エッチ体験談 13,000話 突破!!

ショタBLの目覚め?

うたっこさんから投稿頂いた「ショタBLの目覚め?」。

自分ではノーマルだと思ってたんだけど、友人の弟が中性的な顔でめちゃめちゃ可愛いショタっ子で何かが芽生えた。

人懐っこいし笑顔も可愛くて、会うと必ず抱きしめてクンカクンカしちゃう。

S学一年生でまだ小さくて抱っこも楽に出来るから家に連れて帰りたいくらい。

友人宅に泊まった日は弟君とお風呂にも入った。

まだ皮の被った可愛いチンチン。

プリンとしたお尻も可愛い。

毛も生えてないから輝いて見える。

お湯の中で弟君を抱っこしてたら勃起しちゃって可愛いお尻の割れ目にチンコが挟まった。

弟君は気にした様子もないからお尻の感触を楽しませてもらって、ふざけ半分でチンチンを触らせてもらった。

フニャフニャだったチンチンがムクムクと起き上がり硬くなってく。

勃起しても剥けないのもポイント高いね。

自分で弄ったことあるか聞いたら無いって言われた。

それなら気持ち良いこと教えてあげようとチンチンを擦って射精させてあげたんだ。

お湯の中に白い物がビュルッと吐き出されてユラユラ漂ってる。

初めて出したらしくて驚いてたけど、精通の手伝いが出来たのが嬉しくて3〜4回連続で射精させた。

出しすぎてヘロヘロになった弟君を洗い場の床に寝かせてチンチンを咥えて舌で優しく皮を剥いてあげた。

チンカスがこびり付いてたのも綺麗に舐め取ってあげたけど、刺激が強すぎたのか口の中に射精された。

可愛い弟君のチンチンからこんなに臭い精子が出るなんてギャップがありすぎ。

記念によく味わって飲み込んだ。

これ以上射精させたら立てなくなりそうだから、チンチンを刺激するのはやめて可愛いアナルを舐めて指を入れた。

中で指を動かしたりゆっくり出し入れしながらファーストキスもいただく。

前立腺を狙ったわけじゃないけどアナルの刺激とキスで舌を入れたのが効いたのか、チンチンを触ってもいないのにまた射精しちゃった。

アナルが指をキュッと締め付けてきて潤んだ瞳で見つめられたら俺の理性も保たないよ。

アナルを責めながら俺のチンコを舐めさせてみた。

自分がしゃぶられて気持ち良かったからか、一言舐めてと言ったら嫌がる素振りも見せずに舐めてくれる。

覚束ない舌使いでペロペロと俺チンコを舐める姿も愛らしくて、つい激しめにアナルに指を出し入れしちゃう。

指で掘られてチンコ舐めるのが出来なくなったみたいだから、ソッと口にチンコを差し込んでみた。

これで声も出せなくなったし、口にチンコ入れられても嫌がらないから苦しくならない程度に腰を振った。

弟君は口を犯されてアナルを掘られて気持ち良さそうにしてる。

こんな姿見せられて我慢なんて無理。

悪いと思ったけど口に射精させてもらった。

いきなり喉に入ると危険だから頬の内側にチンコを向けて射精する。

弟君はもう精子を出し切ったのか潮吹きしてた。

勢い良く潮吹いたから俺の体にも掛かってゾクゾクしちゃう。

口に射精したばかりなのに勃起が全然治らない。

俺の精子を飲むまで弟君の口にチンコを入れっぱなしにして、上下逆向きに覆い被さってアナル掘りながらまたチンチン咥えた。

さっきまで弟君を気遣うつもりだったけどもうそんな気は無くなった。

剥きたての亀頭を口の中で舐め回して何度も潮吹きさせる。

アナルに入れる指も2本に増やしてみたけど、痛みで暴れるような事はなかった。

俺のチンコ咥えさせられてるから声も出せないんだけどね。

グッタリとした弟君は良い感じに体から力が抜けた。

口からチンコを抜いてあげて確かめたらちゃんと精子飲み込んでた。

アナルからも指を抜いてあげて弟君をうつ伏せにさせる。

お尻の割れ目を開いて解れたアナルを舐めてふやかしたら舌を入れる。

こんな所を舐められることなんてそうそう無いだろう。

声を出す元気も無いからやられ放題だ。

潮を吹きすぎて何も出なくなってるのに休む事なくイカせ続ける。

ピクピク痙攣してるけど、アナルの準備が整ったからチンコを挿入させてもらった。

まだキツイけど何とか全部挿入出来たからゆっくりと抜き差しする。

処女アナルの締め付けは病み付きになりそうなくらい気持ち良い。

ヌッコヌッコと優しくアナルを犯し続ける。

弟君を抱き起こして後ろから抱きしめて膝に座らせたら尚の事深くチンコが挿さる。

玩具のように弟君を動かしてアナル中出ししてあげた。

まだやり足りない俺は続けてアナルを犯し、手にたっぷりと唾を付けて手コキもしてあげる。

体力が回復する暇を与えずにイカせ続けながら犯し続ける。

ちょっとやりすぎたみたいで弟君が意識飛ばしちゃった。

体軽いから好き勝手に弟君を動かして3回ほど中出しさせてもらった。

やっと満足出来たけど体から冷えたからアナルにチンコ挿したままもう一度お湯に浸かる。

漂う精子を救って弟君と俺の体に塗り付ける。

気絶して俺に体を預けてる弟君が可愛くてまたキスしちゃった。

適当なところで弟君の目を覚まさせて、湯船から出てお湯を入れ替える。

シャワーでもう一度体を流しながらアナルからチンコを抜いてあげた。

予想通りチンコがウンコまみれだ。

弟君のアナルも開き切ってて中に出した精子がボタボタ垂れ落ちてる。

責任取って俺が弟君のアナルを洗う代わりに、弟君に俺のチンコを洗ってもらった。

すっかり綺麗になった俺と弟君は風呂場から出て体を拭きながら感想を聞いてみた。

弟君は恥ずかしそうにモジモジしながら気持ち良かったと教えてくれたよ。

またやりたいか聞いたらやりたいって元気に答えてくれた。

一応泊まるのは友人の部屋だけど弟君と相部屋みたいだから遅くまで一緒に遊んで、友人が寝た後にすぐ隣で弟君とまたセックスを楽しんだ。

コメントを残す