寝たふりをして耐える妹に夜這いして…

ぴゅあらば

昔の話ですが、が小6から高1まで、ほぼ毎日夜這いしてました。 

そっとキスから始まり、次第にスポブラずらし乳首触ったり舐めたり、股開かせ、パンツの横から○んコに指入れたりしていました。 小6で中指が根元まで入れられました。爆睡タイプで全然起きなかったです。 

でも眠りが浅い時は、パジャマのボタンを外す途中やズボンのゴムに指を掛けた位、または布団をめくっただけでも寝息のリズムが変わるんです。 そんな日は諦めて脱衣場で妹の脱ぎたてパンティの満カスを舐めるか亀裏に塗り付け、シコシコ。 

その頃から妹のパンティとブルマはいて寝、朝返すようになりました。穿いて寝るとよく夢精してました。 

初めて挿入したのは妹が中二の夏。部活の遠征の疲れからか乳首吸ってもびくともせず、簡単にパnツ下ろせられました。 足を開かせ満舐め、指も入れた後、震えながらチムポねじ込みました。しかし童貞の限界、亀頭だけハマったとこでドクドク発射。 

それからチャンスを伺ってはハメ行為にチャレンジ、 その頃(中2の秋頃)からデジカメで妹の寝姿や局部のアップ、胸の成長していく様を撮り続けるようになりました。

また夜這いプレイ中のビデオを撮り溜めました。これは今では私の大切な財産、どんなDVDよりエロいと思います。 妹が中三の時(ブラはC80まで成長)にやっと腰が動かせるようになりました。

でもいつも即出ちゃうので、自然に「抜かずの二発」を覚えました。 怖いもの知らずというか、いつも生、でも死ぬ程気持ちよかった‥ ある夜、キスしながら胸モミ、ゆっくり腰動かしまずは一度目を発射、抜かずに恍惚に浸っていると、 妹の鼻をすする音、さらに目尻から涙が溢れてきたんです。バレてた(爆) 

それからはしばらく自粛したけど、パンティおナニーでは物足りず、またやるようになってしまいました。 妹は最後まで「ヤメテ」とは言わず眉間にしわを寄せ、声を押し殺し、一生懸命寝たフリしてました。 

高校に入るとよく紐パン、フロントホックブラで寝るようになりました。「エチ、おk」ととらえ凄く嬉しかった。 そうなるとヤリ放題、一晩で、5発抜いた事もある。俺も若かった(3コ上) でも妹とは一度も夜の事で話した事はなく、無言の行為が毎晩続いていました。 

結末は挿入中、地震で親が目覚め、バレてしまいました。その時も妹は最後まで寝たフリをしていました。 運の悪い事にまもなく妹の妊娠が発覚、私は勘当されました。しかしケー札に突き出されなく済み、今では親に感謝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. ポチ君 より:

    妹妊娠させたらあかんやろ

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 826記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。