エッチ体験談 13,000話 突破!!

勘違いで別れてしまった元カノと…

元彼さんから投稿頂いた「勘違いで別れてしまった元カノと…」。

元カノと共通の友人を通じて、元カノと俺はお互いの勘違いで別れてしまっていたと知った。
しかも、俺と元カノの仲を妬んで、別れさせようと画策されたんだと。
元カノも同じタイミングでそれを知ったようで、ラインが来た。

「一度会いたい」と。
多分、もう会うことは無いだろうけど、どうしたもんか…考えた。

元カノと別れたのは、もう6年も前のことだよ。
元カノ、ちょっと弘中綾香に似てて、ロリ可愛い女の子だった。
裸にセーラー服着て、チラリズムで誘ったり、セーラー服着たままセックスしたり、とてもスケベな女の子だった。
酔っぱらった時なんか、セーラー服着たままオナニーしたこともあった。
左手でV字でオマンコ広げて、右手中指でクリ弄りして、アヘアヘする姿見せてくれた。
そして、ドレッシングの瓶をオマンコに出し入れして、本気で感じてたっけ。

元カノのオマンコ、ザラついてて気持ち良かったなあ。
カリがガリガリ当たって、元カノも気持ち良くて本気汁噴き出して、小ぶりなロリパイ震わせてヨガリ狂ってた。
元カノ、感じてくると入り口のちょっと奥がキュキュッと締まって、あっという間にコンドームが精液だらけになった。
あのキュキュはとても我慢できなかったよ。
あんなに仲良しだったのに、お互いに浮気の噂流されて、次第に疑心暗欺になって別れた。
潔白を証明するのって、ものすごく難しいことだとあの時に初めて知ったよ。
「残念だけど、お互いの信頼が失われた以上、終わりだな。さよなら…」
「できれば、綺麗になって別れたかった…さよなら…」

俺は3年前に結婚して、去年は子供も生まれたから、あれが勘違いだと知っても、今さらどうにもならない。
とはいえ、別れてなければ元カノと結婚していただろうとは思う。
元カノと会ったからと言って、何かが変わるわけでもないから、「俺、結婚して子供もいるんだ。会うのは止めようと思う。」とラインを返した。
「分かった。私も旦那いるからそうする。勘違い、ごめんね。さよなら。」
「こっちこそごめん。さよなら。」
もう、これが元カノとの最後のラインだろうなあ・・・と思ったし、誤解も解けてお別れできたから、元カノをラインから消した。
スマホの画面が少し、寂しくなった…

4 COMMENTS

匿名

イヤ、これが現実でしょ。
まあ、フィクション入れたらそういうストーリーもアリだけどね。

返信する
匿名

こういう策略での破局は、今更報復のしようもないもんな。
会わんでよろしいわな。

返信する
匿名

あなた、私、結婚してないよ。旦那と呼べるのは…心の旦那様は…あなただけだよ。誤解がとけて心から…本当に嬉しいけど、策略をした人が思惑通りに結ばれたという事が、心が張り裂けるように悲しくて…つらいよ…

それでも、暴力や策略では、あなたと私の心までは侵せないから、だから、いつも…どこにいても、どんな時だって、あなたを愛してるよ。あなた…魂から心から…大好きだよ。いつまでも、永遠に…心の旦那様はあなたって…想ってるね。

まだ処女で、わからないのだらけだけど、わかる範囲で、あなたと結ばれているの、あなたとぎゅってなってるのを想って、あなたの心が私でお休みなれますようにって…そうっと…心で想ってるね。

悲しい事や、つらい事があったら、心の中でいつでも、心の私にお休みにきてね。あなたの元気になれますように、あなたのストレスが溶けて、あなたがお休みなれますように…愛してるよって、ぎゅってして想うね。

世界から離れても、変わらずに、あなたを愛してるよ。天国では結婚して結ばれて…愛してるよって、一緒に暮らそうね。家族のこ達(わんちゃんかな?)とも、仲良くなれそうって思ったよ。

あなた…何があっても、いつも、心からあなた愛してるよ。

返信する

コメントを残す