最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

レイプ計画

須山さんから投稿頂いた「レイプ計画」。

俺はK校の頃、女とやりたくてやりたくて仕方なかった
だけど俺には相手もない
右手だけが相手だった
目を付けたのがC学生の妹

妹は両親ともスポーツマンタイプなのに運動神経0のどんくさいおっとりタイプ
襲うことを考えたら妹は手頃な相手だった
ただ、親がいつも家にいるので親に見つかれば俺は殺されるだろう
俺は機会を待ってたが、思いの外その機会は早くやってきた

両親が親戚の法事に出掛けるのだけど、それが飛行機の距離なので日帰りは無理とのことで両親不在の日が来たのだ
やってしまえば脅かして口封じもできる両親が親戚の家に出掛け、俺達は留守番
夜が来て、妹は風呂に入った

妹はいつもたっぷり40分は風呂から出てこない俺はブレーカーの前に、いつも妹が風呂に入る10分前から目隠しして目をつむって待機していた
ケータイのアラームを40分後にセットしてある
そしてアラームが鳴った。妹が風呂に入って30分経っている。そろそろ風呂から出そうな感じだろう

俺はブレーカーを落とした
家の中は真っ暗になったが、俺は40分間目をならしていたので家の中が見える
風呂の方に向かうと妹が体にバスタオルを当てて恐る恐る歩いていた

そろーっと壁に手を当てたりしていて全く見えてない感じだ
俺は勢い良く妹を押し倒した
元々バスタオルを当ててただけなので既に全裸だ
「な、なになに!?」
妹はパニック
俺は無言で胸を揉んだ

「やー」
妹が悲鳴を上げる
俺は妹の口を塞ぎ、マンコをまさぐった
風呂から出たばかりなので濡れている。これなら入るだろうとチンコをあてがい、一気に挿入した
「いあいー!!」
口を塞がれているのでまともな喋れない妹

目は暗闇に慣れているとはいえ俺もはっきり見える訳じゃない。妹の表情とかは見えない
俺は右手では感じられない快感を楽しみながら腰を降り続けた
そしてそのまま中に出した
まだ赤飯はしてなかったはず。出しても妊娠はしない

ぐったりしている妹
俺は起き上がり、ブレーカーを上げた。一気に家の中が明るくなる
妹のところに戻ると妹は床に倒れたままこちらを見えいる
俺がチンコを出したまま歩いて来るので犯人は実の兄だと悟ったのだろう「どうしてお兄ちゃん」
と呟いた

俺は妹に馬乗りになってはっきり見えるまだ発達してない胸を触りまくった
嫌がって、もがいて逃げようとする妹
妹の足を開き、マンコに顔を押し付けた
自分が出した精液とマンコから流れてる血ごとマンコを舐めた

「や、やだ、やめて」
妹が泣きながら俺の頭を押し退けようとする
1回出したけど、そんなんでおさまるチンコじゃない
再度挿入
痛がって大粒の涙をこぼしていたが俺は構わず妹を犯し続けた

一晩かけて計4回中出しした
俺は朦朧としてる妹に、「いいか、誰にも言うなよ」
妹は何も喋らない
「バレたら、今度は友達20人連れてきて全員でレイプするからな」
俺にそんなに友達いないけど盛っておいた

それからはちょっと親が出掛けた隙に妹を避妊した上(生理が来たので)で犯したりするようになった

2 COMMENTS

山姥の息子

殺されてもいいからおっとり系の妹を犯したいなー(妹居ない)

返信する

コメントを残す