エッチ体験談 13,000話 突破!!

トラック運転手の垂れ乳巨乳熟女さんと車内セックス

ひろさんから投稿頂いた「トラック運転手の垂れ乳巨乳熟女さんと車内セックス」。

某掲示板で50歳の女性と知り合いました。
尚子さんという女性で、プロフィールでは専業主婦·会社員

 やり取りしていて夜とかにメッセージが来ていて大丈夫かと気になり聞くと
「あたし、今が仕事の合間だからいいよ」と。
夜遅くとか午後にやり取りしたりしていた。
そして「尚子さんに会いたいな」と送信したら「51歳のおばさんだよ?」と言われたが気になり。
「一回り年上だし…」
そんな話をされてもお願いしたら
「じゃぁ…今度会ってお話してみる?良さそうな時に連絡する…」
それから10日はたったある日
「ねぇ〜今日の夜って会える?」と尚子さんから。

「大丈夫ですよ?」と送ると「じゃぁ、〇〇公園の駐車場に9時に」
そして公園の駐車場に時間前に着いて待っていたが時間を過ぎても来ない。

周りにも少し離れた場所に何台か感覚を開けて車が。
20分も過ぎてから
「ごめん…あと少し遅れる」と尚子さんから
「大丈夫だよ…気をつけて」

10分くらいして「もう少しで着くけどどんな車?」
「〇〇って車で〇〇ー〇〇」とナンバーを教えて

数分して大型のトラックが入ってきて
運転手が仮眠なんだろうと思ってたらトラックがこちらに
ビビリながら見ていたら隣に
そして「着いたよ〜こっちに乗って」と
「トラック?」と聞くと「うん、そうだよ〜」と
降りて恐る恐るトラックの戸を開けると
「ひろくん?ごめんね」と尚子さん。

「乗って」と言われ助手席に
「こんばんわ」と挨拶
髪を束ねた尚子さんと会って
「ごめんね〜荷降ろししてから帰りに事故で渋滞で」
隣県から国道を100キロ近く走ってきたのだとか
「誘っておきながらごめん」
ジャンバーを着ていて小柄な感じで目がパッチリした美人とは言わないけどトラックの運転手には思えない感じで。

「もしかしてがっかりした?」と言われ「そんな事ない」と。
そして尚子さんは10年前からトラック運転手をしていて、旦那さんもトラック運転手らしい。
子供も20歳とかで手が離れたとか。
「子供が小さい頃は県内だけだったけど、おっきくなってからは隣県とかまで泊まったりしていくよ」と
「凄いね?」と話すと「そんな事ないよ」と笑いながら
「ホテルとかに泊まるの?」と聞くと「違うよ〜ビジネスホテルとかにこんなの停められないから高速のインターとかに後ろに」とカーテンを開けると人が一人寝るには充分な広さがあり布団が

「広いね?行ってみていい?」と聞くと「いいよ…ちょっと待って」と先に尚子さん
あとから入ると広いし男性でも足を伸ばせる。
横になり天井を見ていたら尚子さんも横に
トラックの寝台でも出来そうな位広い
「広いね」と話しながらそっと触れた手を触ると
「やだ〜」と言いながらも触らせてくれて
ムラムラ。
手を触り肩を触り
「ちょっと〜」と笑う尚子さん
そして「したくなっちゃった」と上になると「一回り年上のおばさんなんかつまんないよ…」と
「そんな事ないよ」と尚子さんにキスをすると拒まれず
「でも…あたし一回でポイされたりとか嫌」
「しないよ…」
キスをしながら撫で回し胸元を触ると柔らかでおっきな胸が…
ジャンパーでわからなかったが尚子さんは巨乳で
「デカい!」と思わず話してしまったが「でも、もう垂れてるしがっかりするよ」
「しないよ!」
ジャンパーをぬがすと白いインナーのキャミソールで胸元が開いていて
貪るように吸い付きました。
「アンッ…アンッ」尚子さんも声をあげてジャンパーを脱がせてキャミソールを脱がせたらノーブラで確かに垂れてるけどおっきい。乳首がおっきめで乳輪もおっきい
「凄いエッチだよ」と尚子さんのノーブラに興奮しながら吸い付き
「アンッ!だめぇ」と声をあげて俺は左右のおっぱいに顔を埋めて吸い付き

ジャンパーとおそろいのズボンをぬがせるとムチッとした太ももで奥に手を伸ばすともうヌルヌル。
「凄い濡れてるよ…」
「だっておっぱいに凄いしゃぶりつくから」
そう話す尚子さんのパンティを脱がせて指で撫でると
「アァ!ンフッ!気持ちいい〜」と声をあげて指先を中に入れると「あぁ~~」と絶叫、音が外に漏れている
「アァン…そんなに弄らないで」
撫で回すと「アァ!だめっだめっ!」と仰け反らせイッてしまい
すると「ねぇ〜来て」と尚子さん

服を脱ぎ裸になり尚子さんも裸にし
足を開かせると尚子さんの中に
「アァ!硬い!」声をあげる尚子さんに沈めて動かして。
ヌルヌルし凄い絡みつかれ「アァ!気持ちいい!凄い!アァ!」と声をあげて波打つおっぱいもたまらない。
少し見た目よりポッチャリでしたがたまらなかった。
「凄いよひろくん…」抱き合いキスをしながら打ち付けおっぱいにしゃぶり付き
だけど高まりが早く来てしまいました。
激しく打ち付けると「尚子さん!いくよ」と話すときに「いいよ」と抱きつき「出してもいい?」と聞くと「うん…いいよ!」とキスをして尚子さんの肩を掴み激しく打ち付けて。
「あぁ!尚子さん!出すよ!」
「出して!あぁ凄い!あぁ!」と声をあげる尚子さんに発射。
生の快感を味わいながら尚子さんに
「あぁ!一杯…アンッ」とビクビクさせ抱き合うと尚子さんが首を掴みキスをしてきました。
「凄い気持ちよかった…」
「俺も」とキスを繰り返し余韻に
気づいたら尚子さんも俺も汗だくで
「ウフフッ…汗だくになるまで頑張っちゃってもう」と笑う尚子さんに「エッチな体を知ったら興奮して」

「ウフッ50過ぎたおばさんでもいいの?」と言われ「もう最高」と話すときに「物好きだね〜」と笑っていた。
そして尚子さんがエンジンを掛けてエアコンで涼みながら
「あたしね?これでも彼氏いたんだよね」と
聞くと5年前くらいにトラックの運転手の男性と3年付き合っていたとか
「旦那も知ってる人なんだけどね…」
うわっバレたら修羅になりそうな。
お互いのトラックでエッチしてたとか
「ほら、置き土産」とゴムが数個
生でやっちゃった俺にはいらない
枕元を見たら
「何これ」と見たら大人の玩具が
「やだ!」と取り返され「だってここ何年かしてなかったから時々…」と。
「気持ちいいの?」と聞くと
「こんなの使って彼氏とのエッチ思い出しながら」
「だけど…やっぱり本物掴み方がいいよ」
と股間に触ってきて
「温かいし硬いし」と
段々大きくさせられて「ねぇ…まだ出来る? 」と聞かれ「勿論」と起き上がると「バックで欲しいの」と
突出された大きめヒップを掴みながら再び挿入
精子と愛液を混ぜ合わせ打ち付けながら
「アンッ!気持ちいい!あぁ!もっと!もっと!」と尚子さんがいやらしくて
両手の自由を奪い激しく打ち付けながら「尚子さん!出すよ!」と話すときに「出して!ンンッ!一杯!」と叫ぶ尚子さんに再び発射
「いくぅ〜〜」とビクビクさせながら俺の精子を飲み込む肉襞。
抜き取ると尚子さんが抱きつき舌を絡めて来て。
そして帰り際、「また会ってしいんだけど嫌かな」と言われ「ぜひ、こちらからも」と。
そして尚子さんが仕事が早く終われば夜中に公園でトラックの中でしています。

もう2年ですがまだまだやめられない

1 COMMENT

匿名

出会ってすぐにその展開はしらける。
もうちょっとリアルがほしい。

返信する

コメントを残す