エッチ体験談 13,000話 突破!!

母の優しさ

ニトさんから投稿頂いた「母の優しさ」。

ういの母はとても優しくて、チンコ剥くのも初体験も経験させてくれた。
それにヤリたくなったらいつでも口でもマンコでもアナルでも貸してくれる。
こんなに優しい母は他にいないと思うんだ。

もちろん父さんには内緒だよ。
「お母さんまたヤラせて」
「朝から元気ねぇ、お口でする?オマンコでする?それともお尻の穴?」
「とりあえず口で抜いてもらって、それから先どうするか決めるよ」
「欲張りなんだから」
チンコを出せばすぐにフェラチオしてくれる。
「ああ〜、お母さんのフェラチオ気持ち良いなぁ」
「あまり大きな声出すとお父さんに聞こえちゃうからダメよ」
「ごめん、いつもお母さんに気持ち良くヤラせてもらって助かってるよ」
「C学生にもなれば性欲持て余しちゃうものね」
「だから毎日ヤラせてくれるお母さんには感謝してるんだよ?」
「ふふふ…母親なんだから当然のことよ?」
「今日も飲んでもらっても良い?」
「好きねぇ…お母さんも飲むの嫌いじゃないけど」
「ああ…出るよ…全部飲んでね?」
「濃いのいっぱい出してね?」
ビュルッビュッビュルルッ
「ん…んくっ…んぐっ…」
「はぁ〜、いつも美味しそうに飲むね」
「あはぁ…プリプリでゼリーみたいに濃くて美味しいんだもん」
「パイズリして欲しい」
「そろそろお父さんが起きてくるからオッパイ出すのは危ないわ…」
「じゃあキッチンの中なら良いでしょ?
カウンターで隠れて見えないし」
「しょうがないわねぇ…」
リビングからキッチンの中に移動してシャツのボタンを外してオッパイを出してもらう。
「パイズリの前に少しだけ吸わせて」
いつでも僕とヤれるように下着は着けてないから跡も無くて綺麗。
乳首をペロペロすればすぐにピンッと勃って硬くなる。
チュウチュウ吸って揉んで舐めて摘んで引っ張る。
「あん…オッパイ玩具にしたらダメよ?」
「お母さんのオッパイ綺麗だよね〜」
「ほら、あまり吸ってると時間無くなるわよ?」
「あ…そうだった、じゃあパイズリお願いね」
お母さんのオッパイにチンコ挟んでもらって擦りながら先っぽを舐めてもらう。
そこでお父さんがリビングに入ってきた。
「おはよう、休みなのに早いな」
「おはよう、早く目が覚めちゃって」
「母さんは起きてるか?」
「起きてるよ、今床拭いてる」
「なんだ、水でも零したのか?」
「うん」
パイズリもほどほどでお母さんに目線を送る。
シャツを整えて立ち上がりお父さんと顔を合わせる。
「あなたおはよう」
「おはようさん、水零すなんておっちょこちょいだなぁ」
話してる最中にマンコを触る。
お母さんが腰をモジモジさせてる。
お父さんがソファーに座って新聞を読み始めたから、お母さんの後ろに立ってスカートを持ち上げてチンコを入れる。
「ダメよこんな所で…」
「バレなきゃ良いんでしょ?」
「すぐそこにお父さん居るのよ?」
「お母さんのマンコ気持ち良いからすぐ出ちゃうし大丈夫だよ」
ヤル気満々でフェラチオとパイズリしてもらって生殺しなんて無理。
だからお父さんが近くに居ても構わずにセックスした。
いつもお母さんとセックスするとすぐに出ちゃうけど、お父さんが近くに居るってだけでいつも以上に早く出ちゃった。
ドクドクってお母さんの中に出てる。
チンコ抜くとお母さんがキッチンペーパーを数枚千切ってマンコに当てて中の精子を外に出した。
「いつも思うけど器用だよね?」
「誰でも出来るわよ、こんな事」
だいたい出し終わると新しいキッチンペーパーをまた数枚千切ってマンコに当てて挟んでスカートを戻した。
朝ご飯の準備だ。

コメントを残す