エッチ体験談が12,000話を突破しました。

宿泊研修のバスで

PR

ジェイコブさんから投稿頂いた「宿泊研修のバスで」。

俺が中2の時の体験。
中2の時、ある離島への宿泊研修があった。行きは班別で電車だったが、帰りはクラス毎のバスだった。ボッチの人が出ないように、予め、男女バラバラで席が決められていた。
俺の隣は、その年に転校してきたばかりの女子だった。その子は巨乳で、色白で、普通に可愛くて、うるさい訳じゃ無いけど陽キャだった。

帰りのバスの中では、みんな学校指定のジャージか体操服という服装だった。
1泊2日の日程ではあったが、みんな慣れない環境ということもあり、疲れていて、気付いたら周りは隣の女子も含めて殆ど寝ていた。
俺も寝ていたが、ふと目を覚まして辺りを見渡すとそんな様子だった。
隣の女子を見た。
上は体操服、下はジャージで眠っていた。
やはりその乳に目が釘付けになった。
デカイ!触りたい?揉みたい
欲望と理性の間を思考が展開した結果、俺は前者に気持ちが傾いていた。
周辺の人は前後左右、みんな寝ている。こんなにおいしい場面は無い。
ゆっくりと手を片方の乳房に近づける。そして….
モミッ!ムニュッ!柔らかい?
下から持ち上げるように、横から挟むように乳を揉む。
俺の興奮は止まらない。行動はどんどんエスカレートした。
手をジャージズボンの下に潜らせた。そしてパンティの中へ!
シャリっと聞こえてきそうなジャングルを手に感じた。初めて触れる女の陰毛。可愛い女子でもこんな獣のような部分があるのかと今更ながら思った。
そしてさらに奥へ手を突っ込む。生殖器に触れると若干濡れてる気がした。
その時、バスが大きく揺れた。
今まで慎重に動いていたが、これによってゆっくりと彼女が目を開いた。
「えっ!?」
俺は慌てた。自分の手はパンティの中で性器を触っている。どう考えても異常な状況だ。
「ごっごめん!」
そう言って慌てて手を引き抜いた。
しばらく沈黙が続いた。
「ごめん、何でもするから
だからみんなには内緒にして!」
「いいよ」
予想外にあっさりだったので呆気にとられた。
「その代わり、セフレになってよ
私の身体、もっと好きにしたいでしょ」
まさに青天の霹靂。俺は耳を疑った。
「二人だけの秘密の関係ね」
それから俺は週1くらいの頻度で身体を重ね合い、交わるようになった。
最初は普通のセックスだったが、どんどん色んな事を試すようになっていった。
69、緊縛、浣腸、アナルセックスなどなど
その関係は彼女に彼氏ができてからも卒業まで続き、毎週のように濃厚な交尾をした。

11+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR