エッチ体験談 12,000話 突破!!

還暦のお袋

駄目息子さんから投稿頂いた「還暦のお袋」。

30過ぎて童貞・独身・彼女無しの駄目息子です。
たまにセンズリしてスッキリしてるけど、それにも飽きてきた。って事で還暦のお袋にお願い。
「お袋、ムラムラすっからマンコ貸してくれ」

「あんた…こんなババア相手に何言ってんだい?」
「良いだろ?息子の為にマンコ貸してくれよ、ゴム無いけど」
「まったく…この歳で息子に身体貸すなんて思いもしなかったよ」
拒否されるかと思ったけど、親父が死んでから十年以上ご無沙汰だったせいか、お袋は簡単に許可してくれた。

おばさんパンツを脱がすと、弛んだ尻肉が先ず目につき、期待せずに見たマンコは意外と美まんだった。
「へえ…お袋のマンコって綺麗だな」
「そんなにじっくり見るもんじゃ無いよ、やるなら早くしな」
「まあまあ、先ずは濡らさないとな」
せっかくだからお袋も気持ち良くしてやろうとクンニしてやる。

「あ…そんな事されたの初めてだよ」
「親父はしなかったのか?」
「アレがするわけないだろ?いつも自分勝手に始めて碌な愛撫も無しさ」
「なんだそりゃ…勝手すぎだろ」
「だから息子が丁寧な愛撫してくれて嬉しいよ、ありがとうね」
「やらせてもらうんだから、これくらい当たり前だろ?それにしてもお袋って感じやすいのか?もうビショビショだよ?」
「余計な事は言いなさんな」

「へいへい、それじゃチンポ入れるよ?」
「好きに動いて良いからな?もう生理はとっくに上がってるし中で出して良いよ」
「そうさせてもらうよ」
「んあ!久しぶりのチンポは効くねぇ…ああん…」
「まだ現役でいけるんじゃないか?めっちゃ締まるよ」
「そうかい?あんたが気持ち良くなれるなら良かったよ」

「あ〜、お袋の中あったけぇ…ここから俺が生まれたんだよな」
「そうさな、お前の生まれた所だ…おかえり」
「ただいま…ってどんな会話だよ」
「立派になって帰ってきたな、母ちゃん気持ち良いよ」
「頑張るからよ、お袋も久しぶりのチンポで感じてくれよ」
「あの人のチンポより気持ち良いよ、あんたを産んで良かったよ」
「孝行が出来たなら良かった」
「この歳で女に戻れるなんてねぇ」

「お袋さえ良ければ、これからも抱かせてくれないか?」
「そりゃ、これだけ気持ち良くしてくれるなら願ってもない」
「ありがとな」
お袋の反応を見ながら何処が感じるか、どんな動きが良いのか確かめる。
可愛い喘ぎ声まで出して本気で愛おしくなった。
「お袋、途中で悪いけど布団に行かないか?」
「どうしたよ?」
「なんだかお袋が可愛いくて、もっとちやんと抱きたいんだよ」
「母親を口説くんじゃないよ…馬鹿だね」
「良いだろ?」
「仕方ないねぇ」
チンポを抜いてお袋をお姫様抱っこして布団に運ぶ。

「良いもんだね、この抱かれ方は」
「だろ?って言っても俺も初めてやったけどな」
布団で服を脱がせる。
「ごめんな?こんな垂れたオッパイじゃ興奮しないだろ?」
「そんな事ないよ、久しぶりにオッパイ吸わせてよ」
「ああ…懐かしいね、昔はこうやって飲ませてたな」
「美味しいよ、お袋のオッパイ」
「そうかい?男はいつまで経っても甘えん坊だからな」
「乳首立ってきたよ?感じてる?」
「そりゃ、そんなスケベな吸い方されりゃな」
「お袋に産んでもらえて良かったよ」
「なんだよいきなり」
「こうしてお袋に抱きついてると懐かしくてな」
「私もだよ、まあ…今は男と女の関係になってるけどな」
「嫌か?」
「嫌なら断ってるさ、ほれ、さっきの続きをしておくれ」
「じゃ、改めて入れるな?」
「ああん…やっぱり気持ち良いねぇ」
「愛してるよ、お袋」
「んむ…今そんな事言うのは反則だろう?しかもキスまでして」
「素直な気持ちだよ」
「もう…私も愛してるよ」
完全に俺と女になって愛し合った。
お袋に女を感じて何度もキスを繰り返して舌を絡める。
丁寧にネチッこく奥を突いてやったらめちゃくちゃ色っぽい表情をしてイッてくれた。
「まだ出さないのかい?私はもう欲しくて堪らないよ」
「そろそろ出そうだよ」
「早く中に出しておくれ、さっきからイキっぱなしで切ないんだよ」
「ああ…出そうだ…お袋の中に出すよ、受け止めてくれ」
「出して!母ちゃんの子宮にあんたのを注いでおくれ」
「イクよお袋!」
「早く!早く頂戴!」
「出る!」
「ああ…あんたの精子が入ってくる…凄く幸せな気持ちだよ」
「俺もだ…お袋愛してる」
「私も愛してるよ」
力強く抱きしめてくれるお袋とキスしながら奥深くに射精を続ける。
センズリじゃ出した事ない量が出てる気がする。
長い射精が終わってチンポを抜くと、お袋のマンコから大量の精子が逆流してきた。
「ずいぶん出したね、溜まってたのかい?」
「ああ、暫く抜いてなかったし、お袋の中が気持ち良すぎて大量に出たよ」
「喜んでもらえて何よりだ、これからは溜めないで母ちゃんに言いな?」
「よろしく頼むよ」

よく昔の母親の姿が理想の女性像って聞くけど、還暦の今も理想の女性に変わりないと思う。

コメントを残す