マッサージで興奮、エロい展開になった

PR

マッサージをしているときに感じてしまった、マッサージをしていたら欲情してしまい・・・、マッサージからエッチな展開になった、マッサージ店で感じてしまう、マッサージ店でマッサージ嬢と・・など、マッサージに関係するエッチ体験談を投稿してください。

投稿されたエッチ体験談掲示板

  1. ゆめ より:

    中一の時に初めて友達とマッサージに行った時の話です。私は当時、Dカップでアソコにもかなり毛が生えていました。

    もちろん部屋は別々で、私はまあまあ若い男の先生でした。最初はブラとパンツでしたが、しばらく、マッサージをしている間に先生の手がブラの中に入ってきて、乳首をつままれ思わず「あっ」と声を出してしまいました。すると先生はブラをとり、生で私の胸をもんだり、舐めたりして、声を出してしまいました。そして次にパンツの上からアソコを触られ、すごい感じてしまいました。そしてパンツまで脱がされ、アソコにローションがかけられた瞬間さらに大きな声を出してしまい、先生がニヤっと笑って、クリトリスを触ったり舐めたり吸ったりしてきました。そして、指を入れられ、クチュクチュいっていて、すごい恥ずかしかったです。しばらく触られていて、もう声も抑えられず、下のシーツまで濡れていました。そして先生がパンツを脱いで、ビンビンに勃起したちんちんが見え、あっと思ったらもう私のマンコの中に入っていて、奥まで何回も突かれました。脚を大きく広げられ、奥まで何回か突かれたら、ビクビクってなって逝ってしまいました。それを見た先生はさらに突いてきて私の胸にちんちんを持ってきた時に逝って、私の顔まで飛んできました。その後、私はおしっこしたくなったのでトイレに行こうとしたら先生がコップを持ってきてここにしなさいと言われ、私は恥ずかしかったのですが、間に合いそうも無かったので、コップにしました。「ジョー」と恥ずかしい音が流れる中、コップから溢れ、シーツにまでかけてしまい、途中で先生がまた、手を入れてきて逝ってしまいました。

    この時私はもう、処女では無かったので先生が初じゃなくて良かったです。

  2. すずらんてーぷ より:

    マッサージしに行った時のこと。
    私が高校生のとき、部活でふくらはぎが張ってしまったのでマッサージに行きました。

    その時、マッサージをしてくれた先生が50代くらいの男性でした。最初は普通にふくらはぎのマッサージをしてくれていました。この時は普通に気持ちよかったです。

    30分くらいたってから今度は「ふとももも少し張っている」と言われ、マッサージをしてもらいました。その時に結構きわどいところまでマッサージをされ、「あっ」っと声が出てしまいました。

    その時に先生はニヤニヤ笑っていて少し怖くなりました。
    そのあと、パンツ越しにアソコを触られることがありビクッ
    っと動いてしまいました。

    マッサージは何処もこんな感じなんですかね?
    初めてだったので・・・

    そのあと1時間くらい続きマッサージは終わりましたが、さらに酷くなりパンツ越しに何回も触られました。そのたびに、「あっ んぁっ」という声が出てしまってとても恥ずかしかったです。そのたびに先生はニヤニヤ笑って入てさらに怖くなりました。

    しまいにはブラも脱がされて乳首を何回も触られました。
    これって普通ですか?

    1. ジャンヌ@CR より:

      普通ですな

    2. 匿名 より:

      普通じゃねぇだろ。ただのエロオヤジ。

      1. トシオ より:

        よくある。妻はインされました。これもよくある。普通でしょう。

    3. パンだ より:

      あたりまえ
      普通ですよ

      1. トシオ より:

        もう、やられちゃったかな。先生のチンポどうだった?痛くなかった?すぐ良くなるからね!

  3. ゆり より:

    海外に旅行中に。フットマッサージを受けていました。

    終わったあと、お店のお姉さんが、

    別料金で、全身マッサージも、どうですか?って言うので、
    してもらうことに。

    ショーツだけはいて、あとは、裸に。
    ちょっと、恥ずかしかったです。

    日本では、ありえないですが、
    オイルマッサージで、
    お姉さんに

    私のおっぱいをモミモミされました。
    そして、なぜか、
    オイルをつけて、
    乳首も、
    モミモミ、クリクリ。

    乳首を両方いっぺんに
    つままれて、
    長い間、クリクリされました。

    外国だから、こういうマッサージがあるのかと、思っていました。

    時間がきて、終わりになり、

    あとは、暫く、ここで、休憩してね!と、
    お姉さんが、カーテンを開けて出ていったんです。

    そうしたら、別の個室から、日本人男性の声が・・・・

    あっと、思っていたところ、

    その男性が、間違えて、
    裸で寝ている私の個室に。

    男性は、あっという顔でしたが、

    私の裸を見ると、ニヤニヤ。

    寝ている私に、覆い被さってきて・・・

    身体をその男に
    押さえつけられ、いきなり、キスをされました。口をふさがれ、ビックリしていると、

    男は、

    とても、可愛いくて、たまらない・・・
    と、言うと
    最後に残っていた、ショーツを
    はぎ取りました。

    怖かったけど、
    声が出せなくて。

    そして、男は
    私のおっぱいをモミモミしながら、激しく、乳首を吸ってきました。

    こんな状況なのに、
    私、濡れちゃって。

    男に、そして、
    足を大きく、開脚されちゃいました。

    で、男の顔が、私のオマンコに押し当てられ、

    クリトリスを激しく、吸い始めました。

    あああぁぁん・・・・

    こんな状況で、私ったら感じちゃったんです。

    男は、

    ねぇ、きみ。
    すごい、オマンコとろとろだよ~。
    クリトリスも、勃起してる・・・

    って。

    本当に、
    私は、すごく感じちゃっていました。

    男に、
    声が出て、お店の人が来ちゃうから、やめて…。ってお願いしたんですが、

    男は、
    いいのいいの、って。

    そのまま、
    クリトリスと、おっぱい、乳首を
    30分ほど、愛撫されました。

    声が出せなくて、
    クゥン・・・クゥン、

    声を押し殺しながら、
    男に、もてあそばれてしまい・・・

    最後に、とうとう、男の
    ぺニスが、オマンコに挿入されちゃいました。

    ああぁぁん・・・

    とうとう声が!

    すると、
    お店のお姉さんが

    個室に、やって来てしまい、

    私と、男の結合を
    みられちゃったんです。

    いやん。恥ずかしい!

    でも、お店のお姉さんは、
    はっ、と、はしていましたが、

    無言で、出ていってしまいました。

    男は、

    良かったね。まだ、愛してあげる。って言うと、

    私の身体を
    なぜか、男の持参した、紐で、
    縛り始めました。

    おっぱいをロケット見たく
    きつく、縛り上げ、

    私が、ビックリしていると、

    おっぱい、ツンツンだよ。

    って言いながら、乳首をまた吸い始めました。

    私も、もう感じちゃって

    あんあんって声が・・・

    手首も、背中で縛られ
    身動きできなかったんです。

    男は、

    可愛いよ・・・

    と、言いながら
    勝手に、私の

    縛り上げた
    ロケットおっぱいと、

    とろとろの
    クリトリスの写真を

    何枚も

    カメラにおさめていました。

    そして、男は、

    ありがとう。って行って、

    私のクリトリスを再び、吸い始めました。

    ああん・・・・。

    私は、とうとう、いってしまったのです。

    お店では、なにもなかったように
    出ました。

    男は、それきりですが、

    私の、エッチ写真

    色んな人に、見せびらかしているんじゃないかと。

    とても、エッチで、恥ずかしい
    体験です。

  4. 匿名 より:

    付き合ってる女の高校の学園祭に行ったら女は自分のクラスの模擬店あるからって行っちゃって1人でブラブラしてたら女の知り合いの3年生の子が「よかったらウチのクラス来てください!マッサージやっていて結構本格的なんですよ!」その子に連れてかれ早速マッサージ。う~ん、なかなかいい感じ 何より女子校生にマッサージされるってこれ以上の幸せは無いと思ってたら女の子達が1人、2人と増えて背中、両手、両足と同時マッサージによるハーレム状態、とどめは頭皮マッサージする子がオレの顔の前で制服のまま座っちゃったもんだから可愛いパンツが丸見えしかもその距離30㎝もないくらい、この子らわざとやってんじゃないか?と疑うシチュエーション。うつ伏せなんで股間がとんでもない事に・・、腰が浮いてしまいそれに気付いたらしい足マッサージ担当の子が下から手を入れオレのち〇こを擦り「ヤダ~、お兄さんのおち〇ちんスゴい事になってるんですけど!」その一言で仰向けにされ6人にち〇こ観賞されるのはいいとして、頭皮マッサージのキミ四つん這いの姿勢でオレを跨ぐな可愛いパンツが丸見えなんだってばよ!周りにバレない様にさらにクラスの女の子で壁をつくってち〇この試食会、頭皮マッサージ担当が「アタシのココ舐めて!」とパンツを降ろしてきたので(お前のせいでこうなったんだよ!)と心の中で呟きながら出来るだけのテクニックでおま〇こを愛撫したりGスポット探して締め付け強化を計ったりとれだけ締め付けアップされたか確認の為、侵入・・ ヤバい強化しすぎたとすぐに抜き別の子に侵入程よい締め付けに安心感を持ちピストン運動中、結合部分みながらオナニーしてた、頭皮マッサージ担当はすぐに抜かれた事がショックで泣いてたけどね。可愛いお尻に精子をいっぱいかけ頭皮マッサージにさっきの事を説明したらすぐに出ちゃってもいいからちゃんと入れて欲しいそうで自信はなかったが侵入してみたらさっきよりは持ちそうな感じ「どーなっても知らねえぞぉ!」と激しくピストン少しでも長く侵入してあげたくて最後は中出し後で確認したけど妊娠はしてなかった。結局、女とは別れ頭皮マッサージ達とハーレム状態でお突き合いさせてもらってます。頭皮マッサージがその中でもお気に入りですが・・。

  5. むーちゃん より:

    去年の夏の話です。大阪のオイルマッサージ店の話で、そこは、電話予約制で店舗は看板もなく普通のマンションで施術する形で、女の子と2人きりで完全個室が売りのオイルマッサージ店の話。
    折れ:180センチ・100キロの40才
    オイルマッサージ店の女の子:150センチくらいのロリ体系で、21才の入店2カ月でデビューして             一週間と言っていました。

    折れは、最近オイルマッサージにハマっていて、今回もサイトで探して新規予約をして、その店に行きました。
    マンションの前マデ行き、電話して部屋番号を聞き、オートロックを開けてもらって部屋に行く、折れはこの部屋まで行く行為がたまらなく好きで、愛人の家に行くみたいでハマってる理由でもある。オイルマッサージも気持ちいいからであるのは言うまでもないか。
    部屋の前着いたら、ベルを鳴らして、女の子に招き入れてもらうが、どんな女の子が出て来るか、これも2つめの楽しみでもある。
    出てきた女の子の印象は、aiko似(次からaiko)かなって感じで、折れ適に、まーまーかな。
    aikoに招き入れられ、部屋は1DKで、隅にある椅子に座り、お茶を飲みながら、時間の確認と説明を聞き、シャワー浴びるよう案内される、折れは、裸になり渡されたタオルを腰に巻いてシャワー浴びる、この店は、紙パンツを穿かずにマッサージを売りらしく、シャワーをでたら、新しいタオルを渡され腰に巻き、部屋の真ん中にあるマットに案内され、うつ伏せで寝るよう言われ、ふと周りをみると、いつもあるはずの身体を覆うくらい大きなタオルが無くて、マットしか無かった‥タオルといえば、腰に巻いてるのしか見当たらない、折れは、その事を言いながら、うつ伏せになると、aikoは、『はい、ここはタオル無しでの施術になります。寒いですか?』と言われ、折れは、寒くないと言うと腰のタオルも取られた。
    いざ、施術が始まり、足の裏からふくはぎへとオイルを塗りながらマッサージされ、時折、全体にオイルを塗り広げるとき、お尻にも塗る時に指先が、肛門を軽く触れてくるので、折れのジュニアが早くも少し反応してしまった。
    マッサージは、腰から背中になり、肩を揉むとき、aikoは折れの頭の上に正座をしマッサージを始めると、折れの前にaikoのパンツが覗けるではないか!! 言い忘れていたが、aikoの服装は、ワンピースなので容易に覗くコトができた。
    折れはつい『青色!』とパンツの色を、いってしまた。
    aikoは、『あっ 見えちゃいました?』
    折れは、『うん 見えてる(笑)』と言い、aikoの太ももを撫でてみた。
    aikoは、『こらっ!触ってるし(笑)』と言いながら、避けることもせずマッサージを続いている! 折れは、、これは誘ってる??
    そして、うつ伏せのマッサージが終わり、今度は仰向けになるよう言われ、折れは、仰向けになると、さっきのコトもあり、ジュニアは半立ちの状態をaikoに見せることになった。
    aikoは、その事にふれず、折れの横に座りマッサージを足から始まる。
    折れは、さっきのこちもあり、もう一度、aikoの太ももを触ってみた、するとaikoは、ニコッとし、折れのジュニアの周りのマッサージを始めた、時折aikoの腕が、ジュニアに当たって、ワザとかなと思ってしまうくらい、当ててくる。
    折れは、『ワザと?』
    aikoは、『なにがです?(笑)』
    折れは、『それなら、お返しをしないと(笑)』
    と言い、ワンピースの中に手を入れaikoのお尻をパンツの上から触った。柔らかい感触を感じた。
    aikoは、『わー(笑) エッチ!』
    折れは、『いいの?』
    aikoは、『もう、触ってる(笑』
    折れは中に入れた手を上に滑らし、ブラの上から触った、ワンピースなので容易にできたが、あまり大きく小ぶりだなど思い、ここは一気にたたみかけようと思って、ブラの隙間から指を入れ乳首を摘んだ。
    aikoは、『イヤンっ(笑)』
    折れは、『いいの? もっと触りたい』と言うと、aikoはニコッとして
    aikoは、『少しだけですよ。恥ずかしい(笑)』と照れ笑いしながらワンピースを脱ぎだした。
    折れは、『ありがとう!』と言いながら起き上がり、aikoのブラに手をかけホックを外した。
    aikoは、『えっ!』
    折れは、『オイル付くよ』
    aikoは、『そっか。じゃ下も脱いだ方がいい?』折れは、頷きながら、パンツに手をかけた。
    aikoは、『早い(笑)』と言い終わる頃のは、素っ裸になっていた! やっぱりロリ体系だった。
    折れは、aikoの左の乳首にしゃぶりついて、右の乳首を指で転がした。
    aikoは、『あっ イヤン 恥ずかしい』といいながら、折れの頭に抱きついできた。
    折れは、右手をaikoのお尻からアソコを触ったら、もう軽く湿ってるのを感じ、クリを探して、指ではじいてみたら、
    aikoは、『やっ あっ 恥ずかしい』
    折れは、『濡れるよ』aikoは、『オイルかな』といいながら折れの胡座の上に座ってきた
    aikoは、横にあったオイルの容器からオイルを、プッシュして出し、折れのジュニアにに塗りaikoの腹と手で挟む形でこすってきた。
    折れは、『慣れてるね。いつもするの この店のサービス?』
    aikoは、『店には、内緒ですよ 信じてもらえるかわからないけど、初めてで、流されてしてしまってる、お客さんがここまで、もってくるのが、上手いから(笑)』
    折れは、『うれしい!』といいながら、aikoを、押し倒してキスし、ジュニアを、aikoのアソコに当ててみた、充分濡れていたので、挿入してみた。
    aikoは、『あっいっ 大きい! ゆっくり あっ! ゴムは?』
    折れは、『もう半分はいちゃた 付けた方がいい?』といいながら、奥まで入れた。
    aikoは、『あんっ 大き過ぎる もう そのままして イキそう わー すごい すごい』
    折れは、ゆっくり前後運動してみた、そごく狭く、締め付けてくる感じが、興奮した。
    aikoを、抱えて騎乗位の体勢に変えた。
    aikoは、『えっ!これ駄目 できないっ あん ダメ あっ ダメ』
    折れは、下から突き上げてた。
    aikoは、『あっ あん あん いい こっ 壊れるっ 奥にっ あん あん もう いっ イキ イキそうっ』といいながら、倒れてきた。折れは、いったんジュニアを、抜いて、aikoは、ぐったりマットに倒れ込み、折れはaikoのお尻を持ち上げ、バックの体勢にかえた。
    aikoは、『待ってっ いったばっかり 休ませっ あん 入れたら ダメっ 壊れるっ あん あん ダメ イっ イーーーーーーーーーーークーーーーー』
    折れは、入れたまま、いろいろ 体位を変え、最後は、正座位にかえて、
    折れは、『イキそう 中は、ヤバい?』
    aikoは、『もう ダメっ あっ あっ あん いいよ 中でっ あん イキそう イク イクーーーーー』
    折れは、『折れも イクよ』といい、中に注ぎ込んだ。そのまま、二人は、マットに倒れ込んだ。aikoは、ぐったりしていて、折れは、タオルでaikoのアソコを拭いた。
    aikoは、『あっダメっ まだ 敏感だっ から ダメっ あん いい ダメっ』
    折れは、タオルで拭くスピードを上げてみた。
    aikoは、『ダメっ ダメっ ダメっ いい イクっつう』
        『ダメって いったのに 壊れる 早く シャワー浴びよう 時間ないみたい』
    折れとaikoは、慌てて、一緒にシャワー浴び、中でもう一度、挿入したのは、いうまでもない。時間は、ちょっとオーバーしたけど、この後、予約が入っていないので、助かった。

    長い話で、すいません。この話は、本当にあった話で、皆様も、出会えるかも。
    ちなみに、今もaikoとは続いています。   
                                          終わり

投稿する


PR