エッチ体験談が11,000話を突破しました。

知識がなかった頃のエッチ体験

PR

Nさんから投稿頂いた「知識がなかった頃」。

知識がなかった頃に兄のように慕っていた大学生の男の人との体験
知識がなかった頃のエッチ

続きです。
お風呂から上がった私はテンションが高く、体を拭くとそのまま走ってMにぃから逃げました。
Mにぃは服着ろーと言いながら追いかけて来ました。
Mにぃも服は着ていません。
暑いからやだーと言いながら2階へ逃げ、自分の部屋に入りました。
するとすぐに追い付かれ捕まりました。

そして私を抱き抱えるとくるんと逆さまにして服着ないと落としちゃうぞーと言われた私は落とされない様にMにぃの首に足を回して抵抗しました。
離れろと言って引き離そうとしたので力を入れました。
私の足で自分の体重を持ち上げる程力はないと思いますが私のお尻にMにぃの顔が埋まりました。
今ならわかりますがMにぃは自分から顔を押し付けて来たと思います。
そうじゃなかったら背的に私がしがみついた時、私の顔にMにぃのあそこが当たるとは思いませんので。
するとMにぃのあそこがまたみるみる大きくなりました。

私はおっきいちんちん邪魔ーと言いながら握っていました。
Mにぃは言うこと聞かないやつはこうだと言い私のお尻を唇であま噛みしました。
私も仕返しにMにぃのあそこの先をあま噛みしました。
Mにぃはあま噛みしたままお尻を舐めて来たのがわかったので私もあま噛みしたまま舐めました。
口の中でびくびくしてるのを攻撃が効いてると思いました。
Mにぃも、うっ、んっ、と声を出していたので。

するとMにぃは私のあそこをぺろっと舐めました。
思わずひゃあっと声が出ました。
Mにぃは、はいNちゃんの負けねと言いました。
なんでか聞くと声だしたからね、だから服着なさいと言われました。
Mにぃも声だしてるもんと反抗すると私はMにぃのあそこを舐めました。
んっNちゃんと声を出したのでMにぃの負けと言うとじゃあ最後の勝負だと言いMにぃは私の布団に寝転がりました。
私は自分でMにぃに跨がりMにぃのあそこを舐めました。

Mにぃのちんちん動いて舐めずらいよーなんて言いながら恥ずかしい事をしてるとは思わず。
Mにぃに口の中に入らない?と聞かれて入れようと思いましたが大きくて少しも入りませんでした。
私はお風呂場を思いだし、これなら出来ると言ってMにぃのあそこを手で握って動かしました。
Mにぃはそれするならぬるぬるにしなきゃダメだよ?涎手に付けてしてみて?と言われました。
Mにぃのあそこを手を動かしながら先を舐めました。
Mにぃも私のあそこを舐めてきました。
声を我慢しながら頑張りましたがクリトリスを吸われてしまいひゃああああと声を出してしまいました。
気持ちいい訳ではありません。

くすぐったいと言うのかなんか我慢出来ない感じだけでした。
Nちゃんの負けだねと言われもう一回と言うとじゃあ最後だよ?俺とNちゃんのを擦り合わせて俺のちんちんから白い液体が出たら俺の負けね?と言われたした。
うんと言い私はMにぃのあそこの上に乗りました。
Mにぃに動き方を教えてもらい動きました。
先の方が弱いかもと言われました。
先の方に乗り動くとぐちゃぐちゃ音がなりました。
普通なら入る角度でも入らないくらい私たちのあそこの差があったので入らなかっただけまだましと思っています。
暫く動いても大丈夫だった私はMにぃに早く出してもらうように一生懸命動きました。

MにぃがNちゃんちょっと待って?お風呂場行こうと言うので急いで行きました。
そして動きました。
Mにぃは出るって言ったら腰あげるんだよ?それまで頑張ってねと言いました。
頑張ると言って動きました。
Mにぃが私の腰を掴んで自分の速さで私を動かして出るっと言いました。
私はMにぃから少し離れるように腰を上げるとMにぃは私のあそこに先を押し付けました。
そして痛くない所まで腰降ろしてと言われ本当に少しだけ入ったか入ってないかの所まで下がりました。

すると私の中に暖かいものが入ってくる感じがしました。
白い液体がMにぃの体と私のあそこに沢山付いたので洗って今度はちゃんと服を来ました。
あとはMにぃに少し勉強を教えてもらい、両親が帰ってきたのでMにぃは帰りました。
今日の事は誰にも内緒ね?二人だけの遊びだからと言われ私は二人だけの特別な遊びだと思って嬉しくて内緒にしてました。
また勝負とMにぃに言うとにこっと笑って何回でもと言いました。
両親がいない間の出来事です。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR