に行ったので自分は、ぼけーっとTVを見てました。

そして30分程するとY香がハンバーグを手に持ち良い匂いをさせながら戻って来ました。「お待たせぇー!お腹空いたね。さあ食べよう。」と促されて二人で食べ始めました。久しぶりに食べたのですが凄い美味しかったです。そして食事が終わった頃にY香の母親が来ました。

「Sちゃん、久しぶり。元気そうだね。」とY香の母親は言いました。さすがに商売をやっているだけ有り明朗活発な方です。そして続け様にこう言いました。「聞いてよ。Y香は家では、いつもSちゃんの事ばかり話すんだよ。この前3年生になって始業式から帰って来た時に、凄い嬉しそうに言うんだよ。

Sちゃんと同じクラスになれたってさぁ。」するとY香は怒って母親にこう言いました。「もう、お母さんたら余計な事は言わないでよ!お店忙しいんだから早く戻りなよ!」

「分かった、分かった。お邪魔虫は退散するね。Sちゃんゆっくりしていってね。」とY香の母親は言いながら食べ終わった食器を持って店のほうに行きました。「もうお母さんたらっ!いま言った事、嘘だから信用しないでね。」

とY香は照れ隠しをしながら言いました。「うん、分かってるよ。」と自分は言ったものの、どういう意味なのか少し考えていました。

その後は先週の修学旅行の話で盛り上がり、お互いの撮影した写真を見せ合う事になり、Y香の写真は部屋に置いて有るとの事なので2FのY香の部屋に2人で行きました。久しぶりに入ったY香の部屋は綺麗にされていて、3年前と変わりは無かったのですが一つだけ違う事が有りました。部屋全体の匂いが、ほんのりと良い香りがしました。子供部屋から女性の部屋に変わったんだなぁー、と感心すると同時に興奮しました。

そして写真の見せ合いをしました。「うーん。やっぱりS介が撮ったのは綺麗だね。私のなんかピンボケばかりで駄目だよね。」「まあしょうがないよ。」

そしてY香が気に入った写真の焼き回しを頼んで来たので、昼食をご馳走になった事も有ったので了解しました。「ところで話が変わるけれど、何さっきから私の事ジロジロ見てるの?」ギクッ!ヤバイ。意識しないようにしてたがバレていたのか。

自分は少し開き直って、こう言いました。「なに言ってるんだよ。そんな格好されてたら男なら誰だって気になってしょうがないよ。」「ふーん。昔は私がこんな格好でいても平気だったのにね。何か今のS介は目がギラギラ血走ってエロイよ。S介じゃ無くてエロ介だね。

やーいエロ助平っ!」こう言われて、自分はかなり頭にきて何か言い返そうと思いましたが口喧嘩ではいつも負けていたので、結果は見えていました。そこで思い切って行動に出る事にしました。

「うるさい。黙れ。」と言いながらY香を畳の上に押し倒して、馬乗りになって肩を両手で押さえ込みました。するとS香は抵抗するかと思ったら全然そんな素振りは見せません。むしろ真剣な眼差しで自分の事を見ています。ここで自分は少し冷静になりました。良く考えたらヤバイ事してるよな。

でも、ここで後戻りも出来ないので思い切りました。「そのうるさい口を黙らせてやる。」と訳の分からない事を言いながら、自分の唇をY香の唇に重ねました。

すると驚いた事にY香の方から舌を入れて来ました。そして、お互いに舌を絡めあい長い時間、唇を重ねてました。しばらくして唇を離しS香を開放しました。

「ふーっ。どうだ参ったか?」と自分が起きながら言うと、Y香も起き上がって「フフフフッ!」と言いながら微笑んでいます。「何がおかしいの?」

「いやぁ、私の作戦通りに行ったからさぁ。今日はこんな格好でS介を刺激して、短気なS介を怒らせれば襲って来ると思っていたんだ。私の作戦勝ちだね。しかし10年振りだね。キスしたの。でも、あの時はこんなに長くないで、軽いのだったけれどね。」

なに?俺はY香の作戦にまんまと引っ掛かったのか?さすがに長い付き合いだけ有り俺の性格を良く知ってるな。しかし女性は計算高いと言うか、ズル賢い面が有ると思いました。そしてY香がこう言って来ました。

「さっき、お母さんが言ってた事、実は本当なんだ。中学になってからS介と同じクラスになれなくてさぁ。喋る機会が無くなって。そしたら3年になってやっと同じクラスになって嬉しかったんだ。でも私ってつくづく思うけど性格悪いよね。」

「えー、なんで?」と自分は聞き返しました。「だって昨年の秋にH美が嬉しそうにS介と付き合っている事を言って来たとき、内心は凄い悔しかったのに一緒に喜んであげて。逆に別れた時には一生懸命H美を慰めながら心の中はニヤリとしてたんだ。本当に自分でも嫌な性格だと思うよ。」

と言いながら、少し涙ぐんでました。自分はその泣き顔が愛しいくて、思わずY香をギュッ!と抱きよせてY香の顔を自分の胸に持ってきて頭を手でナデナデしました。しばらくして、Y香は落ち着くと自分の胸から顔を離し、見上げながら人差し指で自分の胸板をグルグルして甘えた声でこう言いました。

「ねえぇ!S介。私のこと好き?それとも、まだH美の事が好きなの?」自分は返事に困りました。今までY香は幼なじみの友人だったので友達としては好きですが、異性として見たのは今日が始めてでした。一方のH美は最初から異性を意識した娘。始めて付き合った彼女で正直忘れられないし、今でも大好きです。たまに学校で見かけても胸がキュッ!とします。

そして自分が中々返事をしないのにキレたY香はこう言いました。「もう、焦れったいなぁ。怒らないから男ならはっきりと正直に言いなさいよ!嘘を付いてもS介は癖ですぐに分かるんだよ。」そんな・・・。怒らないと言いながら、すでに怒っているじゃないのY香様。

それに俺が嘘を付くと癖で分かるの?怖いなぁ。と思いながらいまの自分の気持ちを正直に伝えました。Y香の事は好きだけれど、あくまでも友人の延長みたいな感じだと。異性として意識したのは今日が始めてだと。

そして自分の気持ちはまだH美に有ると言いました。すると、Y香は怒るかと思ったら、穏やかな声でこう言いました。「そうだよね。そんな簡単に、好きな人の事を忘れられないよね。

人が本当に真剣に人を好きになるなんて、一生のうち何度も有る事では無いだろうしね。正直に言ってくれて、ありがとう!」そして自分はこう言いました。「ごめんね!」

するとY香はこう言いました。「何で謝るのよ!私のこと嫌いでは無いんでしょう。今はH美に対しての気持ちが私より大きいだけでしょう。

そのうち時が経てば忘れられるよ。いや私が絶対に忘れさせる。」そしてY香は、自分の頭の後ろに手を回して唇を重ねて来ました。舌と舌を絡めあいレロレロしながら右手でY香の胸をTシャツの上から揉みました。小振りながら凄い柔らかく良い心地でした。

Y香も感じているのか「ハァハァッ!」と息遣いが激しくなり自分は唇を離してY香のTシャツを脱がせて上半身ブラジャーだけという姿にしました。するとY香は顔を赤くして恥ずかしそうに両手でブラを隠してモジモジしてます。それでも純白のブラは見えています。興奮した自分は我慢出来ずY香の後ろに手を回しホックを外して強引にY香の手からブラを奪いました。そしてY香を再び畳に押し倒しておっぱいを隠している両手を退けました。待望の生乳とのご対面です。少し小振り(Bカップ)ながら綺麗な形です。

乳輪が少し大きめで淡いピンク色です。自分は両手でY香のおっぱいを揉み舌を乳首にレロレロと転がしました。するとY香は気持ち良いのか「ハァハァハァッ!」と小さい声で喘いでいます。しばらく両方の乳首を交互にナメナメしていると段々と乳首がコリコリしてきました。あまり大きく乳首が勃起するタイプではないようです。そして右の乳首の方が感じやすいようなので、そっちを重点的に攻めながら右手を短パンの中に忍ばせて、パンティの上からY香のあそこを触ると「あっ!」とY香が言いました。

パンティはすでにグッショリとヌレヌレでした。自分は人差し指と中指でパンティの上から撫でるように指を往復させるとY香の息遣いは益々激しくなりパンティが益々湿って来るのが分かります。そして両手でY香の短パンとパンティを一緒に脱がそうとすると足を閉じて抵抗しながら「お願い。そこは恥ずかしいからヤメテェッ!」

とY香が言うので「恥ずかしくないよ。子供の頃は一緒に風呂に入った事も有るし今さら恥ずかしがる間柄では無いでしょ。今の成長したY香のここが見たいんだよ。お願い。」と自分が言うと「まだ怖いから、絶対に最後まではしないって約束してくれる?」とY香が言いました。

自分はY香に「分かった約束する。」と言うと抵抗するのを止めたので、一気に短パンとパンティを脱ぎとって素っ裸にしました。Y香は足を閉じて、両手であそこを隠して恥ずかしそうにモジモジしています。Y香は細身で童顔なので、あどけなさの残った少女の裸体に興奮しまくりです。

自分はY香の足を両手でつかんで足を広げ、その間に自分の顔を入れて足を閉じないようにしてY香の手をどけました。ついに観音様とのご対面です。Y香のあそこはヘアが殆ど無く僅かに産毛みたいのが有る程度で、いわゆるパイパンでした。そしてY香自身の愛液でテカテカしてます。綺麗な縦のラインの横からは少しビラビラが出てます。

自分は右手の親指と人差し指でY香の縦ラインを広げると見事なくらい中は綺麗なピンク色です。左手の中指の腹の部分で、Y香の愛液を塗る様にお豆の所を優しくサワサワするとY香は「ああっ〜!」と声を押し殺しながら悶えています。今度は舌で刺激しようと顔を近づけるとY香は「さっき、おしっこしたから汚いから止めて〜!」と言うので自分は「大丈夫だよ。」と言いながら強引に舐めました。

何とも言えない良い味です。さらに舌をレロレロと激し動かすと膣穴から愛液が溢れて来て、Y香は一生懸命声を押し殺してます。そして10分程舌で舐めたり指でいじったりしてると「はぁはぁっ、S介ぇ〜!お願い、タンマタンマ。お願いだからもう止めてぇ〜!」とY香が悩ましい声で言うので顔を上げて愛撫をやめました。

そして少しの間をおいて「はぁはぁはぁ〜。凄い気持ち良かったよ。自分でやるのとは全然違うよ。これヤバイなぁ。病み付きになるかも。」とY香が言ったので「ふーん。Y香も自分でやるんだ。」

からかいながらニヤニヤして自分が言うと「たまにね。別にいいでしょ。年頃なんだから。それより今度は私がS介を気持ち良くさせてあげるね。さあ脱いでよ。」そして自分は恥ずかしかったのですが、思い切ってズボンとパンツを脱いで畳の上に横になりました。両手でチンチンを隠していると「何やってんのよ。恥ずかしがってないで手をどけなさいよ。」とY香に言われました。さっきと逆の立場です。そしておそるおそる手をどけると、もうギンギン状態のチンチンの登場です。

するとY香は驚いた様子でこう言いました。「何これ?凄いね。こんなに大きくなるんだ。子供の頃は小指の大きさくらいだったのに成長したね。ちょっと触るね」そして右手でチンチンを握って来ました。

「うわぁ!凄い硬いね。この状態は勃起してるんだよね?」とY香が聞いてきました。結構エロ語を平気でY香は言います。「そうだよ。勃起してて一番大きい状態だよ。」

「なるほどね。でも男の人はこうなると射精しないと収まりがつかないのでしょう?私がしてあげようか?」とY香が言いました。確かにこうなると一発抜きたいので、お願いすると「その前に質問。H美とはどこまでしたの。A?B?C?怒らないから正直に言いなさい。」と言うので「キスだけです。」と自分が言うとY香はすぐに「嘘つかないの。S介は嘘ついても、すぐに分かるんだよ。」怖いな。なんで嘘が分かるんだよ。と思いながら正直に「ペッティングまでだよ。」と答えるとY香はニッコリと微笑み、こう言いました。

「今度は正直に言ったね。よし、Cまでは、してないんだね。」そして再び右手でチンチンを触ってきました。しかし初めての事なので戸惑いながら「どうやれば良いのかな?」

と聞いてきたので、やり方を教えました。そして5分程、手でシコシコしてくれたのですが動作がぎこちなくて中々逝けません。するとY香はいきなり亀頭を舌先で舐めてきました。すると自分は電気が走るような快感が走ったので思わず「ウーッ!良いよ、気持ち良いよ。」

と言うと、今度は亀頭を咥えて舌でレロレロしながら右手で肉棒をシゴイてくれました。そうされると、すぐに自分は絶頂を迎えそうになったので「逝っちゃう〜!出ちゃうよ。」口の中に出してはヤバイと思って、口を離そうとしたのですが離しません。

「出ちゃうから口を離して!」と言っても駄目でした。そしてついにその時が来て「逝くっ〜!」と言いながらY香の口の中に大量の精子を放出しました。

自分は心地よい余韻が残る中、あわててティッシュを取って「ゴメン!口の中に出しちゃった。早くこのティッシュに出して。」と促すとY香は「ゴックン!」と飲んじゃいました。驚いた自分は「大丈夫かよ?」と聞くと「ふふっ!大丈夫だよ。前にお兄ちゃんの持ってるエロ雑誌を見たときに精子を飲むと肌が綺麗になるって書いて有ったよ。でも余り美味しいものでは無いね。でもS介のなら飲めるよ。」

「いやぁ、これは飲むものでは無いよ。」「それより気持ちよかった?私の初めてのフェラチオだったんだよ。エロ雑誌で勉強してたけれど、やっぱり妄想と本番ではやり方が違うね。」

「うん。最高に良かったよ。ありがとう。」「あっ!まだS介のチンチン汚れているね。綺麗にしてあげるね。」とY香は言い再び舌でレロレロとチンチン全体を舐めてくれました。

すると若くて精力旺盛な自分はすぐに回復してしまい、またY香に1発抜いてもらいました。(今の自分では絶対に考えられん。)そしてこの日から、こんな本番無しの行為を中学卒業まで月1ペースで続きました。H美の時は毎日だったのに、何故Y香とは月1だったかというと理由は2つ有ります。まずはお互いにクラブ活動や受験で忙しくて時間や場所が無かった事。そして、もう1つは自分の気持ちがH美とY香では違った事です。H美に対しては本当に異性としての愛情感情が有り、それは中学を卒業するまで消えませんでした。

一方、Y香に対しては好きな事は好きだが、それはあくまで友人の延長の感じでした。現に毎日学校で逢っても、男女の枠を超えた仲の良い友人でした。そして月1で土曜日にY香の家に行き、こんな行為をするという関係。

今でいうと都合の良い女、本番無しのセフレでした。そんな自分の気持ちをY香は知っていました。卒業式の前日、この日は卒業式のリハーサルのみだったので午前中だけでした。

朝のHR前にY香が話し掛けてきたので、てっきり昼飯&お楽しみタイムの誘いかと思ったら違いました。放課後に音楽室に来てくれとの事でした。そして放課後に音楽室に行き「ガラガラッ」とドアを開けるとグランドピアノの椅子に腰を掛けている一人の娘がいました。

H美です。自分は驚いて近づきながら「H美ちゃん。」と声をかけると「えっ?S介君?何で?」とH美も驚いています。どうやらY香が卒業前に2人で話す機会を作ってくれたようです。それに気付くのは2人とも時間はかからなかったです。

「Y香は何を考えているんだよ。」と少し自分が怒り口調で言うと「そんな事を言ったらY香に悪いよ。私はこうしてS介君と卒業前に2人で逢えて、話す機会が出来て嬉しい。Y香に感謝するよ。」とH美が言いました。

確かにその通りだと自分も共感したので微笑みました。その後は2人で色々な事を話しました。これまでの事。こらからの事を・・・。そして、かなりの時間が経ってH美がこう言ってきました。

「S介君は、まだB×××Yを良く聴いているの?」「うん。まだ凄い好きだよ。毎日聴いているよ。」「よし。最後だし、思い出に一曲弾くね。でもS介君も知っての通り私はヴァイオリンが本職だから。本当はそっちの方が上手に演奏できるけれど今日は持ってないから。あまり上手くないけれどピアノで我慢してね。」

そして演奏が始まりました。イントロで何の曲かすぐに分かりました。『B・B×××』でした。半年前に発表された曲です。あまりピアノは上手くないと言いながらもH美の演奏は上手でした。

しかし普段聴いてる曲はもっと明るいのに、ピアノだけの演奏だと少し寂しい感じがしました。そこで自分は小さい声で歌いました。そして歌って行くうちに気付きました。この歌はまさしく今の自分の気持ちを歌っていると・・・。『違う明日を見つめてた』の歌詞の部分では、思わず熱いものがこみ上げてきました。

そして演奏が終わりました。後日Y香に何故あの時、H美と自分を会わせたのかを問い詰めました。するとY香はこう答えました。

自分が、いまだにH美の事を想っているのが分かっていたので敢えて会って貰い、お互いにスッキリして欲しかった。もしそれで自分とH美が交際を再開しても、それはそれで覚悟の行動だったと。中学卒業後は、Y香と月1〜2で会い、本番無しのセフレ状態が続きました。そして高校に入って初めての夏休みで、ついにY香と初体験を致しました。

その後、Y香とは付き合ったり離れたりを繰り返しながらやっぱり腐れ縁なのか、24歳の時に結婚しました。そんなY香も今では2児の母で、すっかりオバハンしてます。この当時は小振りだった胸は、いまではFカップまで成長したが体重も2倍近くまで成長しました。

トホホッ!そんなS香を見て最近つくづく思います。卒業式の前日にH美と交際を再開すれば、違う人生になったのかと?いや、せめて5年前に電車で偶然再開した時に格好付けないで連絡先を聞けば良かったと・・・。完

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. 読んだ感想 より:

    所々名前がY美からS美になっているところがあるのは何故です?

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 823記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。