エッチ体験談 13,000話 突破!!

さよならのカウントダウンを感じた前カノの思い出

CFさんから投稿頂いた「さよならのカウントダウンを感じた前カノの思い出」。

懐かしい、PCカードアダプタに挿さったままで、64MBのコンパクトフラッシュを見つけた。
もう、PCにスロットルが無いからプリンタ経由で見てみた。
データは20年前のもので、嫁の前に付き合っていた前カノのデジカメ写真だった。

大学3年生の元カノ、俺の職場にバイトに来た時に引っ掛けたんだ。
可愛いなあ・・・
そうそう、セーラー服着てコスプレしたよなあ。
これ、顔を背けて左腕で顔隠して、オマンコ指で広げてるエロ画像、懐かしい。

セーラー服着てのハメ撮りも、顔を背けて手で顔隠してるけど、結合部は丸出し。
ピンクの肉穴に俺の生肉棒が突き刺さり、出し入れにビラ肉がめくれてる。
こんな写真撮ったんだ・・・
肉棒を抜くと、ポッカリとピンクの穴が・・・ん?俺、、中出ししたんだ。
泡立った愛液に混じって、精液が、ドロドロと流れ出てる。
少し茶色いのは、生理の始まりかけかな。
「しかし、極めて猥褻な写真だな・・・」
と言いながら、フォルダごと削除した。

思い出深い前カノ・・・
もう、20年も昔なんだ・・・
前カノが大学4年の時、
「私、地元に就職しなきゃだから、お付き合いも卒業までになるんだ。悪いけど・・・」
寂しそうに言ったっけな。
俺、その時初めて元カノとの付き合いが有限だと気づいて、さよならのカウントダウンを感じて切なくなったんだ。
その時、思い出にセーラー服コスプレでハメ撮りしたの思い出した。

前カノとの最後の夜は、俺のアパートだった。
前カノのアパートは、引っ越し荷物でいっぱいだったからね。
最後のセックスをして、翌朝、俺のアパートと前カノのアパートの中間のマックで朝飯食って、そこで別れた。
「じゃあね・・・」
「ああ、じゃあな・・・」
どうしてもサヨナラって言えなかった。
俺、前カノの姿が見えなくなるまで、ずっと見送ってた。

前カノ、42歳か・・・
幸せでいてくれるかな。
もう一度会ってみたいけど、俺も45歳のオッサンになってしまったから、お互い老けたな~って思うだけだろうな。
こんなオッサンでも愛してくれる嫁は、女神だな。
前カノとの恋愛は良い思い出で、切なさも残る思い出だが、それ以上でもないし、それ以下でもない。
やっぱり、俺には17年連れ添っている嫁しかいないんだろうな。

3 COMMENTS

匿名

これも彼の書き方にそっくりだけど、彼じゃないよ…彼じゃないのに、彼の気持ちみたいに書いて、酷過ぎるよ…本当に、本当に悲しい…

返信する
匿名

彼の年齢や外見、私は書かれてるみたく、思わないよ。彼は彼って思うよ。愛してる人の事そんな風に思ったりしないよ…

いくつになっても、彼は彼だよ。いつまでも…ずっと、ずっと変わらずに…彼を愛し続けます。

返信する

コメントを残す