エッチ体験談が12,000話を突破しました。

悪夢

PR

Pさんから投稿頂いた「悪夢」。

C学になって彼氏ができました
初めての彼氏だったし、彼氏補正でカッコ良く見えました
私は彼氏が大好きでした
その日が来るまでは

彼氏に付き合って古本屋に行った帰り、手を繋いでドキドキしながら歩いてました
行きもそうですが帰りも公園の横を通りました
野球ができるスペースを備えた大きな公園です
突然私達は5人の男達に囲まれました

ちょっと金貸してくれよ
とカツアゲしてきました
私は怖かったけど彼氏と一緒できっとなんとかなる!と良くわからない思考でした
お金なんて持ってませんと彼氏が男達にボソッと言った
あ?ふざけんなよ ボコボコにすんぞ
と詰めよって来ました

いきなり男達の一人が私の後ろから腕を回して、じゃあこの子貰ってもいいか?と言ってきました
その時は彼氏が助けてくれるとか通りすがりのの人がとかまだ甘い考えが頭にありました
次の瞬間、私は耳がおかしくなったのかと思いました
どうぞ
彼氏がプイッと横を向きながら言ったように聞こえたからです
え?
おー、そうかじゃあ気を付けて帰れよと彼氏は男達の一人にドンと後ろから手で押されて1度もこちらを見ることなくトボトボと歩いて消えました

え?なに?どういうこと?嘘よね?
私は泣きそうになってました
男達は呆然とする私を横の公園の公衆トイレに引きずっていきました
彼氏のために少ないおこづかいで買った目一杯のお洒落な服も剥ぎ取られ半裸にされ、誰にも触られた事もない体をなで繰りまわされました
五人もいていてなす術もなくされるがままの私
頭を押さえつけられお辞儀みたいな格好にされたあと、後ろからレイプされました

もちろん初めてです
どこか他人事のような感覚でした
こんなの現実じゃない!きっと夢なんだ!大好きな彼氏が見捨てたりなんか!
一人目がそのまま私の中に出した後トイレの床に転がされ順番に男達がのし掛かってきて何度も何度も犯されました
口の中にも出されアソコにも出され、ネットとかで良くあるエロマンガみたいに正の字をギャハハと笑いながら書かれて犯され続けました

男達が去っても辺りが夜の闇になっても私は身動きできませんでした
そんな私を発見したらしいおじいさん?おじさん?が警察に通報。私は救急車で運ばれたらしいです
私はそのまま入院
1度も彼氏は私の前に現れず、私は全部失いました
私が普通の生活に戻るのにかなりの時間がいりました

男がいる!というだけで私はパニックになり男に対する恐怖感をぬぐうには相応の時間が必要でした
当時のクラスメートがいい人とめぐり逢い子供を育てている頃、少しずつ男を見れるようになりました
少しいい感じになった人が現れても私は触れたり触れられたりができませんでした

当時のクラスメートの子供に彼氏だの彼女だのって頃にようやくそんな私を受け入れてくれる人が現れました
彼の元で対男のリハビリを続け、彼と家族になり、子供も産まれました
女を無理矢理犯すとかしてる奴に言いたい
死ね

7+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR