エッチ体験談が12,000話を突破しました。

捨てた故郷に20年ぶりに帰郷した話

PR

馬鹿息子さんから投稿頂いた「捨てた故郷に20年ぶりに帰郷した話」。

故郷を捨てた俺が、20年ぶりに帰省した。
「あなた、私は行かなくていいの?」
「ああ、お前はいいよ。どうせ実家には寄らないつもりだから。」
俺は単身、東京駅に向かった。

20年前、25歳だった俺は従妹との結婚を大反対された。
「お前ら、いつから付き合ってたんだっ!ばか者!」
親父と叔父にぶっ飛ばされた。
「親戚同士で男と女になるなんぞ、この恥知らず!お前なんか出ていけっ!」
そう言われて、俺は、泣いてすがる従妹に背を向け、仕事を辞めて故郷を捨てた。
しばらくは、従妹とメールで連絡を取っていたが、18年前、従妹が親の決めた相手と結婚してから、疎遠になっていった。

俺が東京の大学を出て田舎に戻った時から、従妹と親密になった。
進学で上京するときは、俺はまだ女を知らない童貞で、従妹は中学を卒業したばかりのガキだった。
戻ってきたとき、従妹は短大生で、とても美しいお嬢さんになっていた。
「ずっとお兄が好きだったんだ・・・」
と言われ、20年間守ってきた従妹の処女をもらった。

東京で女を覚えた俺は、恥ずかしがる従妹に愛の言葉を大安売りしながら愛撫すると、従妹は敏感に身体を反応させた。
そして、初々しいその股間を広げさせた。
俺の舌戯の前に無垢な股間を捧げた従妹は、次第に感じて性欲のおツユでヌメらせた。
従妹は、初めて見た肉棒の怒張に顔を引きつらせつつも、可憐な唇を開いて奉仕した。
そして、瑞々しい従妹の肉穴に欲望に猛った肉棒が挿入され、従妹の柔肉を引き裂いた。
この時、俺と従妹は永遠の愛を誓った。

この後、性を知った従妹は股間を淫液で閏わせ、肉棒を咥えこむようになっていった。
まだあどけない従妹が肉棒を幼い舌で舐め、可憐な唇で吸い込んだ。
まるで成熟した大人の女のように、淫らに反応して快感を貪るようになった。
覚えたての快楽で発情に目を潤ませ、肉棒挿入をせがむ従妹が愛しかった。
すっかりなじんだ俺と従妹は、体の相性も良く、肉棒を肉穴にあてがうとスルリと呑み込んだ。
興奮した吐息を洩らしながら腰を使う従妹の、そのあどけない表情が抜き差しのリズムに歪み、喘ぎ声が漏れた。
激しい突き上げに、従妹の身体を快感が支配していった。

そんな従妹との思い出をかみしめながら、俺は新幹線に揺られた。
東京から新幹線で2時間、トンネルに入ったときに車窓に映った俺の顔は、あの頃とすっかり変わってオヤジになっていた。
20年ぶりの故郷の駅は、懐かしく優しく俺を迎えてくれた。

用件を済ませ、街をぶらついていたら、つい、懐かしくなって実家の付近まで行ってみた。
そこには、20年前と変わらぬ風景があった。
遠くから実家を眺めると、高齢の母と義姉が洗濯物を取り込んでいた。
「みんな、年取ったなあ・・・一目見たから帰るか・・・元気でな・・・」
そう呟いて、実家に背を向けて駅に向かおうとしたら、後ろに親父が立っていた。
「寄っていかんのか?」
「ああ・・・今日は別件の用事できたんだ。それに、敷居が高えよ・・・」
「そうか・・・」
「俺が来てたことは、みんなには黙っててくれよ。」
「ああ・・・わかったよ。今度、連絡してからゆっくり来い。じゃあな・・・」
「親父も達者でな・・・」
さっぱりした親子の会話だったが、遠かった故郷が少し近くなった気がした。
帰りの新幹線でも、やっぱり従妹のことを思った。
20年会っていないが、今でも忘れられない女だ。

家に帰ると、女房が玄関まで出迎えてくれた。
女房は俺が故郷を捨てた経緯を全て知っている。
「従妹さんには、会えたの?」
「いや・・・実家の近くで親父にばったり・・・1分くらい会話して、それだけ・・・」
「本当に実家に寄らずに来たの?」
「ああ・・・用件だけ済ませて、寄らなかった・・・」
「まあ・・・」
そう言いながら、俺の上着を脱がせてハンガーにかけて、哀しそうに微笑んだ。
そして、後ろから俺を抱きしめ、
「あなたには私がいるから・・・」
と言った。
俺は振り向いて、そっと唇を重ねた。

25+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR