エッチ体験談 13,000話 突破!!

修学旅行でこっそりえっち

マカロンさんから投稿頂いた「修学旅行でこっそりえっち」。

こういう話を誰にも話せないのでここで供養させてもらえばと思い、投稿させてもらいます。

コロナが流行る前に学校行事でフランスに行くことがありました。
何百人かの大団体だと思います。

クラス制を取り入れていたので、現地ではクラス内の友人たち数人と行動しました。
毎日色々な観光地をまわったので毎晩とてもクタクタでした。
1日目の夜、同部屋の友達と部屋で休んでいるとスマホがなりました。私の仲の良い男友達の部屋で飲んでるから来なよ〜。という連絡でした。
飲酒は禁止されていましたが、結局のところは黙認されている感じでした。
時差ボケもあって同部屋の友人も疲れていたので私たちは行きませんでした。

2日目も同じように観光地をまわり、ホテルに戻って疲れがどっと出てとてもクタクタですぐにシャワーをして眠ってしまいました。
3日目は朝起きると昨日の夜に今日も来ないの?と初日に連絡があった男子から連絡があったので、今日は行くよ!と連絡をしました。
そしてホテルに帰ってくるなり、その男子の部屋に行きました。そこには男子が5.6人と女子が3人いて私と同部屋の友達が加わり、男女6人ずつくらいが一部屋にぎゅうぎゅう状態で宴会が始まりました。
テリーラやウイスキー、ワインなどすごい量のお酒が用意されており、あまりお酒が強い訳ではありませんでしたがこの日は飲める!と思い、いつも以上をお酒を飲んでいました。
気づくと私はベットに寝ていて、見渡すとツインベットを2つ合わせて、そこにみんな川の字になって寝ていました。私の右に女の子が1人いて、左には男子が3人寝ていました。
少し経ってなにか違和感を感じたので寝ぼけながら細めをあけると隣の男子が私に覆いかぶさっていて、固くなったアソコが私に当たっていました。え?っと小声を発するとその男子はキスをしてきました。ここで抵抗すると他の人にバレるかも、、、。と思い、頭もはっきりしていなかったのでそのまま私は固まってしまいました。
すると、その男子ははげしく舌をいれてきて、息ができないくらいのはげしいキスをしました。キスをしながら私の下半身の方に手を置き、下をいじってきました。
私は抵抗しようと手を振り払おうとしましたが、酔いが回っていて全然力がなく、すぐにふりほどかれ両手を頭の上で固定されていました。
そして気づくとパンツを脱がされていて、私のアソコに固くなった彼のものが当たっていて、ダメ!っと言ってもそれを塞ぎ込むようにキスをしてきてそのまま入れられてしまいました。
周りに人がいるせいで思った以上に濡れてしまい、彼のものはすぐに私の中に入ってきました。
彼も我慢が出来なかったのか、激しく腰を動かしました。私は隣に人が寝ているのに声を我慢することができませんでした。アァ,アァ,ヤバい。イッちゃいそう。って泣きそうになりながら言っている私に興奮したのかもっと激しく腰を動かし、彼の熱いものが私の中に溢れました。
気が動転していたのか、一先ずこの部屋から出ようと思い、自分の部屋に向かいました。すると彼もコソコソとついてきて、自分の部屋に入ろうとすると彼も入ってきてそれと同時に同じ部屋の友人が目を覚まして、どうしたの?と言ってきました。
私は何も言えず固まっていると、彼が締め出されちゃって、、。と言ったのでそうなんだ!大丈夫?と友人が言うので彼がうん。とりあえずここにいてもいい?って言うといいよ。と承諾を貰い、私のベットに寝転びました。
私はどうしようと思い佇んでいると、彼と同じベットに無理やり引きづりこまれ、2人で布団を被った状態でキスをされました。そのまま2回戦が始まってしまい、まだ彼のあそこはとても固くて私の中に激しく出し入れしていて隣に人がいるのも忘れて声を出してしまい、そのままイってしまいました。
とりあえずシャワーを浴びて、またベットに戻って眠りにつきましたが、起きるとなりでパンイチの彼が寝ており、友人には早々にバレてしまいごめんね。と謝りました。
そしてどうやら最初の部屋の人たちも起きていたらしく、彼にそれを言ってきたので彼は周りの男友達にそれを暴露していました。
それを聞いて、あ、。私の学生生活が終わったと思いました。それからのフランス旅行は最悪すぎてあまり記憶にありません。

帰国後もこのせいで全然前に進めず、鬱になりかけて食欲も全くなくなりました。
しかし、帰国後は学校にあまり行かず、前々から予定していた仲のいい友人との海外旅行に行ったおかげですこし体調も良くなっていきました。
お酒での失敗は色々とありますが、これが私の中で最上でした。若い頃はいっかなっと最近は思うようにしています。

コメントを残す