エッチ体験談 12,000話 突破!!

パート先での出来事の続き

ジュンコさんから投稿頂いた「パート先での出来事の続き」。

朝、無造作に捨てられていたティッシュの塊が気になってました。
これは意図的なものなのかと…

蓋の無いゴミ箱ですから、あきらかに目立つし、そのゴミ箱は店員が処理するのは解っている筈なのに、どうしてなんだろう。

その日は、朝10時から15時までの勤務。
13時ぐらいにもう一度そのドライバーさんが納品に来ます。

その時、どんな表情や態度するのかで判断できると思いました。

納品の時間が近づいてくると、私は緊張してました。
ソワソワと落ち着かなく、何も手に着かない状態でした。

そんな私を知りめに、ドライバーさんは何食わぬ顔をして店内に入って来ました。

「お疲れさまー!」と、ドライバーさんの声。

普段なら何でもない事なんだけど、その時だけは身体がビクンとするぐらい驚いてしまったので、如何に緊張していた事か…

ドライバーさんが店内に入って来た時、その視線がゴミ箱の方ヘ向けられたのを私は見逃しませんでした。

中にあったティッシュの塊が無くなっているのを確認したドライバーさんが、何を思ったのかは知る由もないですが、普段と変わらぬ様子で納品をしてました。

しばらくすると納品が終わったみたいで、私の後ろ姿を見つめているドライバーさんと視線が合ってしまいました。

ドライバーさんは臆する事もなく、一向に視線を外すこともなく私に
「ジュンちゃんって、スタイル良いよね」と話し掛けて来ました。

動揺する私に対して更に
「こんなところに1人でいると、客に口説かれたりするんじゃない?」

私の表情を読み取ろうとする顔で言って来ました。

すっかりドライバーさんにマウントを取られてしまった形でその時は終わりました。

第一印象とは変わって、今では緊張してしまう存在に変わってしまったドライバーさんです。

今後、どんな展開になって行くか?
また投稿させてもらいます。

1 COMMENT

コメントを残す