エッチ体験談が10000話を突破しました。

不良の女の先輩と遊んでいたら「Hしたことある?Hしたい?」って聞かれて・・エッチな体験談

不良の女の先輩と遊んでいたら「Hしたことある?Hしたい?」って聞かれたときのエッチな体験談。
中1の夏休みに友達と夜フラフラしてたら、1つ上の女の先輩2人が
コンビに前でシンナー吸ってたんだ。
1人は学校にはほとんど来ないT先輩。暴走族のアタマと付き合って
いて、危険なにおいがいつも漂っていた。
もうひとりは超美人で有名なS先輩。斉藤由美に似てんだけど、斉藤由美
本人よりも美人だから、ホントに超美人。
そんで、オレ達、このチャンスをなんかものにしなければと思ったんだ。


「センパ~イ。シンナーはダメですよ~。カラダに悪いから、ファンの
俺達のためにも止めてくださいよ~」って甘えた口調で言ったら、
「カワイイー、食べちゃうぞっ!」
この反応で、俺ら今日、絶対やれると判断。
4人でオレの家に行き、最初は普通に話をしてたんだけど、
いきなりT先輩から、Hしたことある?って聞かれ、正直に
ないよって答えたんだ。そしたら、ニコニコして、Hしたい?
俺はヤンキーT先輩。友達はS先輩と布団に入り、ソフトキス、
ハードキス、そして俺のズボンに先輩の手が伸び、つつみ、
かめをコスコス。最初はゆっくり、徐々にピッチが上がり、
先輩もマラが固く大きくなったのが興奮したらしく、スゴイ、
スゴイ、物凄いかたくなっちゃった、って。
初めての体験で、気持ち良すぎて。もう、チンチンは噴火寸前。
いきそうなんだけど、いったらもったいないって思うじゃん。
絶対最後までやれる状況なんだから。
おっぱいチューしながら、ひたすらがまんしたんだ。いかないように。
そしたら先輩が、最後までしたい?って聞いてきたんだ。
「したい!」って言ったら、「もし私としたのバレたら、殺されちゃうけど
それでもしたい?」って聞くんだ。
先輩のかわいいおっぱい、乳首、オメチョをビロビロしたら、もう殺されても
いいからしたいとおもったんだ。
「怖くないからしよう。」「わかった。」
先輩はおれの○○を口に含ませ、トローリ、トローリ、ゆっくり、
やさしくなめなめするんだ。おれは、歯を食いしばって、いかないよう
ガマンし続けた。
先輩の中2とは思えないテクニックに俺は、「先輩のアソコに入れたいな。」
先輩、「いきそうなの?ちょっと待ってね。」
たぶん、ちょっと出てたと思う。いや、絶対出てた。
先輩、「○○くん、すごくおいしいよ。」
先輩は俺の上に乗り、オレのチポを先輩のオメに、ゆっくり、ゆっくり、なかに
導いた。俺のチンは今までに経験したことがないくらい大きく、硬くなり、先輩
は握りながら、○○くんのチン、スゴイ、スゴイと驚いてました。
全部入ったとき、こんな大きかったらわたしのオメ壊れちゃうから、ゆっくりし
ようねって、先輩はゆっくりと腰を動かし始めました。
ゆっくり動かしていた腰が、徐々に早くなるととともに、
「あっー、あっー、気持ちいー、すごく気持ちいよー」と、
声はどんどん大きくなり、息使いも激しくなりました。
先輩のアソコは、どんどんビシャビシャになり、液がたくさん
出てきました。先輩の腰は、どんどん早くなり、表情も険しく
なってきました。
先輩の腰がどんどん早くなるごとに、頭がくらくらし始め、
先輩のやらしい声と表情を見て、ひたすら発射をガマンしました。
先輩の腰がもの凄く速くなり、「○○くん、いきそう!いきそう!」
もうガマンできないー!発射!ドピュー。ドドピュー!
ものスゴイ量の液が出ました。
先輩は、なんと発射0.5秒前に腰を上げ、液は筒外に発射しました。
先輩、プロですね。
ご清聴、ありがとうございました。(

0

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!