エッチ体験談 13,000話 突破!!

三十路イケメンとロリな男の娘のセックスを撮影した思い出

学生の頃さんから投稿頂いた「三十路イケメンとロリな男の娘のセックスを撮影した思い出」。

今から10年くらい昔、私が大学4年の頃に、素人AVのカメラマンというバイトをしました。
モデルは本物の恋人同士だそうで、30歳前後くらいのガタイの良い結構なイケメンと、未成年じゃないかと思うほど可愛い女の子で、セーラー服を着ていました。

ああ、ロリ物なんだな…とちょっとイケメンが羨ましかったのですが、事が進むにつれ次第に怪しくなっていきました。
ベッドの上で抱き合って股間を弄り合う二人までは良かったのですが、イケメンが女の子のセーラー服のスカートをまくり上げ、パンツを脱がすと…勃起したペニスがボヨン!と出ました。
ま、マジか…私は撮影中だというのに、危うく声を上げてしまうところでした。

イケメンのお相手は男の娘でしたが、顔はとても可愛いので、何とも言えず淫靡でした。
ローションがアナルに注入されると、これまたローションまみれのイケメンのペニスは20㎝超えの巨根、それが男の娘のアナルにズブズブとめり込んでいきました。
正常位で犯される美少女、に見えますが、抉られるたびに揺れるのは勃起したペニスでした。
あんな巨根を抜き差しされて、痛くないのかと思いましたが、男の子はウットリとした表情で感じていました。

男の娘は、アン…アァン…と喘ぎ声まで漏らし始めました。
なるほど男の娘だから、セーラー服を脱がせて胸を出さないのかと納得しました。
やがてイケメンの腰の動きが速くなると、激しく揺れる男の娘のペニスから、ビュビュッと精液が飛び出し、セーラー服を汚しました。
その後、イケメンは射精することなくペニスを男の娘のアナルから抜きました。

イケメンはベッドを下り、壁に両手をついて男の娘にお尻を向けました。
すると、男の娘はイケメンのアナルにローションを注入、その後、これまた太く長いディルドを出してきて、ローションを塗り始めました。
そのディルドは弾力があるようで、ローションを塗られるとしなっていました。
そして、両手を壁について立つイケメンのアナルにズブリ、
「ああ~おおお~~」
と唸るイケメンにかまわず、伊芸と激し目にズコズコと出し入れしだしました。
すると、わずか1分くらいでイケメンの巨根から、ビュビュ――――ッとかなり大量の精液が放物線を描いて噴き出しました。

男の子は更に、半分ほど挿入したディルドを上下に振りました。
肛門を支点に直腸の中で上下に暴れるディルドが前立腺を刺激したのでしょう、イケメンは、
「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」
と雄たけびを上げると、再びイケメンの巨根は、ビュッ…ビュビュ…ビュ…と断続的に射精を始めました。
そしてビクンと巨根が揺れると、ピュ~~~ッと精液よりも年生の低い液体が噴き出しました。
その駅が出切ると、男の娘はディルドを勢いよく抜き、
「うっ!」
と呻くとイケメンは膝から崩れ落ちました。

私は、今でもあの光景を忘れません。
そのことを大学の友人の部屋に遊びに行った時に話したら、友人はニヤッと笑い、引き出しから15㎝くらいのディルドを出すと、下半身裸になってバスルームに入りました。
ディルドにコンドームを被せてローションを塗り、アナルに抜き挿しいてアナル、オナニーしだしたのです。
そして、5分後、友人のペニスからドロドロドロ~~っと精液が流れ出ました。
あのイケメンのようにビュ――――ではありませんでしいたが、私は口をあんぐりとさせてしまいました。
「間もなく卒業だからさ、見せてやろうと思って。」
と言った友人のこともまた、忘れられまません。

もちろん、その後、友人に説得されて、コンドームを付け替えたディルドでアナル体験をしたのは言うまでもありません。
ローションで滑りはいいから委託はありませんでしたが、アナルを犯されるのは恥ずかしかったですね。
仰向けでお尻を高く上げられるように腰下に座布団を入れられ、M時開脚でアナルを犯されてしまいました。
アナルは入れられる時より、抜かれるときの方が気持ち良かったです。
友人に上手に前立腺を撫でられて、ツーンとした刺激の中、何にも触れてないのに勃起してしまい、羞恥に震えました。
でも、アナルだけでは射精することはできず、友人に扱かれて射精しました。
同性に射精を見られるのは、かなり恥ずかしかったです。

先ほど、テレビで同性婚の話題をやっていたのを見てたら、思い出してしまいました。
そう言えばあのイケメンと男の娘、あの後どうなったのでしょう。
一緒に暮らしているのでしょうか。
何となく気になったのでカキコです。

1 COMMENT

コメントを残す