エッチ体験談が12,000話を突破しました。

青姦させられた男

PR

おっさんさんから投稿頂いた「青姦させられた男?」。

妻は若いと言うより娘時代から好き者で、毎日毎日朝晩何回もSEXさせられて
結婚させられた?私でしたが、そんな妻だから21,23歳で二人の子を産み、私も好き者
早速避妊リングを入れさせて、殆ど同時期に結婚した友人と互いの妻を交換してSEXするようになりました、

それは互いの家の中であったり、車の中であったり山中の野原であったり夜の公園だったり
時も場所も選びもしませんでした、
良く人は、子供が出来るとSEXから離れるなどと言いますが
私等二組の夫婦はそんな事全くなく、子供も同じような時期に妊娠出産したました、

互いの妻のおなかが大きくなって行く様も裸にして見ながら夫婦間でも、相手の嫁とでも出産間際までSEXしていましたし
子供が生まれても、横に寝せてSEXしながら、全員裸ですから子供が起きるとそのまま
乳を吸わせながらバックからのセックスをしていました、
そんなだから青姦なんて当たり前でしていましたが、
さすがに人に見られながらと言う事はなかったと思いますが、チラッと位見られたかなと言う事はあったと思います

そして子供も数歳になり私の家の二階に子供部屋が有り結構早く寝てしまえば安心な子供たちでした、
その頃から私は夜中の城跡、あちこちの公園等々、
青姦が多いという噂がある場所へ覗きに行く事が趣味が出来ました
でもなかなか良い目には会えなかったし、しかもいくらSEXをしている男女を見つけたとしても
見たい所が見えるはずもなく、当時としてはとても高かったスターライトスコープまで買いました

ただ夜、夜中黒っぽい服を着てそう言う所をこそこそと動き回るのは不審者として見られそうでそれが悩みでしたが
そんな事を暫く続けていると、あちこちそういうスポットで良く出会う覗き連中がいる事を知り
彼らは複数で移動するとか、ある人は犬を連れて移動し、なるほどなーと思う頃には
結構話などして、何処が良いとか情報交換するようにさえなりました、

しかし私には覗き趣味の友人もいなかったし犬も飼ってもいなかったし、
どうした物かと思っていて、ああそうだ妻を連れて歩けば不審者とは思われないだろう?
と言う事で、
妻と夜中散歩しようかと言って連れ出し、そういう青姦天国のような場所へ行き私は双眼鏡や夜目の効くものであちこち探していると
さすがに不審に思った妻からあんた一体何しているのと問い詰められ
白状すると、私を犬代わりに使う気だったの
とまあ怒られた怒られた!

そして、そんなに人のSEXが見たいのなら私とすりゃあいいだけでしょう、と言うと私を引っ張り公園の芝生に入り込み遊歩道との境には膝高の柘植で四角や三角の区画が仕切られていますが

その一つの区画、広さで言えば6畳位の所で広い公園の端のほうで覗き連中にしてみれば、一番のポイントの所へ妻は私を引っ張り込みあっという間に私のズボンパンツを脱がすと芝生に寝させられチンポを銜えられ勃起させられ

妻もジーパンを穿いていたのでそれもあっという間に脱いでショーツも脱いで私に跨りあっという間にオメコに嵌め込み腰を振り出しました

夜中の公園と言っても何本かの水銀灯が点いていて、
煌々と明るい訳ではないがまあ近づけば繋がっている所もしっかり見られるだろうし
そこにいつも集まっている連中はそれなりの道具は持っているし
中には赤外線カメラさえ持っている連中もいる
妻との青姦なんてもう何度したか数え切れないが、
その時の妻は私が覗きのために犬代わりにされたと言う事が腹立たしかったのでしょう
私は言いはしませんでしたが、近くにに覗き連中がいる事くらい判っていたのでしょう
過去の青姦と違いその時は結構な喘ぎ声を我慢もせず上げて
しかも腰の動きもねちっこくいかにも他人に見せるかのようなSEX
時にはチンポとオメコを離し尻を突き上げ
他人に見せるような事までしながら、
時間もいつもの倍くらい、1時間位に渡ってSEXさせられました
状況が状況で、私も気持ちは良いにしても射精する気にはなれず
妻だけは何度アクメを味わったか、やっと開放され
後日そこへ行き顔見知りの覗き連中に最近はどうかと聞いたら
おうっ!この前物凄いカップルか夫婦がいてな、そりゃあ凄かったぞ
と話の細部からどう考えても私等の事でした
まあ写真撮られたとしても彼らには下半身しか興味ありませんから顔は写っていない?と思いたいですが?
青姦しに行こうと言って、断る妻では有りませんが
あの時だけは本当に妻に青姦させられた!と言って良い、思い出でしたね
妻の露出趣味が生まれた時と言っても良いかも?

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR