エッチ体験談が11,000話を突破しました。

会社の先輩との秘密のセックス②

PR

ゆきさんから投稿頂いた「会社の先輩との秘密のセックス②」。

前回の続きです。
社会人1年目の私は、会社の先輩ゆうとの家に泊まりに行ってはセックスをする関係になっていた。

ある日、会社がおわってゆうとの家に泊まりに行ったときのこと
一緒にお風呂に入ろうと言われた。

お湯がたまり、二人で脱衣所へ行った。ゆうとが私の服を脱がせ、ブラを外して、撫でるようにもむ。
「ゆうとさん…、まだ早い…あっ///」
ゆうとは私の乳首を吸うように舐めてきた。
そのままパンツも脱がし、指を入れてきた。
「や///だめ…//お風呂はいりましょう…/// 」
私は力が抜けて、足から崩れていった。ゆうとも自分の服を脱ぎ、私を連れて風呂場へいった。二人で風呂に入るととても狭く、私はゆうとに抱きつくように密着していた。すると、ゆうとが指を私の中に入れてきた。
「いや…だめ///」
抵抗しようにも、ゆうとにもう片方の手で抱きしめられ、身動きがとれなかった。
「ゆうとさん…だめ…」
「何がだめなの?」
ゆうとは私の耳や首筋をなめた。
「や…だめ///」
「壁うすいから、隣に聞こえるよ。」
「んん…」
私は声を我慢しながらゆうとにしがみついた。ゆうとは指を二本いれ、ピストンをはやめる。
「んんん…いく…///」
身動きがとれない私は、ゆうとに抱きついたまま、お風呂の中でいってしまった。
「体洗おうか。」
ゆうとは私を座らせ、石鹸を手にとり、私の体を洗った。胸にゆっくり手を滑らせ、ぎゅっと乳首をつまんだ。
「いや///ゆうとさん…」
「洗ってるだけなのに、どうしたの?」
ゆうとは意地悪な顔でそのまま続けた。
「ねえ、俺の体も洗って。」
私もゆうとの体を丁寧に洗った。ゆうとのあそこは大きくなっていた。ためらいながら、手で優しく洗った。
「胸で洗って。」
「え…こう?」
私は胸でゆうとの大きくなったあそこをはさみ、上下に動かした。
「あぁ、ゆき気持ちいいよ。」
ゆうとが上から私の頭をなでた。
ゆうとと私は立ち上がり、抱きしめあった。ゆうとのあそこが私の股の間に入り、こすれて気持ちよかった。シャワーで泡を洗い流し、ゆうとは浴槽の縁にすわった。
「なめて。」
と言われ、私はゆうとのを下からゆっくりなめた。そして、かぷっと加えて、吸うようになめた。ゆうとのはビクビクと反応していた。
「もうだめ。入れたい。」
ゆうとは私をゆうとの上にゆっくり座らせた。
濡れていたため、抵抗感なく、私の中に根本まで挿入された。
「んん…ゆうとさん…気持ちいい//」
私はゆうとにぴったりとしがみついた。
すると、ゆうとは挿入したまま、立ち上がった。
「え…いや、奥あたっちゃう///」
正常位の時よりも、もっと奥にあたった。私は必死に足を交差し、ゆうとにしがみついた。ゆうとは、私を持ち直すように、ぐっと体を下から上に持ち上げた。すると、下から思い切り突き上げられ、もっと奥にあたる。
「いや//それだめ///すき…///」
「ん?なに?」
ゆうとはもう一度、大きく下から突き上げた。
「や…////それ///奥に…///」
「好きなの?」
「うん…」
私は今にもいきそうだった。ゆうとは再び思い切りぐんと下から突いた。
「やぁ////いく…///」
私はそのままいってしまった。ゆうとは私をおろし
「そろそろあがろうか」
と言った。

裸のままベッドで再び抱き合った。
ゆうとは私を四つん這いにさせ、後から挿入した。この体制は私は初めてだった。
「いや…ゆうとさん…これ…気持ちいい…///」
ゆうとは私の腰をおさえ、後から何度も強く突いた。
「あ、あ、激しい…///」
「ゆき、エロい」
パンパンと音が鳴るほど強く叩きつけた。
ゆうとは一度ぬき、正常位に戻った。
じらすようにゆっくりと挿入し、またぬいた。
ゆうとはわざと抜き差しを繰り返した。
私はもどかしくなった。
「ゆうとさん、はやく…」
「はやく、何?ちゃんと言って。」
「ゆうとさんの、入れて突いてください…。」
「その顔、やばい。そそる。」
ゆうとは一気に挿入し、そのまま強く何度も突いた。
「あぁ…///ゆうとさん、だめ…////もういっちゃう…」
「ゆき、まって、俺も」
「ああ…いく…// 」
「あ、やばい。おれも」
ゆうとは私の中で果てて、ゴムに射精した。
とろけるように気持ちよくて、挿入したままお互い抱き合っていた。
「ゆき、もう一回お風呂いこう。」
ゆうとに連れられて、再び一緒にシャワーを浴びた。
またしても、そこで挿入し、その日だけで何度も果てた。

ゆうととの関係は、まだ続きます。

14+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR