エッチ体験談 13,000話 突破!!

新婦控え室で姉と

あさんから投稿頂いた「新婦控え室で姉と」。

俺の肉便器姉が結婚する。
俺との子を3回中絶してるのを新郎には言わないままだ。
俺だけの肉便器だと思ってたのに裏切られた気持ちで悔しい。

だから式場の新婦控え室で俺は姉を犯した。
丁度スタッフも親族も場を離れたタイミングで、ウエディングドレス姿の姉をレイプ。
最初は嫌だと言ってた姉だが、覚え込ませた俺のチンポに抗えなくなり歓喜の喘ぎ声を上げ始める。
「やっぱりこのチンポが良い!また妊娠したくなっちゃう!」
「そうだろ?今度は産めよ!中絶なんてさせないからな!旦那との子として育てろよ!」
「産む!産むから子種頂戴!」
「はっ!今から結婚式だってのに弟の精子欲しがるなんて姉ちゃんはやっぱり俺の肉便器がお似合いだよ!」
「肉便器でも良いから妊娠させて!」
「おう!たっぷり俺の精子注いてやるから喜べ!イクぞ!」
「きて!私の子宮を子種で満たして!」
「くぅ…!出る!孕め!」
「ああ!熱いの子宮に入ってくる〜!私もイク〜!」
控室の扉の前に足音が近づくまで犯し続けて2回膣内射精をした。
もちろん汚れたチンポはフェラチオで綺麗にさせた。
愛を誓う場で新婦が弟のチンポで犯されて喜び、あまつさえそのチンポを嬉しそうにフェラチオしてるんだからな。
新郎が可哀想だ。
その後、トラブルもなく式が始まり誓いのキスまで終わった。
新郎はさっき俺のチンポを咥えてた口とキスしてるなんて憐れだな。
無事に式を終えて新婚旅行に出掛けた姉夫婦が一週間後に実家に土産を持って挨拶に来た。
疲れてるだろうからって事で実家に一泊させ、旦那の目を盗んでは姉とセックス。
夜は親父に酒に付き合わされた旦那が酔い潰れて爆睡してる横で姉を犯した。
「どうだ?旦那の横で犯される気分は?」
「旦那君ごめんね、私このチンポじゃなきゃダメなの!弟に犯されて子宮が喜んじゃう変態なの!気持ち良いよ〜!」
「ははは!旦那に喘ぎ声たっぷり聞かせてやれよ!弟の肉便器になって喜ぶ淫乱だってな!」
「私は弟の肉便器になって喜ぶ変態です〜!過去に3回弟の子供を中絶してます〜!でも今回は弟の子供を産みます!旦那君ごめんね!」
「よく言えたな!お望みの俺の精子子宮に注いでやるからな!」
「きて〜!旦那君見てて!今から弟に中出ししてもらうの〜!弟と子作りしちゃうのぉ!」
「こいつはこーゆー女なんだよ!わかったか?俺の肉便器だ!見てろよ!今から姉弟で中出しするからな!」
「早く!早く子宮に子種頂戴!」
「イクぞ!」
ポジションを真横から変更して旦那の顔を跨らせてバックで姉を犯し、旦那の顔の真上で姉に膣内射精する。
「旦那君よく見て!今私の中に弟の子種が入ってきてるの!すっごく気持ち良くて幸せ!」
「やっぱり姉ちゃんのマンコに中出しするの最高だな!俺の言った通り旦那とは安全日にだけ中出しさせてるんだろうな?」
「言いつけ守って安全日にしか中出しさせてないわ!」
「聞いたか?旦那さんよ、あんたの子供は今後も絶対作れないよ?出来るのは俺と姉ちゃんの子供だけだよ!あははは!」
「もっとぉ…もっと子種頂戴」
「よしよし、なら、今度は背面座位で見せつけてやろう」
後ろから抱き抱えるようにして姉を膝に乗せ、自分でマンコを広げさせて結合部を寝てる旦那に見せつけるようにして犯す。
「ほら、旦那にどうなってるか解説してやれよ」
「旦那君見える?自分で広げたマンコに弟のチンポが出たり入ったりしてるのぉ。気持ち良い所全部擦られてイッちゃいそうなのぉ!弟との近親相姦でイクゥ〜!」
「あ〜あ、旦那の前で弟に犯されてイッちゃいやがった。そんなに俺のチンポ気持ち良いか?」
「弟チンポ最高!旦那君なんて目じゃないくらい気持ち良い!」
「よしよし、素直な姉ちゃんにはご褒美の中出しだ」
「嬉しい!また子種注いでくれるのね!」
「おう!ちゃんと孕めよ?」
「孕むぅ〜!その為に排卵予定日に帰ってきたんだから!弟の子種で妊娠させて!」
「良い子だ!聞いたか?旦那さん。姉ちゃんは俺の子供妊娠する為に排卵予定日の今日実家に来たんだとよ!」
「子種欲しい!弟の子種で子宮満たして欲しい!」
「はいはい、今注いでやるからな!」
二度目の膣内射精。
チンポが脈打って精子を吐き出す様を寝てる旦那に見せつける。
「次は俺と姉ちゃんのラブラブぶりを見せつけてやろうな!」
騎乗位で嬉しそうに腰を振る姉。
かなり激しく腰を使い精子を搾り取ろうとする。
「姉ちゃん、俺の事愛してるか?」
「愛してるのは弟君だけよ!」
「旦那は?」
「旦那はただの財布よ!お金さえ稼いでくれれば良いの!」
「そうだよな、俺も姉ちゃんの事愛してるぞ」
「あん!今イキそうになっちゃった」
「姉ちゃん、今までやるばかりでキスした事ないよな?」
「してくれるの?キス」
「ああ、愛し合ってるならキスくらいしないとな」
「嬉しい!」
俺は身体を起こして対面座位になり、姉とキスして舌を絡ませる。
何度も中出しセックスしながらキスした事ないって変な話だけど、上も下も繋がると愛し合ってるって感じがする。
「はむ…んはぁ…キス気持ち良い…キスでイッちゃいそう…」
「イッちゃえよ、俺もキスで出そうだ」
「一緒にイこ?」
「ああ、愛してるよ姉ちゃん」
「あぁん…このタイミングで言うなんてズルい…イク…イク!」
「俺も出すよ!」
舌を絡め合いながら膣内射精する。
今までにない高揚感を感じる。
しかも射精が長い。
「なあ、最後に正常位でやらない?」
「うん、一番愛し合ってる感がするもんね」
旦那の真横で正常位でセックス。
旦那を起こすつもりで激しく腰を振り、打ち付ける音をわざと立てる。
姉も今日1番の大きな声で喘ぐ。
「旦那君見て!姉弟で愛し合ってるの!」
「本当に起こして見せつけるつもりか?」
「だってぇ…」
「だったら揺すってみたら?」
「ねえ、起きて…私達姉弟のセックス見て」
ゆさゆさと旦那を揺するが起きる気配がない。
そのまま旦那は爆睡を続け、俺は姉に4度目の膣内射精。
「ふう…最高に気持ち良かったよ姉ちゃん」
「私もぉ…もっとセックスしたい〜」
「そろそろ旦那の服脱がして偽装しないとまずい時間だろ?」
「むう…仕方ないね」
二人で旦那の服を脱がして、姉に旦那をフェラさせて一回だけマンコに挿入させる。
これでマン汁と俺の精子が旦那のチンポにベッタリとついたから大丈夫。
「さて、俺は部屋に戻るよ」
「このまま朝までセックスしたいのにぃ…」
「今度は俺が姉ちゃんの家に遊びに行くよ」
「絶対だよ?」
「約束する、だから今日はこれで終わりな?愛してるよ」
「すぐに来てね?私も愛してる」
最後にものすごく濃厚に舌を絡め合うキスをして部屋に戻る。
姉から聞いた話だと偽装が上手くいったみたいで、朝目が覚めた旦那さんが嫁の実家で記憶を無くしたまま激しくセックスしたなんて…と頭を抱えてたらしい。
姉のマンコから大量の精子が溢れて汚れてる上に自分のチンポも精子とマン汁で汚れてるんだからな。
疑いようがないわな。
姉と旦那は対照的な表情で実家を後にした。

1 COMMENT

匿名

妄想にしてもクズ過ぎるな。まあいずれ報いはあるだろうよw

返信する

コメントを残す