エッチ体験談が9900話を突破しました。

体育会女子の処女膜貫通 予想以上の出地

アキラさんから投稿頂いた「 体育会女子の処女膜貫通 予想以上の出地」

みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です!
エッチ体験を投稿する

[体育会女子の処女膜貫通 子宮までザーメン漬け]の続き

高校を卒業して3か月で峰子と膣内射精で童貞を卒業。
峰子の友人の聡美とも肉体関係を持ち、コンドームを使った避妊にも慣れました。

峰子はスレンダー、聡美はDカップの巨乳とタイプの違う女性でしたが、どんな体位もOKの淫乱女性で、わたしとセックスをしたくってラブホ代どころかコンドームやゼリーまで用意してくれました。

(彼女たちにコンドーム(ペニスに合わせてBIGサイズ)やゼリーを買わせると、その行為自体に興奮していました。特に聡美はホテルに行く前に買わせるとショーツの割れ目のところが濡れてしまった事もあるのです)

わたしは、ふたりセフレがいても満足できなかったのです。
バトミントン部にいた明美を犯したかったのです。

高1の時に明美に告白したのですが、進展しないまま卒業しました、お互いに意識はしていたのです。

バドミントン用ワンピを着た明美の引き締まった太ももの付け根にある割れ目に、バックスタイルでペニスを挿入して犯す事を想像して何回もオナニーをしていました。

7月始めの暑い日、予備校の帰りに明美と再会をしました。
Tシャツにジーンズの明美は化粧気もなく、天然パーマの髪を伸ばしていたのでウエーブのかかったヘアースタイルでした。

童貞を卒業して、ふたりの女性と肉体関係を持ち満足させている自信から、明美に余裕を持って話ができました。

そして明美の肩を抱いてラブホに行ったのです。

まず明美と長い時間をかけてキスしました。
明美が震え顔じゅう汗だらけになっているのが判り、まだ処女だと思いました。

ベッドに腰掛けて、まずTシャツを脱がせました。
ブラはフロントホックでした。ブラを外して上半身を裸にしました。

胸は思ったよりも小さかったです。
恥ずかしそうに胸を手で隠しましたが、そのままベッドに押し倒して乳首にキスしようとしました。

両手で明美は抵抗しましたが、その隙にジーンズのベルトとボタンを外して、ジッパーを下げました。

あわてて明美はジーンズに手を伸ばしたので、がら空きになった胸を責めました。
硬さの残る胸は処女の胸でした。

乳首もとがりかかっていました。
ダメといって背をむけた明美のジーンズとショーツをヒップの方から一緒に下げました。

バドミントンで鍛えた明美の生尻は大きく、丸みがありました。

もうペニスは勃起して青筋が浮んでいました。
明美のジーンズとショーツを引き下げきり、全裸にすると、わたしも服を脱ぎました。

その日は聡美とセックスする予定でしたが、生理になってしまいゼリーだけ罰ゲームで買わせてあったのです。

処女の明美の身体を隅から隅まで愛撫しました。
全裸になってしまうと明美は抵抗もせずされるがままでした。

太ももの内側、胸、ヒップ、そして割れ目はじっくりと指で愛撫してからクンニをしました。

ぴったりと閉じた割れ目の肉は、肉厚でしたが型くずれしてなく指で開くと内側は黒ずんだサーモンピンクでした。膣の穴は堅く閉じていて愛液が出ていませんでした。

峰子や聡美にするように舌をとがらせ粘膜を舐めたり、口で割れ目をクリトリスまで一緒に吸ったりしましたが、明美はうめき声を漏らすだけでした。

ペニスの先端からはがまん汁が垂れていました。

もう限界でした。
明美の割れ目の中にゼリーをチューブから垂らすとペニスにもたっぷり塗りました。

鏡に顔が写る場所で明美を腹ばいにさせ、腰を抱き起してドッグスタイルにしました。

明美の茫然とした顔が鏡に写っていましたが、片膝をついて一気に明美の膣に亀頭を打ち込もうとしました。

しかし膣の入り口が固くて入らなかったのです。
亀頭は割れ目から明美の下腹に滑ってしまいました。

次は絶対に入れてやろうと。
ペニスを持って、明美の太ももを押さえ、亀頭を膣口にしっかりと当てて、無理やり挿入しました。

パンパンに怒張した亀頭が潰されてしまうかと思ったくらい明美に膣は狭かったです。

膣が一層狭く、亀頭の挿入を拒むような箇所がありました。
処女膜だったのです。

両手で明美の腰をしっかり持って、かまわずペニスを突き入れました。

明美が両手をつっぱり、背中をそらしました。
そして明美の悲鳴が部屋中に響き渡りました。

わたしが明美の初めての男になったのです。
明美が18年以上守ってきた純潔を奪いました。

処女膜は完全にわたしの男性生殖器によって破られ、膣は完全に犯されました。
バックで犯したので子宮口まで男性生殖器と明美の女性生殖器は結合していました。

レイプ同然に犯され処女を失った明美の顔は涙でぐしょぐしょでした。

まだこれで終わりにはしませんでした。

完全な生殖行為をしなければ満足できなかったのです。

ゆっくりとペニスを抜いて、また入れてみると亀頭と膣の摩擦はゼリーや愛液とは違うぬるぬるした感じがしました。

処女膜やその辺りの膣の粘膜を切り裂いたので出血していたのです。

明美の膣の中は、ゼリー、我慢汁、処女喪失の血のカクテルができていました。

明美の処女膜貫通された悲鳴と割れ目から抜いたペニスの竿にまだらとなった血を見て、奥までペニスを突き入れると爆発するようにペニスがびくんびくんとなって、ペニスの中をザーメンが流れ、明美の子宮口めがけて射精をしました。

ペニスは明美を持ち上げるくらいの勢いで何度も勃起収縮を繰り返して、生殖用の粘液を明美の生殖器に充満させました。

処女だった明美の割れ目、膣、子宮は完全にわたしの生殖器や体液によって純潔を奪われました。

明美の子宮に卵子があったら、間違いなく妊娠していました。

処女喪失した明美は、わたしとの生殖行為が終わっても、ドッグスタイルのままでした。
割れ目からは驚くほどの血が流れました。膝のところのシーツは血まみれになっていました。

ホテルを出てからも明美は脚を開いてしか歩けず、ずっとわたしに支えられていました。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!