エッチ体験談が10000話を突破しました。

帰郷して来た2歳年上の幼馴染の女子大に誘われて

信司さんから投稿いただいた「帰郷して来た2歳年上の幼馴染の女子大に誘われて」

17歳の高校生です。
近所の幼馴染で都市の大学に行っている2歳年上の彼女に誘われ、彼女の運転をする車の助手席に乗って海に行き、彼女は僕に彼女は出来た」kと聞いたり「まだ童貞」と聞いたりオナニーは何時頃から週に何回するのかなど聞かれ、僕も彼女に「セックスの経験はしたの」とか聞いたりしてました。

彼女はすでにセックスの経験をしていて「セックスってていいわよ、しんちゃんにも教えてあげた」言うので僕はチンチンが硬くなっていました。

誰もいない海の見るがけの傍に車を止めて、車から降りて海を眺めてると彼女に抱きしめられ口づけされ、下を入れるので僕は彼女の舌を絡ませているとチンチンを擦られるので僕もオマンコの所を撫ぜてると彼女は車の後ろの座席に乗り僕を招くので彼女の横に乗ると彼女はTシャツを二でブラジャーを外して「しんちゃ、触ってもいいわよ」と言うので、僕は弾力のあるオッパイを触り乳首を指に挟むようにして乳房と一緒揉んでると真ちゃん、パンツを降ろして」と言うのでズボンとパンツを脱ぐとビンビンになっているチンチンを軽く握り「しんちゃんの結構大きいのね」と言いながら扱くので、僕も彼女の腿を擦り奥の方に手を入れると彼女は腰を持ち上げてスカートとパンテイーを脱ぎ股を開き加減にしてるのでオマンコを指先で撫ぜるとおつゆが溢れていて、にれた指でコリコリしてる処を撫ぜたり中に指を入れて指を動かして楽しんでいると射精しそうになったので「出そうだよ」と言うと彼女はチンチンを口に頬張り指で扱くので彼女の口の中に射精してしまいました。彼女はチンチンをしゃぶったままにしているのでまた硬くなると彼女は前向きに僕に跨りチンチンをオマンコに宛がって擦りつけ腰を沈めたのでズブズブと中に嵌まったので僕は下から突き上げるようにしていると彼女も腰を浮かして上下に動かし、口づけを交わしながらオマンコを続け、オッパイを揉んだりしてるとおつゆが僕の腿に垂れて彼女は「しんちゃ、いいわよ」と耳元で囁くので僕も「オマンコいいよ」と言うと彼女は「アアア、ウウウン」と声をあげ僕から離れると後ろ向きになり「後ろから突いて」と言うので後ろから挿入して彼女の腰を抱き寄せて大きく突いてるとまた出そうになったので「出るよ」と言うと彼女は「もう少し突いてあたし逝きそう」と呟いて「ハアー、ハアー」息を荒くして「逝くウウウー」と声を上げるのd僕は抜いて外に出しました。

4+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!